Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
AMO NON AMO (1978)
AMO NON AMO (Japan vhs)
amo non amo - original motion picture soundtrack Original Title
AMO NON AMO
Original Motion Picture Soundtrack
Japanese Title
none
Artist
GOBLIN
Release Year
1979
(release: 2000)
Personnel
CLAUDIO SIMONETTI: Tastiere
AGOSTINO MARANGOLO: Batteria e Percussioni
FABIO PIGNATELLI:
Basso e Chittarre Acustiche
collaborated with :
ANTONIO MARANGOLO: Tenor Sax on tr.04
CARLO PENNISI: Chitarre
Label(s)
Cinevox (Italy), SLC (Japan)
Musiche composte ed arrangiate dai GOBLIN
edizioni musicali BIXIO CEMSA
registrazione effettuata presso TRAFALGAR RECORDING STUDIOS di ROMA dal 12 al 27 dicembre 1978
tecnico del suono : GIORGIO AGAZZI
Introduction
モランテ脱退後のサントラワーク第1弾だったオリジナルLPのクレジットによれば、バンドの構成メンバーは、シモネッティピニャテッリマランゴーロの3人。ギターのペンニージとテナーのアントニオは客演と云う形での参加。アントニオアゴスティーノのマランゴーロ兄弟とは旧知の仲(と云うより実の従兄弟)のペンニージは、ここでもスッポリと収まっている感じ。ペンニージマランゴーロ兄弟の競演と云えば、ビートロックの"FLEA ON THE HONEY"、ヘヴィーロック風の"FLEA"、硬派なインストの"ETNA"と云う3枚だが、メロウ系、ハード系、ファンク系を網羅するここでの競演も、さながら過去のバラエティー度を髣髴とさせる内容。映画の為に書き下ろされたモチーフも僅かに数曲と云う小粒なサントラだが、何れのナンバーも面白い。
アダルトなラヴロマンスを描く映像の方は、女流映像作家アルメニア・バルドゥッチの監督デビュー作「ジャクリーン・ビセット/抱いて…」。絶頂期のジャクリーン・ビセット、マクシミリアン・シェル、テレンス・スタンプとメジャーな顔ぶれが集う作品ながらも、日本では劇場未公開のまま。元々は女優だった監督(脚本も兼任)のバルドゥッチだが、後年は、86年「首相暗殺」、93年"Giovanni Falcone"、02年「法王の銀行家/ロベルト・カルヴィ暗殺事件」など社会派問題作の執筆に携わる硬派な女性。
世界初となるオリジナルLPの復刻版CDが、日本のレーベルSLCからリリースされたのは93年2月の事。その約3年後、本家チネヴォックスが完全版シリーズのリリースに踏み切る中、好調なセールスの勢いに乗って遂に登場したのがこの本国版CD。ミキシング違いのタイトルナンバーは、2種類のベストアルバムでも既に御馴染みだったが、こちらの方では、オリジナルLPに収録されていた他の3曲の別ミキシングはもとより、6曲のボーナスを追加。既発ナンバーのヴァリエーションが中心のボーナストラックだが、中には初公開のモチーフも。
Track Listings
01. AMO NON AMO (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 3:43

ゴブリンのキャリアでは屈指のバラード。ヴォリューム奏法のギターリフとマルチ鍵盤が奏でる哀愁のテーマはもとより、ノスタルジックなスキャットをフィーチャーするサビのパートも絶品。地中海を連想させる数点のパーカスとシンプルなタイコのコンビネーションもイイ。爽やかな大人のロマンスにもビッタシの一曲。ゴブリンのホラー以外のサントラなども聞いた事がなかった当時、この清涼感にはとにかくビックリ。と云うより、そもそもの衝撃はジャクリーン・ビセットがジャケを飾っていたと云う事で(笑)
02. MANIERA (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 5:09

ゴブリンらしからぬメロウなサウンドに驚かされたのも束の間、今度は完全予測外のヘヴィーな路線に絶句。と云うより、フツーのヘヴィーがフツーじゃなくなっている辺りが断然凄い。半拍遅れを仕掛けにするギターリフのイントロなども70-80年代の欧米ロックではごくフツーだが、やはりここでの立役者はタイコのマランゴーロ。ハットの刻みは16でも歴然とした8ビートのこの曲、マランゴーロを除く他の面々はヘヴィーの王道を行くプレイに終始しているが、ヘヴィーにはあるまじきキレの良さを披露するマランゴーロのプレイはかなりの異色度。ハイピッチなチューニングの時点でヘヴィーとは決別しているマランゴーロだが、何れにせよ、16分裏打ちでのハットのオカズやソリッドなパラディドルなど孤高のスタンスで大爆発。ゴブリンのキャリアの中でも貴重な1曲。
03. BOTH-TWO (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 4:36

タイトルナンバーに続くメロウ路線。と云うより、スーパーメロウな1曲。音楽の解説に詩的な表現を乱発するのは嫌いだが、このナンバーだけは例外。在りし日のノスタルジックな情景も鮮明に甦るメロウなトーンには、情緒を鷲掴みにされるかのよう。思春期の頃の想い出とリンクすれば、生涯の「マイソング」になる事も請け合い。楽曲的には、映画スコアのようなイメージ曲をヘッドアレンジで作曲すれば、こんな風になるのかなと云う感じ。タイコがライドとキックだけになる中、2拍目の裏で刻むタイトなベードラはなかなか効果的。フツーのコンビになるクライマックスに向けられた伏線になっているので。
04. FUNKY TOP (Marangolo-Pignatelli-Pennisi-Simonetti) 3:48

タイトル通りのファンキーな1曲。アントニオのテナーもフィーチャー。ピニャテッリのフレットレスやマランゴーロのソリッドなタイコもフツーに面白いが、ここでの主役は作曲にもクレジットされるペンニージ。スキャットも被るテーマのリフなどはさて置き、16刻みのミュートカッティングもフツーに巧いペンニージだが、これって実は、プログレの界隈では結構珍しい。当時、WRのジャコに触発されていたと云うピニャテッリがスラップを頑なに拒絶している辺りも聴き所の一つ。ついては、スラップ的なギターリフも担うハメとなったペンニージだが、そんな折々に登場するスラッピーなギターリフも、他のゴブリンのナンバーでは体験出来ない貴重な音だったりする。
05. BOTH-TWO (previously unreleased) (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 3:30

ここからがボーナス。3曲目の本テイクで云えば、タイコが8分刻みのライドと2拍目裏のキックだけになるパートを2種類収録。最初のテイクはタイコそのものを抜いたトラックで、2番目のテイクはライドだけをフィーチャーしたもの。
06. AMO NON AMO (previously unreleased) (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 4:01

1曲目のテーマ部分のパートを、アコピ+モノシンセ+2本のアコギ+ライドのコンビネーションで延々と繰り返す初期のヴァージョン。最終コーラスではエレキも登場。カデンツのようなブリッジのモチーフは1曲目の本テイクでは聴けないが、逆にこちらは1曲目本テイクのサビがフィーチャーされていない。
07. AMO NON AMO (previously unreleased) (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 1:29

完全未発表モチーフによる嬉しいボーナストラック。テーマとなるリフは存在しないトラックだが、チャーチ+2台のPf系鍵盤が奏でる分散コードリフ自体が何気にスリリング。終盤ではシモネッティ以外の面々も参加。
08. AMO NON AMO (previously unreleased) (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 3:13

1曲目のヴァリエーション的な8分割り3連勘定のシンコペフレーズ、無機質なタイコのライド、アコギのストロークが延々と続くトラック。シンコペのフレーズは恐らくシークエンス。手弾きだったら退屈しそう。
09. AMO NON AMO (previously unreleased) (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 2:48

これ、「マークの幻想の旅」の収録曲「夜 "Notte"」です。シモネッティの語りを抜いたマイナスワンですね。カラオケで楽しめば、シモネッティの気分と云う事で。
10. AMO NON AMO (previously unreleased) (Marangolo-Pignatelli-Simonetti) 3:48

1曲目からパーカスのコンビネーション(サビのパートのタンバリン以外)を抜き去ったトラック。パーカス入りのトラックに親しんでいれば、違和感を覚えるのも当たり前のトラックだが、これはこれでフツーの完成品。終盤では、サビのフレーズをプレイしていたシモネッティが、ソロに移行しかけるような微妙な音もそのままフィーチャー。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.