Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
MAURIZIO GUARINI
MAURIZIO GUARINI
マウリツィオ・グアリニ

Born: Rome (Italy)
January 25, 1955

Instruments
Keyboards, Poly-instruments, Software developer
Maurizio 1975Maurizio 1980Maurizio 2005
history
The first experience
76年の「ローラー」以降、フレキシブルにジョイントする鍵盤奏者。楽器との出会いは、10歳当時から独学でプレイするようになったオルガンとギター。プログレやジャズ・ロックに傾倒し始めたのは、ギターでのステージも経験していたと云う12-13歳当時を経て14歳になった頃。プロ鍵盤奏者としてデビューしたのは、ローマのサピエンツァ大学で数学を専攻していた73-75年の時期。サックス奏者のマッシモ・ウルバーニ(Massimo Urbani)やロベルト・デッラ・グロッタ(Roberto Della Grotta)のコンボでのプレイだった。ちなみに、そんなズージャ系のバックボーンを垣間見るには、"Snip Snap"(「ローラー」の2曲目)でのローズ(Fender Rhodes)のソロが手っ取り早い。ハードロックを好きになった事は一度もないと云う楽曲の嗜好性については、「ジェネシス」や「ジェントル・ジャイアント」をお気に入りに挙げる中、ストーンズよりもビートルズと云う傾向だったらしい。
The "Goblin" days
実はあの"GAMMA"のレコーディングにも参加していたと云うグアリニだが、ゴブリンへ加入するそもそもの経緯は、"Profondo Rosso"リリース後のある時期、シモネッティマルティーノがベーシストのステファノ・チェリStefano Cerri)と共に別ユニットを形成する中、そのシモネッティのトラとしてバンドにジョイントした事。結果的にはシモネッティとツイン鍵盤を編成する中、「ローラー (1976)」のレコーディングと同年度の冬季ツアーに参加。続く「サスペリア (1977)」のレコーディングにも参加するものの、カルロ・ビクシオとのギャラを巡る対立から76年11月にバンドを離脱、アルバムでもノークレジットに。ちなみにその前後には、鍵盤奏者のアレッサンドロ・チェントファンティAlessandro Centofanti)とタイコのマルティーノが参加するバンド「リブラ」の「ザ・ショック (1977: Schock)」のレコーディングに参加。カルロ・ペンニージ(後年、ゴブリンに参加するギタリスト)とも顔を合わせる。78年の「ゾンビ」については、リリース当時の米盤LPや後年の完全版等でもクレジットされているが、その詳細については不明。恐らくは、シンセ機材等のハード面でのコラボだったと思われるが、ちなみにグアリニ自身が監修するバイオには「ゾンビ」の名前はない。そのバイオによれば、78年暮れから83年までのゴブリン名義の作品には全て関与していたとの事だが、ちなみにグアリニ自身が明らかにした当時の参加作品は次の通り。* Patrick (1979), Squadra antimafia (1979), Buio Omega (1979), Contamination (1980), St. Helen (1981), Volo (1982), Notturno (1983)
early 1980s
ルチオ・フルチの81年度監督作品「ビヨンド "L'aldilà"」での録音セッション(タイコのマランゴーロも参加)や81年「セントヘレナズ・ピーク "St. Helens"」の作曲に参加した後、後年のグアリニ夫人Cinzia Cavalieri)も歌詞を提供する82年の"VOLO"では、作曲から演奏までアルバム制作の全面に関与。ちなみに「シャドー」のメンツ(Simonetti, Morante, Pignatelli)の出演でも知られる音楽番組"Discoring"では、タイトルナンバーの"VOLO"が4ヶ月間のテーマ曲として使用されている。続く83年「スパイ・コネクション "Notturno"」にも全面参加する中、バンドの方はコンボスタイルでの機動力を失うが、モランテの83年ソロ"ESCLUSIVO!"での全面バックアップ(82年の"CORPO A CORPO"にも参加)はもとより、女性シンガー・ナーダ(Nada)やパティ・プラヴォ(Patty Pravo)など各種サポートワークが多忙に。
mid 1980s to 1990s
そもそもグアリニと云えば、マックのシーケンサープログラム"yuk (1983)"の生みの親として名を刻む人物。シモネッティの談話によれば、ローマの音楽界では誰もが"yuk"を重宝としていたらしいが、そんな状況を裏付けるのは、80年代以降のグアリニの映画界での活躍ぶり。プログラムのみならず演奏にも参加するタイトルなど、ピノ・ドナジオPino Donaggio)のスコア作品を中心に優に20作品を超える。「クロールスペース "Crawlspace" (1986)」、「インクアイリー 審問 "L'inchiesta" (1986)」、「ビッグ・ファイター "Renegade" (1987)」、「デ・ジャ・ヴュ "Jenatsch" (1987)」、「ダンサー "Dancers" (1987)」、「死海殺人事件 "Appointment with Death" (1988)」、そしてアルジェントの監督作品「オペラ座の怪人 "Il fantasma dell'opera" (1998)」などが日本でも著名な所だが、ちなみに84年にエマーソンがスコアを手掛けた「ルチオ・フルチのマーダロック "Murderock - uccide a passo di danza"」の追加スコア(サントラには未収録)で鍵盤を弾いていたのも実はグアリニ。一方、パティ・プラヴォ(Patty Pravo)やレナート・ゼロ(Renato Zero)、マリオ・カステルヌオーヴォ(Mario Castelnuovo)などツアーサポートでも活躍していたグアリニだが、ちなみに「水曜ロードショー」や「金曜ロードショー」の挿入テーマでも著名なペット奏者ニニ・ロッソ(Nini Rosso)の90年来日公演で鍵盤を弾いていたのもグアリニその人だった。
frmo Today to Future
90年代序盤にコンピューター科学の学士号を取得する中、98年には夫妻でカナダに移住。ミュージカルやドキュメンタリーのサントラなどを手掛ける中、05年には"BACK TO THE GOBLIN 2005"で完全復活を遂げるグアリニだが、ちなみに復活と同時に立ち上げられたゴブリンオフィシャルサイトグアリニのデザイン。クリス・ガートナー(Chris Gartner: Guitar/Bass)とボブ・スコット(Bob Scott: Drums)と云うカナダ人のミュージシャンと"Goblinia"と云うトリオでの演奏活動も行う中、08年にはBTTFのメンツによる新作が遂にリリースされる模様。(グアリニ自身による最新の情報はこちら
various works
year title participated with:
1976 GOBLIN - Roller as Goblin
GOBLIN - Chi? (7" single) as Goblin
1977 GOBLIN - Suspiria as Goblin
LIBRA - Schock Martino, Pennisi
1978 GOBLIN - Zombi as Goblin
1979 GOBLIN - Patrick as Goblin
GOBLIN - Buio Omega as Goblin
ENZO CARELLA - Barbara e altri Carella
RICCARDO COCCIANTE - ...E io Canto
DARIO FARINA - Destinazione Tu Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pignatelli
FABIO FRIZZI and GIORGIO CASCIO - Zombi 2 (7" single)
FABIO FRIZZI and GIORGIO CASCIO - Zombi 2
MARTINE MICHELLOD - Martine M. and the BVD' ensemble
RITA PAVONE - RP '80
STARTER (POLE POSITIONS) - Ski Pass / You've Got To Change (7" single) Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
ANTONELLO VENDITTI - Buona Domenica Ag. Marangolo, Martino, Morante, Pignatelli
1980 GOBLIN - Contamination as Goblin
V. TEMPERA e F. BIXIO - White "Pop" Jesus (soundtrack) Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
1981 EDOARDO DE ANGELIS - Anche Meglio di Garibaldi Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
FABIO FRIZZI - L'Aldila Ag. Marangolo
NEW PERIGEO - Effetto Amore Ag. Marangolo, Pennisi
GIANNI TOGNI - Le mie strade Puleo
1982 GOBLIN - Volo as Goblin
MASSIMO MORANTE - Corpo A Corpo Morante, Pignatelli
BEPPE DATI - Beppe Dati Ag. Marangolo, Pennisi
PIERO FINA' - Indeformabile
NADA - Ti Stringero Lusini, Pignatelli, Rinalduzzi, Wilson
NADA - Ti Stringero / Sei Matto (7" single) Lusini, Pignatelli, Rinalduzzi, Wilson
1983 GOBLIN - Notturno as Goblin
MASSIMO MORANTE - Esclusivo! (EP) Morante, Martino
NADA - Smalto Pignatelli, Rinalduzzi, Wilson
ADRIANO PAPPALARDO - Oh! Era ora
SCIALPI - Estensioni Ag. Marangolo
RENATO ZERO - Calore
1984 KEITH EMERSON - Murderock "uccide a passo di danza" (add. score) (Not play on this album), Wilson
NADA - Non Cresceremo Mai Pignatelli
ANNA MARIA NAZZARO - Anna Maria Nazzaro
PATTY PRAVO - Occulte persuasioni/Per una Bambola
1985 GLORIA - Le donne italiane / Piccole esigenze (7" single) Pignatelli
1986 FRANCO BRACARDI - Bracardevolmente
LUCIO QUARANTOTTO - Ehi la'
1987 PINO DONAGGIO - La monaca di monza
1988 GRAZIA DI MICHELE - L'amore e' un pericolo
1989 PATTY PRAVO - Oltre l'Eden
1992 ENZO CARELLA - Carella De Carellis Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
2005 GOBLIN - Back To The Goblin 2005 as Goblin

Soundtrack
year Domestic Title: includes media/tv titles Original Title participation
1976 none Chi? (TV) as Goblin
none Spermula as Goblin (uncredited)
1977 ザ・ショック Schock Martino, Pennisi (as I Libra)
マーティン 呪われた吸血少年 (未) Martin as Goblin (Italian Cut)
サスペリア Suspiria as Goblin
1978 ゾンビ Zombi a.k.a. Dawn of the Dead as Goblin
none Squadra antimafia as Goblin
1979 サンゲリア Zombi 2
パトリック (未) Patrick as Goblin (Italian Cut)
ビヨンド・ザ・ダークネス 嗜肉の愛 (未) Buio Omega as Goblin
1980 エイリアンドローム (未) Contamination as Goblin
呪われた修道院 (未) L'altro inferno as Goblin (non original tracks)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド (未) Night of the Zombies as Goblin (non original tracks)
1981 ビヨンド (未) E tu vivrai nel terrore - L'aldilà Ag. Marangolo
セントヘレナズ・ピーク 恐怖の大噴火 (未) St. Helens as Goblin
1983 スパイ・コネクション (TV) Notturno (TV) as Goblin
SFコンクエスト 魔界の制圧 (未) La conquista (voice effects only)
none Don Camillo (musician/synth.prg)
超人ヘラクレス (未) Hercules (musician/synth.prg)
none Segni particolari: bellissimo (musician/synth.prg)
1984 ルチオ・フルチのマーダロック (未) Murderock - uccide a passo di danza (add. keyboards), Wilson
1985 ドレスの下はからっぽ (未) Sotto il vestito niente (computer music editor)
1986 首相暗殺 (未) Il caso Moro (musician/synth.prg)
クロールスペース Crawlspace (musician/synth.prg)
インクアイリー 審問 L'inchiesta (musician/synth.prg)
none Sette chili in sette giorni (musician/synth.prg)
1987 none Amantide - Scirocco (musician/synth.prg)
グレート・バーバリアン (未) The Barbarians (musician/synth.prg)
アフリカン・アドベンチャー そんなバナナ!? (未) Going Bananas (musician/synth.prg)
ダンサー Dancers (musician/synth.prg)
ホテルコロニアル (未) Hotel Colonial (musician/synth.prg)
デ・ジャ・ヴュ Jenatsch (musician/synth.prg)
肉体のバイブル 禁断の賛美歌 (未) La Monaca di Monza (musician/synth.prg)
ビッグ・ファイター Renegade (musician/synth.prg)
1988 死海殺人事件 Appointment with Death (musician/synth.prg)
悪霊墓地カタコーム (未) Catacombs (musician/synth.prg)
カンザス カンザス経由→N.Y.行き Kansas (musician/synth.prg)
ギャンブル 愛と復讐の賭け (未) La partita (musician/synth.prg)
デッド・チャンネル Qualcuno in ascolto (musician/synth.prg)
ヘルバランス (未) Un delitto poco comune (musician/synth.prg)
ゼリーと私 (未) Zelly and Me (musician/synth.prg)
1989 インディオ (未) Indio (musician/synth.prg)
1990 デモンズ6 最終戦争 (未) Il gatto nero Goblin (uncredited)
1991 none Il portaborse (musician/synth.prg)
1998 オペラ座の怪人 (未) Il fantasma dell'opera composer (additional music)

Self Appearance
year Title
1976 GOBLIN - Adesso Musica "Roller" - Rai Uno (TV)

Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.