Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
FABIO PIGNATELLI
FABIO PIGNATELLI
ファビオ・ピニャテッリ

Born: Rome (Italy)
October 30, 1953

Instruments:
Bass, Guitar, Programming
s
Fabio 1976Fabio 1978Fabio 2005
history
The first experience
歴代のメンバーでは只一人、ゴブリン名義の全作品に参加。11歳当時に3ヶ月間だけ弾いたと云うギターが楽器との出会い。プレイに熱中するようになったのは、ギターの巧い友人と共にビートルズやストーンズ、エキペ84(Equipe 84)のコピーに熱中するようになった13歳当時(1966年)。その翌年、高校に進学すると同時にプロコル・ハルムなどのコピーバンドを結成するも、68年の半ばにベーシストが脱退。その穴埋めの為に手にした楽器が、ピニャテッリと生涯連れ添う事になるベースだった。自身のインタヴューによれば、ベースのパートもサイドギターが担う風潮だった中、ベースの必要性もさほど認知されていなかったと云う当時のバンド環境だが、そんな状況を一変させたのはジミヘンやクリームなど台頭。トリオスタイルでの強烈なインパクトのベーシストがピニャテッリのモチベーションに火をつける。やがて、ローマを舞台に毎日プレイしていたと云うピニャテッリは、やがて迎えた69年の暮れ、"LE RIVELAZIONI"と云うローカルバンドでプロデビュー。クリーム、ビートルズ、ストーンズ、フー、ハンブル・パイ、ツェッペリンなどのコピーをプレイする傍らで作曲や編曲も手掛けるように。
an encounter with Goblin
周知の通り、ピニャテッリと云えば、"FLEA (1972)"をリリースした直後のアントニオアゴスティーノマランゴーロ兄弟やギターのカルロ・ペンニージと草創の時期にジョイントしていた1人。"Flea"ではなく"FLEA ON THE HONEY"名義での2つのツアーにジョイントした後、シモネッティモランテが核となる"OLIVER"に参加するピニャテッリだが、微妙に面白いのは、72-73年当時の"FLEA ON THE HONEY"とピニャテッリの出会いがマランゴーロ兄弟ゴブリン入りのキッカケではなかった事。ローマのなじみのバーでシモネッティと出会った事がゴブリンへの入り口だったマランゴーロだが、何れにせよ、マランゴーロ兄弟の存在なくしては後年のゴブリンのキャリアが微妙だった事は確か。ついては、"FLEA ON THE HONEY"と云うバンドの存在も、ゴブリンの歴史ではシモネッティ周辺の人脈に次ぐ重要なファクターだったと云える。
Goblin days of 1970s
シモネッティモランテと同様の足取りでゴブリンとしてデビューする中、ピニャテッリが手掛けた初の大仕事は、あの"PROFONDO ROSSO"の著名なリフレインの考案。シモネッティ宅での僅か3日間での強行スケジュールだったと云う作曲だが、あのお馴染みのリフレイン「AAEAADAACAGBBF(7/4拍子。全て8分割)+AAEAADAACAGBBFCF(8/4拍子。全て8分割)」も、実は彼の生み出した4/4のモチーフを基本にするリフレインだった(1拍違いで循環させるアイディアはモランテ)。そのファーストも大ヒットを記録する中、続く初のオリジナルアルバム「ローラー」ではファンキーな要素も加味されるが、シモネッティのインタヴューによれば、あの"Snip Snap"にも代表されるファンキー色はピニャテッリマランゴーロのカラーだったとの事。ピニャテッリ自身の談話では、そんなマイブームのファンキーを意識し始めたのは、TVプログラムのサントラ"CHI?"を手掛けるようになった76年辺りから。サウンドのスタイルではハンコックやコリア、プレイ方面では元WRのアル・ジョンソンやジャコの影響下で研鑽を重ねていたと語るピニャテッリだが、この辺りについては、76年以降のサウンドを聴いても明らかな所。実際、ピニャテッリ自身も最高傑作と評する「サスペリア」のB面に収録された"Black Forest"や"Blind Concert"などは、ハンコックの"Sly"や"Chameleon"の影響も顕著。ゾンビを筆頭にする70年代後期のバリバリのサントラはさて置き、ジャコの影響については、80年代の各種タイトルでも明らか。81年「セントヘレナズ・ピーク "St. Helens"」の挿入スコアや83年の"NOTTURNO"でのプレイなどは取り分けスリリングで面白い。ちなみに約60名のオーケストラとの競演だった「セントヘレナズ・ピーク」の録音については、バンドの分裂に直面した期間中の不満解消にも匹敵する素晴らしい体験だったと云うコメントも残されている。
days of 1980s
モランテシモネッティがバンドを離脱する中マランゴーログアリニらと共に数作品のサントラを手掛けるピニャテッリだが、成功とは言い難いこれらの作品を最後にゴブリンは実質上の解散。パッとしない古巣の状態にシモネッティが新たなプロデューサーを紹介するも、そのオファーを断ったと云うピニャテッリだが、そんなシモネッティとの関係については、"EASY GOING (1978)"やシモネッティ名義のソロ"SANREMO DANCE (1983)"、"SKYWALKER (1985)"で客演するなど良好だった模様。"CORPO A CORPO (1982)"で客演したモランテとの関係についても然りだが、当初は乗り気ではなかったものの、結果的には満足の行く仕事だったと云う82年「シャドー」での3者の再会がある種の節目だったようにも思える所。やがて、アントネッロ・ヴェンディッティを筆頭に数多くの著名アーティストのアルバムに名を連ねるピニャテッリだが、この当時の彼のエキスパート種目はベースとシーケンサーのプログラム。インタヴューでは電子音楽の進化に否定的なピニャテッリがプログラム分野を生業にしていたと云うのも何気に面白い話だが、これもプレイヤー出身の熟練者だからこそ垣間見る事の出来た領域。カタルシスが移入するプレイの抑揚をプログラムで表現しようと思うこと自体がそもそもの誤り。何れにせよ、84年の「フェノミナ」や89年の"LA CHIESA"でもプログラムのスキルを存分に活かすピニャテッリだが、当時、実質一人でゴブリンの看板を背負っていた事については、有効状態が継続されていたチネヴォックスとの古い契約を他のメンバーが行使する意思を示していなかったため。「フェノミナ」の一部のトラックではシモネッティとのコラボも実現しているが、これはシモネッティも権利を行使できる立場にあったと云う経緯。
from Today to the Future
マランゴーロ名義の"DAY BY DAY(2001)"を経た05年には、シモネッティを除く「ローラー」時代のメンツと共に"BACK TO THE GOBLIN 2005"で完全復活を遂げるピニャテッリだが、スコアを手掛けた映画の人気がメディアを通じて世代間も渡り歩く事を考慮すれば、バンドキャリアの灯も消し去っては欲しくない所。映画メディアの人気に準じてゴブリンの名前が世代間を渡り歩く事も明白なので。
various works
year title participated with:
1975 GOBLIN - Profondo Rosso as Goblin
CHERRY FIVE - Cherry Five Morante, Simonetti
FABIO FRIZZI - Amore Libero Martino, Morante, Simonetti
V. TEMPERA e F. BIXIO - La Preda Martino, Morante, Simonetti
NICK VINCENTI - Blue Frog Martino, Morante, Simonetti
IL REALE IMPERO BRITANNICO - Perché si uccidono (release: 1976) Martino, Morante, Simonetti
ENRICO SIMONETTI - Gamma Guarini, Martino, Morante, Simonetti
1976 GOBLIN - Roller as Goblin
GOBLIN - Chi? (7" single) as Goblin
1977 GOBLIN - Suspiria as Goblin
GOBLIN - La via della droga as Goblin
ENZO CARELLA - Vocazione
1978 GOBLIN - Il fantastico viaggio del 'Bagarozzo' Mark as Goblin
GOBLIN - Zombi as Goblin
GOBLIN - Yell (7" single) as Goblin
EASY GOING - Easy Going Martino, Simonetti
CLAUDIO BAGLIONI - E Tu Come Stai?
GIORGIO FARINA - Discocross Ag. Marangolo, Morante, Simonetti
STELVIO CIPRIANI - Solamente Nero Ag. Marangolo, Morante, Simonetti
STELVIO CIPRIANI - Un' Ombra Nell' Ombra Ag. Marangolo, Morante, Simonetti
NADA - Pasticcio Universale / Anche se fosse (7" single)
1979 GOBLIN - Amo non amo as Goblin
GOBLIN - Squadra Antigangsters as Goblin
GOBLIN - Patrick as Goblin
GOBLIN - Buio Omega as Goblin
FEDERICO TROIANI - Federico Troiani Ag. Marangolo, Pennisi
ANTONELLO VENDITTI - Buona Domenica Guarini, Ag. Marangolo, Martino, Morante
DARIO FARINA - Destinazione Tu Guarini, Ag. Marangolo, An. Marangolo
STARTER (POLE POSITIONS) - Ski Pass / You've Got To Change (7" single) Guarini, Ag. Marangolo, Pennisi
1980 GOBLIN - Contamination as Goblin
MARRAS - Stazzi Uniti Ag. Marangolo, An. Marangolo
VINCENZO SPAMPINATO - Dolce e Amaro Ag. Marangolo
V. TEMPERA e F. BIXIO - White "Pop" Jesus (soundtrack) Guarini, Ag. Marangolo, Pennisi
1981 EDOARDO DE ANGELIS - Anche Meglio di Garibaldi Guarini, Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pennisi
MIMMO CAVALLO - Uh, Mamma'! Ag. Marangolo
1982 GOBLIN - Volo as Goblin
SIMONETTI-PIGNATELLI-MORANTE - Tenebre Morante, Simonetti
MASSIMO MORANTE - Corpo A Corpo Guarini, Morante
EDUARDO DE CRESCENZO - Amico che Voli Ag. Marangolo
NADA - Ti Stringero Guarini, Lusini, Rinalduzzi, Wilson
NADA - Ti Stringero / Sei Matto (7" single) Guarini, Lusini, Rinalduzzi, Wilson
FRANCESCO VERDINELLI - Francesco Verdinelli
1983 GOBLIN - Notturno as Goblin
CLAUDIO SIMONETTI - Sanremo Dance Martino, Simonetti
EASY GOING - The Best of Easy Going Martino, Simonetti, Wilson
NADA - Smalto Guarini, Rinalduzzi, Wilson
Various - FF.SS. (soundtrack) Martino
1984 GOBLIN (Various) - Phenomena as Goblin / Simonettii
GOBLIN - Phenomena (1997) as Goblin / Simonetti
MARINA ARCANGELI - Marina Arcangeli
MARINA ARCANGELI - Io Amo (EP)
SAMMY BARBOT - Groovy (12" single) Martino
MIKE FRANCIS - Let me in (7" and 12" single)
NADA - Non Cresceremo Mai Guarini
AMII STEWART - Try Love Ag. Marangolo, Martino, Pennisi, Rinalduzzi
ANTONELLO VENDITTI - Cuore Rinalduzzi, Wilson
1985 CLAUDIO SIMONETTI - Skywalker (mini LP) Martino, Rinalduzzi, Simonetti
GLORIA - Le donne italiane / Piccole esigenze (7" single) Guarini
MIA MARTINA E LA MACCHINA - Spaccami il Cuore (7" single)
ANTONELLO VENDITTI - Centocittà Rinalduzzi, Wilson
1986 MANUEL FRANJO - I Need Love
MIKE FRANCIS - Mike Francis Ag. Marangolo
ANNA RUSTIKANO - Protagonista
ANTONELLO VENDITTI - Troppo Forte (soundtrack) Rinalduzzi, Wilson
ANTONELLO VENDITTI - Venditti e Segreti An. Marangolo, Rinalduzzi, Wilson
1987 STEFANO RUBINO - C'era una volta
RENATO ZERO - Zero Ag. Marangolo, Martino, Pennisi
1988 ANTONELLO VENDITTI - In Questo Mondo di Ladri Rinalduzzi, Wilson
1989 GOBLIN (Various) - La chiesa as Goblin
1990 FLAVIA FORTUNATO - Piccole Danze
1991 MIKE FRANCIS - In Italiano
GEGE TELESFORO - Gege Telesforo Ag. Marangolo, Rinalduzzi
ANTONELLO VENDITTI - Benvenuti in Paradiso Wilson
1992 ENZO CARELLA - Carella De Carellis Ag. Marangolo, Guarini, Pennisi
1993 LORELLA CUCCARINI - Voci
PAOLA MASSARI - Il Vento Matteo
RENATO ZERO - Quando non sei più di nessuno
1994 GIORGIA - Giorgia Wilson
2001 GOBLIN - Non ho sonno as Goblin
AGOSTINO MARANGOLO - Day by Day Ag. Marangolo, An. Marangolo, Pennisi
2004 ALEX BARONI - C'é di piú Ag. Marangolo, Rinalduzzi, Wilson
2005 GOBLIN - Back To The Goblin 2005 as Goblin

Soundtrack
year Domestic Title: includes media/tv titles Original Title participated with:
1975 none Gamma (TV) Martino, Morante, Simonetti
none Amore Libero - Free Love Martino, Morante, Simonetti
none La Preda Martino, Morante, Simonetti
青い体験・禁じられた十代の好奇心 (未) Grazie... nonna Martino, Morante, Simonetti
サスペリアPART2 Profondo rosso as Goblin
1976 none Perché si uccidono Martino, Morante, Simonetti
none Chi? (TV) as Goblin
none Spermula as Goblin (uncredited)
1977 マーティン 呪われた吸血少年 (未) Martin as Goblin (Italian Cut)
サスペリア Suspiria as Goblin
ローマ麻薬ルート大追跡 (未) La via della droga as Goblin
1978 none Solamente Nero Ag. Marangolo, Morante, Simonetti
ゾンビ Zombi a.k.a. Dawn of the Dead as Goblin
none Squadra antimafia as Goblin
1979 none Un' Ombra Nell' Ombra Ag. Marangolo, Morante, Simonetti
ジャクリーン・ビセット 抱いて… (未) Amo non amo as Goblin
none Squadra antigangsters as Goblin
パトリック (未) Patrick as Goblin (Italian Cut)
ビヨンド・ザ・ダークネス 嗜肉の愛 (未) Buio Omega as Goblin
1980 none White "Pop" Jesus Ag. Marangolo, Pennisi
エイリアンドローム (未) Contamination as Goblin
呪われた修道院 (未) L'altro inferno as Goblin (non original tracks)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド (未) Night of the Zombies as Goblin (non original tracks)
1981 セントヘレナズ・ピーク 恐怖の大噴火 (未) St. Helens as Goblin
1982 シャドー Tenebre as Simonetti-Pignatelli-Morante
1983 none F.F.S.S. Martino
none Il Ras del Quartiere as Goblin (uncredited)
スパイ・コネクション (TV) Notturno (TV) as Goblin
1985 フェノミナ Phenomena as Goblin, Claudio Simonetti
1986 none Troppo Forte Rinalduzzi, Wilson
1989 デモンズ3 La Chiesa as Goblin
1990 デモンズ6 最終戦争 (未) Il gatto nero Goblin (uncredited)
2001 スリープレス Non ho sonno as Goblin

Self Appearance
year Title
1975 GOBLIN - Adesso Musica "Profondo Rosso" - Rai Uno (TV)
1976 GOBLIN - Adesso Musica "Roller" - Rai Uno (TV)
1977 GOBLIN - Discoring "Suspiria" - Rai Uno (TV)
1978 GOBLIN - Discoring "Opera Magnifica" - Rai Uno (TV)
GOBLIN - MIMS 78 Sanremo - La Teleinformatica (TV)
1982 SIMONETTI-PIGNATELLI-MORANTE - Discoring "Tenebre" - Rai Uno (TV)
SIMONETTI-PIGNATELLI-MORANTE - Festival della Musica da Discoteca "Tenebre" - Rai Uno (TV)
SIMONETTI-PIGNATELLI-MORANTE - Blitz "Profondo Rosso" - Rai Uno (TV)
1987 GOBLIN - Canzonissime "Profondo Rosso" - Rai Uno (TV)
2003 CLAUDIO SIMONETTI / GOBLIN - Stracult (including various footage) - Rai Due (TV)

Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.