Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
CARLO PENNISI
CARLO PENNISI
カルロ・ペンニージ

Born: Italy

Instruments:
Guitars
Carlo 1971Carlo 1975Carlo 1980sCarlo 2006
history
early years
79年の"AMO NON AMO"からゴブリンに加入するギタリスト。作/編曲への参加はもとより、アンサンブルの要も担う重要メンバー。超一級品のギタースキルはさまざまなセッションでも明らかな通り。公に知られる所では、従兄弟のアントニオアゴスティーノマランゴーロ兄弟と共に結成した71年の"FLEA ON THE HONEY"が最初のプロキャリア。72年の"FLEA"録音直後には、マランゴーロ兄弟と共にピニャテッリともメンツを組んでいた事を考慮すれば、紆余曲折を経た78年のゴブリンへのジョイントも出戻りのイメージに近い。ある意味では、ゴブリンの足跡に於ける初代ギタリストと云うイメージすらある。75年、"OLIVER"にジョイントするピニャテッリに代わりヴォルピーニ(Elio Volpini)を再び加えて"ETNA"を録音。77年にはグアリニマルティーノと共にリブラ(Libra)名義のサントラ「ザ・ショック "SCHOCK"」の録音に参加。そして迎えた79年、サントラ"AMO NON AMO"でゴブリンにジョイントする。
The "Goblin" days
79-80年は、AMO NON AMO (1979), SQUADRA ANTIGANGSTERS (1979), PATRICK (1979), BUIO OMEGA (1979)の4枚のアルバムに参加。イマイチ不透明な当時の録音メンバーだが、ちなみに80年の"CONTAMINATION"は、"BUIO OMEGA (1979)"と重複するタイトルのみでのクレジットが恐らくは正しい。実質的には、マランゴーロピニャテッリペンニージと云うトリオ中心の編成だった79-80年当時のゴブリンだが、スタジオワーク中心のビジネスライクなバンドのスタンスは、さまざまな録音セッションでも顕著。フェデリコ・トロイアーニ(Federico Troiani)、フランチェスコ・カラブレーゼ(Francesco Calabrese)、エドアルド・デ・アンジェリス(Edoardo De Angelis)、ヴィンチェ・テンペーラが手掛けた80年のサントラ"White 'Pop' Jesus"など、何れの録音セッションでもフルメンバーで参加するバンドだが、これもある意味、バンドの最も円満な時期だったと云えなくもない所。
"New Perigeo"
そんなスタジオワークも小休止する中、タイコのマランゴーロと共に足掛け1年間を費やしたのが81年のニュー・ペリジェオNEW PERIGEO)での仕事。マランゴーロの談話によれば、2つのツアーも消化したと云うNEW PERIGEOだが、そんなパーマネント活動の最中に生み出された名盤が81年の"EFFETTO AMORE(1981)"。これはスリリングなインストパートと歌心が昇華する出色の1枚。当代ならではのズージャ系インストアルバムのようにも思えるが、その実、成熟したインストスキルと垢抜けたロックセンスが昇華する内容は、他をも寄せ付けぬ圧倒的なオリジナリティ。続く81年5月のライヴ(TVフィルムも存在。マランゴーロは不参加)"Q CONCERT"もかなり面白い。これは、リッカルド・コッチャンテ(Riccardo Cocciante)とリノ・ガエターノ(Rino Gaetano)をNEW PERIGEOがサポートする形の2日間に渡るギグ的なイベントを収録した1枚だが、最終トラックではNEW PERIGEOのオリジナルナンバー"Aschimilero"も収録。XTCのようなニューウェイヴ感覚とスリリングなインストパートが交差する内容は絶大なインパクト。ペンニージのアピール度もかなり高い。
1980s to today
AMII STEWARTの"TRY LOVE(1984)での客演"、そのアレンジ全般を手掛けたマイク・フランシス(Mike Francis)の録音セッションなどを経た86年、リッカルド・コッチャンテのライヴアルバム"QUANDO SI VUOLE BENE"では、演奏のみならずミキシングや制作総指揮までを手掛けるペンニージだが、この辺りのポテンシャルについては後年のキャリアでも明らかな通り。90年代半ばから米マイアミを拠点とする中、数多くの作品プロデュースを手掛けるペンニージは、08年現在"bonumusic"を主宰。シンプルで地味な印象も受ける"bonumusic"のサイトだが、これも単に連絡の窓口を目的にする程度のコンテンツとデザイン。現実には、ネスター・トーレス(Nestor Torres)などビッグネームのプロデュースを中心に米国の第一線音楽シーンで活躍中。
various works
year title participated with:
1971 FLEA ON THE HONEY - Flea on the Honey Ag. Marangolo, An. Marangolo
1972 FLEA - Topi O Uomini Ag. Marangolo, An. Marangolo
1975 ETNA - Etna Ag. Marangolo, An. Marangolo
1977 LIBRA - Schock Guarini, Martino
1979 GOBLIN - Amo non amo as Goblin
GOBLIN - Squadra Antigangsters as Goblin
GOBLIN - Patrick as Goblin
GOBLIN - Buio Omega as Goblin
CADENCE - Cadence Ag. Marangolo
FRANCESCO CALABRESE - ...E Tu Mi Manchi Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pignatelli
FEDERICO TROIANI - Federico Troiani Ag. Marangolo, Pignatelli
STARTER (POLE POSITIONS) - Ski Pass / You've Got To Change (7" single) Guarini, Ag. Marangolo, Pignatelli
1980 GOBLIN - Contamination as Goblin
V. TEMPERA e F. BIXIO - White "Pop" Jesus (soundtrack) Guarini, Ag. Marangolo, Pignatelli
1981 EDOARDO DE ANGELIS - Anche Meglio di Garibaldi Guarini, Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pignatelli
NEW PERIGEO - Effetto Amore Guarini, Ag. Marangolo
COCCIANTE-GAETANO-NEW PERIGEO - Q Concert
IVANO FOSSATI - Panama e dintorni An. Marangolo
1982 BEPPE DATI - Beppe Dati Guarini, Ag. Marangolo
1984 AMII STEWART - Try Love Ag. Marangolo, Martino, Pignatelli, Rinalduzzi
1985 MIKE FRANCIS - Features of Love / Lovely Day (12" single) Ag. Marangolo, Simonetti
1986 RICCARDO COCCIANTE - Quando ai Vuole Bene Ag. Marangolo
1987 RENATO ZERO - Zero Ag. Marangolo, Martino, Pignatelli
1988 DONATELLA RETTORE - Rettoressa Ag. Marangolo, Martino
1991 PAOLA TURCI - Candido Ag. Marangolo
1992 ENZO CARELLA - Carella De Carellis Ag. Marangolo, Guarini, Pignatelli
2001 AGOSTINO MARANGOLO - Day by Day Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pignatelli
ALIH JEY - Alih Jey
2002 DANNY DANIEL - Cuando Brilla Una Estrella
2003 RENZO ARBORE - Prima Che Sia Troppo Tardi
PATRICIA MANTEROLA - Déjame Volar
2004 NESTOR TORRES - Sin Palabras
2005 EDGARDO MONSERRAT - Hasta Que Digas Mi Nombre
2006 NESTOR TORRES - Dances, Prayers and Meditations for Peace Ag. Marangolo
JEROME RHYANT - Ten Commandments
2007 Various Artists - XM: Watercolors - Red [Circuit City Exclusive]

Soundtrack
year Domestic Title: includes media/tv titles Original Title participated with:
1977 ザ・ショック Schock Guarini, Martino (as I Libra)
1979 ジャクリーン・ビセット 抱いて… (未) Amo non amo as Goblin
none Squadra antigangsters as Goblin
パトリック (未) Patrick as Goblin (Italian Cut)
ビヨンド・ザ・ダークネス 嗜肉の愛 (未) Buio Omega as Goblin
1980 none White "Pop" Jesus Ag. Marangolo, Pignatelli
エイリアンドローム (未) Contamination as Goblin
呪われた修道院 (未) L'altro inferno as Goblin (non original tracks)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド (未) Night of the Zombies as Goblin (non original tracks)

Self Appearance
year Title
1981 COCCIANTE-GAETANO-NEW PERIGEO - In Concert (Q Concert) - Rai (TV)

Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.