Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
ANTONIO MARANGOLO
ANTONIO MARANGOLO
アントニオ・マランゴーロ

Born: Catania (Italy)
July 22, 1949

Instruments:
Saxophone, Woodwind, Keyboards, Vocals
Antonio 1975Antonio 1978Antonio 1990s
history
The first experience
ドラムス/パーカッション奏者アゴスティーノ・マランゴーロの実兄。サックス中心の木管奏者。鍵盤も一流の腕前。ちなみに"FLEA ON THE HONEY (1971)"や"FLEA (1972)"では絶叫ヴォーカルも披露していた異色の経歴の持ち主。ゴブリンには、75年のファースト"PROFONDO ROSSO"からフレキシブルな客演で参加。鍵盤とサックスをプレイしていた二十歳前後の頃、弟のアゴスティーノと共に幾つかのバンドでプレイする中、プレイヤーとしての可能性を厳格な父親に認めさせた事が後のキャリアの大きなターニングポイント。やがて、シチリアでの音楽家の厳しい状況を熟知する父親がRCAのプロデューサーに橋渡しをする中、弟のアゴスティーノや従兄弟のカルロ・ペンニージと同様の経緯でFLEA ON THE HONEY (1971)、FLEA (1972)、ETNA (1975)と3枚のアルバム録音に携わる。
early 1970s
後年、超アカデミックなサックス/木管奏者に変貌する事を考慮すれば、初期2枚でのヴォーカリストとしてのパフォーマンスには特異な印象も受けるが、周知の通り、実はバリバリにアカデミックな素養も75年の"ETNA"の時点で明らかにされている。ただ、ここまでのキャリアで披露される木管のパフォーマンスは、"FLEA ON THE HONEY"でのフルートと"ETNA"でのクラのみ。ブルースハープなども披露されるが、その大半は、最初の2枚がヴォーカルで最後の"ETNA"が鍵盤と云う内容。サウンドの路線やアレンジの都合で封印されていたと思われる本領の木管だが、それでも強烈なインパクトを放っていたと云うのも何気に凄い所。
The "Goblin" days
ゴブリンにジョイントする75年以降は、サックスでのスポット的な名演を数多く披露。"Wild Session (PROFONDO ROSSO)"、"Black Forest (SUSPIRIA)"、"......e suono Rock (IL FANTASTICO VIAGGIO DEL 'BAGAROZZO' MARK)"、"Oblio (ZOMBI)"、"Funky Top (AMO NON AMO)"、"Ogre (CONTAMINATION)"、"Est (VOLO)"、"Landing Strip (NOTTURNO)"、"Helycopter (NOTTURNO)"、"Est (NOTTURNO)"、"Ulisse (NON HO SONNO)"がサックス/木管を披露する公式録音での参加全曲。PATRICK, BUIO OMEGA, CONTAMINATIONでは、作曲から鍵盤のプレイまで全面的に参加。ちなみに「スパイ・コネクション "NOTTURNO"」収録の"Est"は、"VOLO"のヴァージョンとは全くの別モノ。別ミックスの類などではなく完全なセルフカヴァー。また、後年のサスペリア完全版11曲目(Bonus Track)のリフレイン、CONTAMINATION (2000 edition)の13&16(Bonus Track)、78年サンレモライヴ(2枚組CDベスト&ライヴTV映像)でのパフォーマンスなども別段で挙げられる。
1980s to Today
先述のゴブリン名義の数枚やモランテのソロ"ABBASSO (1980)"を除けば、80年代以降はゴブリン関係者との接触も激減するアントニオだが、これもアコースティック路線中心の活動では半ば当然の話。ピアニストのジローラモ・トゥローネ(Girolamo Turone)との競演盤"MARANGOLO TURONE (1987)"を皮切りに、パーカス奏者ペッペ・コンソロマーニョ(Peppe Consolmagno)との競演盤"KALUNGUMACHINE (1994)"、マンキューゾ兄弟とのデュオ作品"BELLA MARIA (1997)"、ギタリストのフアン・カルロス・ビオンディーニとの競演盤"DESDE EL ALMA (1998)"など、アントニオの名もタイトルに連なる一連のデュオ作品は何れも絶品。01年のアゴスティーノ名義のソロ"DAY BY DAY"を経た05年には、マランゴーロ名義(MARANGOLO ETNOLOGY)での傑作"AVANT LE DESERT"をリリース。08年に至る現在もさまざまな録音セッションをはじめ、"MARANGOLO ETNOLOGY"のギグも精力的に展開中。
various works
year title participated with:
1971 FLEA ON THE HONEY - Flea on the Honey Ag. Marangolo, Pennisi
1972 FLEA - Topi O Uomini Ag. Marangolo, Pennisii
1975 GOBLIN - Profondo Rosso as Goblin
ETNA - Etna Ag. Marangolo, Pennisi
1977 GOBLIN - Suspiria as Goblin
1978 GOBLIN - Il fantastico viaggio del 'Bagarozzo' Mark as Goblin
GOBLIN - Zombi as Goblin
GOBLIN - Yell (7" single) as Goblin
1979 GOBLIN - Amo non amo as Goblin
GOBLIN - Patrick as Goblin
GOBLIN - Buio Omega as Goblin
FRANCESCO CALABRESE - ...E Tu Mi Manchi Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
DARIO FARINA - Destinazione Tu Guarini, Ag. Marangolo, Pignatelli
LEANO MORELLI - Roma-Londra-Milano
NADA - Nada Martino
1980 GOBLIN - Contamination as Goblin
MARRAS - Stazzi Uniti Ag. Marangolo, Pignatelli
WALTER MARTINO - Nervi A Pezzi Martino, Morante, Simonetti
MASSIMO MORANTE - Abbasso Martino, Morante, Simonetti
OLIVER ONIONS - Santa Maria
1981 EDOARDO DE ANGELIS - Anche Meglio di Garibaldi Guarini, Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
IVANO FOSSATI - Panama e dintorni Pennisi
1982 GOBLIN - Volo as Goblin
1983 GOBLIN - Notturno as Goblin
SERGIO CAPUTO - Un Sabato Italiano
1986 ANTONELLO VENDITTI - Venditti e Segreti Pignatelli, Rinalduzzii, Wilson
1987 MARANGOLO TURONE - Duo
PAOLO CONTE - Paolo Conte
PAOLO CONTE - Come Di
FRANCESCO GUCCINI - Signora Bovary
1988 CLAUDIO LOLLI - Claudio Lolli
1989 PAOLO CONTE - Aguaplano
PAOLO CONTE - Concerti
1994 PEPPE CONSOLMAGNO & ANTONIO MARANGOLO - Kalungumachine
1996 FRANCESCO GUCCINI - D'Amore Di Morte E Di Altre Sciocchezze
1997 FRATELLI MANCUSO & ANTONIO MARANGOLO - Bella Maria
1998 FLACO BIONDINI / ANTONIO MARANGOLO - desde el alma
Various Artists - Amiata's Secret World, Vol. 2
2000 FRANCESCO GUCCINI - Stagioni
2001 GOBLIN - Non ho sonno as Goblin
AGOSTINO MARANGOLO - Day by Day Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
PAOLO CONTE - Live at RTSI
ORNELLA VANONI - Live at RTSI
2003 PAOLO CONTE - Reveries
2004 FRANCESCO GUCCINI - Ritratti Francesco
2005 MARANGOLO ETNOLOGY - avant le desert Ag. Marangolo, Rinalduzzi

Soundtrack
year Domestic Title: includes media/tv titles Original Title participated with:
1975 サスペリアPART2 Profondo rosso as Goblin
1977 マーティン 呪われた吸血少年 (未) Martin as Goblin (Italian Cut)
サスペリア Suspiria as Goblin
1978 ゾンビ Zombi a.k.a. Dawn of the Dead as Goblin
1979 ジャクリーン・ビセット 抱いて… (未) Amo non amo as Goblin
パトリック (未) Patrick as Goblin (Italian Cut)
ビヨンド・ザ・ダークネス 嗜肉の愛 (未) Buio Omega as Goblin
1980 エイリアンドローム (未) Contamination as Goblin
呪われた修道院 (未) L'altro inferno as Goblin (non original tracks)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド (未) Night of the Zombies as Goblin (non original tracks)
1981 セントヘレナズ・ピーク 恐怖の大噴火 (未) St. Helens as Goblin
1983 スパイ・コネクション (TV) Notturno (TV) as Goblin
2001 スリープレス Non ho sonno as Goblin

Self Appearance
year Title
1978 GOBLIN - MIMS 78 Sanremo - La Teleinformatica (TV)
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.