Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
WALTER MARTINO
WALTER MARTINO
ウォルター・マルティーノ

Born: Milan (Italy)
April 18, 1953

Instruments:
Drums, Percussion
s
Walter 1975Walter 1975 w/ LibraWalter 1982
history
The first experience
ゴブリンの初代ドラマー。1953年4月18日、ミラノ出身。ジミヘンやクリームのコピーバンドに在籍していた17歳当時、同じく18歳と若かったシモネッティの呼びかけで"IL RITRATTO DI DORIAN GRAY"(ドリアン・グレイの肖像)を結成。フェルナンド・フォラ(Fernando Fora)とロベルト・ガルディン(Roberto Gardin)という2人のギタリスト、ヴォーカルのルチアーノ・レゴーリ(Luciano Regoli)を含む五重奏で活動を開始する中、やがて、ベーシスト兼ヴォーカルのマッシモ・ジョルジ(Massimo Giorgi)を迎えてトリオ編成に刷新。ナイスやELPを意識する中、本格的な組曲や変拍子の楽曲を中心にステージ活動に取り組む。ローマのカラカラ浴場で行われたポップフェスティヴァルで成功を収めたのも72年のこの当時。ちなみに"IL RITRATTO DI DORIAN GRAY"と云うバンド名の由来は、PFM(Premiata Forneria Marconi)やバンコ(Banco del mutuo soccorso)のようなロングサイズの名前に憧れていたため。
The "Goblin" days
"IL RITRATTO DI DORIAN GRAY"が解散する中、パオロ・ルスティケーリ(Paolo Rustichelli)らとのセッションを経た75年、打楽器奏者のカルロ・ボルディーニ(Carlo Bordini)と入れ替わる形でゴブリンに加入。大ヒット曲"PROFONDO ROSSO"の作曲にも参加する中、マルティーノ自身の談話によれば、AからBCDEGAと駆け上がるスポット的なムーグのパートは彼の生み出したモチーフ。ちなみに"Tubular Bells"にまつわる訴訟問題については、サンプラーを使用する近年の作曲スタイルを引用しながらバッサリ一蹴、単に当時の流行に即したオリジナルのプレイだった事を強調している。
Libra days pt.1
チネヴォックス関連の各種録音セッションや"PROFONDO ROSSO"の録音セッション終了後、鍵盤奏者のアレッサンドロ・チェントファンティやギタリストのニコラ・ディ・スターゾが在籍するリブラ(Libra)に加入。自身の談話によれば、ジャズやファンク色を打ち出すリブラのサウンドに見せられた事がバンド加入の第一の理由。ツアーメンバーとして渡米出来る事も大きな魅力だったと思われる。やがて、ザッパやチューブス、サヴォイ・ブラウンなどビッグネームのサポートで半年の米国ツアーを体験するが、そんな中、マルティーノの耳に飛び込んで来たのは、"PROFONDO ROSSO"が母国でチャートの1位を記録したニュース。予想だにも出来なかったニュースはかなりの衝撃だったらしい。
Libra days pt.2
やがて、米国で録音されたセカンド"WINTER DAY'S NIGHTMARE"を「モータウン」からリリース(米盤のファースト"LIBRA"リリースもモータウン)しながらも帰国、その翌年にはマリオ・バーヴァ(Mario Bava)の遺作となる「ザ・ショック "SCHOCK"」のサントラをリリースするが、実質解散状態にあったリブラでの活動にも終止符が打たれる。ちなみに、ほぼ同時期にゴブリンとの微妙な経緯を辿るグアリニや、後にゴブリンに参加するカルロ・ペンニージも参加していたアルバム"SCHOCK"だが、イタリアではリリース当時の低迷に終わっていた中、90年代にCD復刻を実現させた日本(SLC)から届けられる印税にはマルティーノ自身も驚いていた模様。
1980s to Today
クラウディオ・バッリョーニ(Claudio Baglioni)の78年米国ツアー、70年代終盤の"EASY GOING"の2枚のアルバム(1st"EASY GOING"と2nd"FEAR")や"VIVIEN VEE"の2枚のアルバム(GIVE ME A BREAK, VIVIEN VEE)などシモネッティ関連のセッションを経た80年には、ファーストソロ"Walter Martino"をリリース。シモネッティの3枚のアルバム(CLAUDIO SIMONETTI, SANREMO DANCE, SKYWALKER)、モランテの2枚のアルバム(ABBASSO, ESCLUSIVO!)、各種録音セッションを経た85年には2枚目のソロとなる"Turn It On"をリリース。シモネッティホラープロジェクトでのスポット参加やレナート・ゼロ(Renato Zero)の録音セッションを皮切りにする90年代以降は、著名パーカッション奏者が一堂に集うさまざまなイベントはもとより、94年の"La Batteria Moderna"や02年の"Minus One"など教則の分野でも大活躍。最新情報も掲載するマルティーノのサイトはこちら
various works
year title participated with:
1975 GOBLIN - Profondo Rosso as Goblin
FABIO FRIZZI - Amore Libero Morante, Pignatelli, Simonetti
V. TEMPERA e F. BIXIO - La Preda Morante, Pignatelli, Simonetti
NICK VINCENTI - Blue Frog Morante, Pignatelli, Simonetti
IL REALE IMPERO BRITANNICO - Perché si uccidono (release: 1976) Morante, Pignatelli, Simonetti
ENRICO SIMONETTI - Gamma Guarini, Morante, Pignatelli, Simonetti
LIBRA - Musica e Parole (as related item) nonparticipated with Martino
LIBRA - Libra (US release) (as related item) nonparticipated with Martino
1976 LIBRA - Winter Day's Nightmare
1977 LIBRA - Schock Guarini, Pennisi
1978 EASY GOING - Easy Going Pignatelli, Simonetti
DAVIDE LEO - Il Mio Diario
PETER MICIONI - Peter Micioni
PATTY PRAVO - Miss Italia Simonetti
1979 EASY GOING - Fear Simonetti
NADA - Nada An. Marangolo
ALAN SORRENTI - Figle delle Stelle
VIVIEN VEE - Give Me a Break Simonetti
VIVIEN VEE - Give Me a Break '88 12" Remix (Release: 1988) Simonetti
VIVIEN VEE - Vivien Vee Simonetti
ANTONELLO VENDITTI - Buona Domenica Guarini, Ag. Marangolo, Morante, Pignatelli
198? REMO BARTOLOMEI - Vita Simonetti
1980 WALTER MARTINO - Walter Martino Simonetti
WALTER MARTINO - Nervi A Pezzi An. Marangoloo, Morante, Simonetti
MASSIMO MORANTE - Abbasso An. Marangolo, Morante, Simonetti
1981 CLAUDIO SIMONETTI - Claudio Simonetti Simonetti
1982 GOBLIN - Volo as Goblin
STEFANO ROSSO - Donne
1983 GOBLIN - Notturno as Goblin
MASSIMO MORANTE - Esclusivo! (EP) Guarini, Morante
CLAUDIO SIMONETTI - Sanremo Dance Simonetti
EASY GOING - The Best of Easy Going Simonetti, Pignatelli, Wilson
BLUE NIGHT - Turn Me Loose
CARMEN - Stars on Donna
CRAZY GANG - We Are the Crazy Gang Morante, Simonetti
GRAZIA DI MICHELE - Ragiona Col Cuore
SARO - Saro
Various - FF.SS. (soundtrack) Pignatelli
1984 ARTFUL HEAD - Dance Parade
SAMMY BARBOT - Groovy (12" single) Pignatelli
MIKE FRANCIS - Let's Not Talk About it Ag. Marangolo
AMII STEWART - Try Love Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli, Rinalduzzi
1985 WALTER MARTINO - Turn It On
CLAUDIO SIMONETTI - Skywalker (mini LP) Pignatelli, Rinalduzzi, Simonetti
PROGRAM 2 - World of Stone
1986 FLAVIA FORTUNATO - Verso il 2000
1987 RENATO ZERO - Zero Ag. Marangolo, Pennisi, Pignatelli
1988 DONATELLA RETTORE - Rettoressa Ag. Marangolo, Pennisi
1991 SIMONETTI HORROR PROJECT - Simonetti Horror Project Simonetti
1993 CLAUDIO SIMONETTI - Dario Argento's Horror Movies Simonetti
1998 CLAUDIO SIMONETTI - The End of Millenium Simonetti

Soundtrack
year Domestic Title: includes media/tv titles Original Title participated with:
1975 none Gamma (TV) Morante, Pignatelli, Simonetti
none Amore Libero - Free Love Morante, Pignatelli, Simonetti
none La Preda Morante, Pignatelli, Simonetti
青い体験・禁じられた十代の好奇心 (未) Grazie... nonna Morante, Pignatelli, Simonetti
サスペリアPART2 Profondo rosso as Goblin
1976 none Perché si uccidono Morante, Pignatelli, Simonetti
1977 ザ・ショック Schock Guarini, Pennisi (as I Libra)
1983 none F.F.S.S. Pignatelli
スパイ・コネクション (TV) Notturno (TV) as Goblin

Self Appearance
year Title
1975 GOBLIN - Adesso Musica "Profondo Rosso" - Rai Uno (TV)
SIMONETTI-CERRI-MARTINO - undefined (TV)
1987 GOBLIN - Canzonissime "Profondo Rosso" - Rai Uno (TV)
1991 SIMONETTI HORROR PROJECT - Simonetti Horror Project - Deep Red (VHS)
1994 WALTER MARTINO - La Batteria Moderna
2003 CLAUDIO SIMONETTI / GOBLIN - Stracult (including various footage) - Rai Due (TV)

Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.