Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
Suspiria 1977
Goblin 1977
Profondo Rosso 1982
Simonetti-Pignatelli-Morante 1982
Profondo Rosso 1975
Goblin 1975
Interview
Claudio Simonetti 2003
Roller 1976
Goblin 1976
Tenebre 1982
Simonetti-Pignatelli-Morante 1982
with Dario Argento
Simonetti-Pignatelli-Morante with Dario Argento
CLAUDIO SIMONETTI - Stracult 2003 Original Title
STRACULT
(TV Program)
Japanese Title
none
Artist
CLAUDIO SIMONETTI
GOBLIN
Release Year
2003
Personnel
CLAUDIO SIMONETTI: Keyboards
MASSIMO MORANTE: Buzuki, Guitar
FABIO PIGNATELLI: Bass, Percussion
AGOSTINO MARANGOLO: Drums, Percussion
WALTER MARTINO: Drums
DARIO ARGENTO
B'cast
Rai Due (Italy)
Starcult (Rai 2) August 4, 2003
Introduction
03年8月4日に放送されたTV特番"Stracult"での映像。アルジェントルッジェロ・デオダートのインタヴューが控える中、ゴブリンの映像やシモネッティのインタヴューは、正味6分程度の番組冒頭で登場。ゴブリンの映像は何れもダイジェストだが、"Suspiria"と"Roller"はすこぶる貴重。中でもノンアフレコの"Suspiria"は超弩級の価値。フルサイズで鑑賞出来ないのがマジで残念。番組の内容は収録順に以下の通り。
Track Listings
SUSPIRIA (Simonetti-Marangolo-Morante-Pignatelli)
excerpts from "INCONTRO CON I GOBLIN (Studio Rai, Torino - June 17, 1977)"


77年6月17日にトリノで収録されたスタジオライヴ(Roller, Aquaman, Suspiria, Dr. Frankenstein, Profondo Rosso/全長で28分程度)からの抜粋。これはアフレコなしでの貴重なパフォーマンス。
PROFONDO ROSSO (Simonetti-Martino-Morante-Pignatelli)
Medley:
excerpts from "BLITZ (1982)"
excerpts from "ADESSO MUSICA (1975)"


83年のTVショー"BLITZ"と75年のTVショー"ADESSO MUSICA"のフィルムをつなぎ合わせたダイジェストメドレー。75年の"ADESSO MUSICA"はアフレコだが、82年の"BLITZ"は、いわゆる当代ならではのアコースティックスタイルでのアフレコなしでの貴重なパフォーマンス。
Interview: CLAUDIO SIMONETTI

"Profondo Rosso"のスコアを手掛けた当時の経緯などを語るインタヴュー映像。ガスリーニのスコアが用意されていた中でのアルジェントの直感的なオファーだった事を語る内容。
ROLLER (Morante-Simonetti)
excerpts from "ADESSO MUSICA (Studio Rai, Rome - August 6, 1976)"


76年8月6日にローマで収録されたスタジオライヴの映像。モランテピニャテッリのシールドはもとより、マランゴーロのタイコにも1本のマイクもないステージは、端からアフレコを想定したパフォーマンス。ただ、バリバリのステージ衣装に身を固めてのPVのような感動も呼び起こす映像はなかんずく貴重。
TENEBRE (Simonetti-Morante-Pignatelli)
excerpts from "FESTIVAL DELLA MUSICA DA DISCOTECA (1982)"

SIMONETTI-PIGNATELLI-MORANTE with DARIO ARGENTO
excerpts from "BLITZ (1982)"

締め括りは再び登場するシモネッティのインタヴュー映像。"FESTIVAL DELLA MUSICA DA DISCOTECA"出演時の"Tenebre"のアフレコ映像と、アルジェントと競演する"BLITZ"でのワンカットが挿入される。ちなみに、アルジェントの前でヴォコーダーを披露する"BLITZ"の映像は、アコースティック版"Profondo Rosso"をプレイする冒頭"BLITZ"と同一のソース。"Tenebre"のアフレコ映像は、同年度の"Discoring"出演時の映像とは全くの別モノ。パントマイム2名のセッティング位置も全く違う。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.