Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
Varoius - Italy
Il caso Moro (1986) - Italy
Soundtrack LP - Italy
Il caso Moro (1986) -LP Italy
Various - Germany
Il caso Moro (1986) - Germay
VHS - Italy
Il caso Moro (1986) - VHS Italy

Il caso Moro (1986) - VHS Italy

Il caso Moro (1986) - VHS Italy
DVD - Italy
Il caso Moro (1986) - DVD Italy

Il caso Moro (1986) - DVD Italy

Il caso Moro (1986) - DVD Italy

Il caso Moro (1986) - DVD Italy

Il caso Moro (1986) - DVD Italy

Il caso Moro (1986) - DVD Italy
Various - Germany
Il caso Moro (1986) - Germany
VHS - Japan
Il caso Moro (1986) - VHS Japan

Il caso Moro (1986) - VHS Japan
Book - Various
Il caso Moro (1986) - Book

Il caso Moro (1986) - Book

Il caso Moro (1986) - Book
IL CASO MORO
also known as Release Year
首相暗殺 (Japan - video)
Die Affäre Aldo Moro (West Germany)
El caso Moro (Spain)
Erythres taxiarhies: Ypothesi Moro (Greece)
Sprawa Moro (Poland)
The Moro Affair (undefined)
Italy: 1986
West Germany: February 1987
(Berlin International Film Festival)
Country Runtime
Italy 118 min.
Introduction
1978年3月16日午前9時15分、ローマ。キリスト教民主党総裁の元首相アルド・モロが極左集団「赤い旅団」に拉致される。キ民党総裁モロを人民裁判の被告とする犯行声明分を報道機関に送りつけた一味は、やがて獄中の仲間の釈放をその要求として明らかにするが、さまざまな思惑が交錯する政府の応対は強硬姿勢を揺るがさぬものだったーー
Various Notes
伊元首相アルド・モロが極左組織に殺害されるまでの55日間をさまざまな視点で再現する一遍。86年度の公開作品だが、後に浮かび上がるさまざまな事実に照らし合わせれば、脚色部分の印象もメディアリリース当時とはガラリと変わる。「夜よ、こんにちは (2003)」と併せて鑑賞するのも面白い。脚本は「ジャクリーン・ビセット/抱いて (1979)」「法王の銀行家/ロベルト・カルヴィ暗殺事件 (2002)」のアルメニア・バルドゥッチ、原作"Days of Wrath"著者のロバート・カッツ、そして演出も手掛ける「100日の凶弾 (1984)」「法王の銀行家/ロベルト・カルヴィ暗殺事件 (2002)」のジュゼッペ・フェラーラ。音楽はピノ・ドナジオ。スリリングなテーマ曲はかなりのインパクト。鋭角なアコピ+シンセのユニゾンによるベースラインではグアリニも存分にアピール。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
「多国籍企業によるSIM(Stato Imperialista delle Multinazionali)が西側各国の上に超政府を形成する中、政治的・社会的に人民を圧殺する。モロ総裁こそがその命令執行者。」と誘拐実行のリーダーが与太話を並べる中、一方のモロ総裁は、「党内で決議される政策など下らぬ事情や利害などが複雑に絡み合った偶然の所産。キ民党の議員など派閥間の泥仕合で頭が一杯で、超政府や大計画の話など荒唐無稽に他ならない。」と説き伏せているが、権力闘争の鍔迫り合いの渦中で民共両派の架け橋となった総裁にしてみれば、拉致される理由など皆目見当もつかなかったはず。左派を引き寄せた事が極左派の怒りを買ったとする論調も飛び交っていたようだが、これはお門違いも甚だしい。実際、右派はもとより左派の新旧勢力からもつま弾きにされる赤い旅団だが、そもそもの話、赤い旅団を支えていたのも旅団自らの主張にも飛び出す超政府よろしく的存在の貴族社会。そんなバックボーンなど露知らぬ中、プロレタリアートの政府樹立を唱えていた組織末端の若者たちも気の毒だが(参照:「夜よ、こんにちは (2003)」)、何よりムカつくのは、ブルジョアジーとプロレタリアートの双方の目線で物事を考える良心的な政治家が、私利私欲の為に反共を掲げる貴族社会に葬り去られたと云う事実。劣悪な特権階級を生み出す共産主義が煩悩まみれの人間社会では成立しない事など歴史が証明する通りだが、一方、特権意識の産物に他ならぬ世界規模でのシナルキズムと云うのもこれまた性質が悪い。と云うより、始末の悪さでは両者何ら変わらず。

以下は、誘拐から殺害までの日付順での事件の流れ。
1978年3月16日
午前9時15分、ローマの自宅を出発したキ民党総裁アルド・モロ(元首相)を極左集団「赤い旅団」が拉致。同行していた護衛官5名を殺害した一味は、怪我を負った総裁をローマ市内グラードリ街のアパートの隠れ家に軟禁。

発砲シーンが登場するのもこの冒頭と最後の暗殺シーンだけだが、機関銃乱射によるここでの護衛官殺害シーンは、GF1のソニー・コルレオーネ暗殺のシーンを髣髴とさせるインパクト。アパート階上の目撃者の部屋に発砲する情景も描かれるが、この辺りもほぼ忠実な再現だったと思われる。
3月18日
旅団のシンボル旗の前で佇むモロ総裁の写真が報道機関に送り付けられる。

この頃、捜査関係者が総裁宅を訪れた際、交霊会に立ちあった夫人から「グラードリ」と云うキーワードを聞きつけた事からローマ近郊のグラードリ村の大捜索が行われるが、実は、一味が総裁を軟禁していたのは市内の「グラードリ街」のアパートで、スクリプトではその部屋を目前にしながら取り逃がしていたと云うスリリングなシーンも登場。
3月28日
捜査当局による長引く厳戒態勢に苛立つ国内11都市のコーザ・ノストラが3月30日を期限とするモロ総裁の解放を要求。要求に応じぬ場合、「赤い旅団」の獄中メンバーを殺害する旨の声明を発表する。

このエピソードはスクリプトでは描かれず。
4月4日
ミラノのアッヴェニーレ紙に獄中メンバーの釈放を要求。

総裁のシンパだった内相に宛てた書簡が公表された事は後の展開に大きく影響。内密での交渉を支持する一派と内密の交渉では政治的価値がなくなる事を懸念する一派が衝突する中、結果的には一般公開される書簡だが、「キ民党内の機密事項を吐かせられる前に救出できなければ大変な事態を招く・・・」と云った赤裸々な内容がそのまま公開された事で強硬路線を支持する総裁の敵対派閥が活気付く。その際、「監視下」「管理下」「非難攻撃下」など「下」と云う表現の多様を「暗号」とする意見も飛び出す筆跡鑑定が行われる中、総裁の居場所を「穴倉」「地下室」「水面下」などとする憶測にも辿り着いているが、これは「湖底捜索」と云う後日行われる茶番劇の伏線にもなっている。となれば、筆跡鑑定そのものが怪しかったように思えるが、如何せん、厚さ4メートルもの氷の張った「湖底の捜索」と云う大茶番劇が仕組まれたものとは考え難かったりもする。
4月15日
人民法廷でのモロ総裁の死刑確定の声明が出される。ローマ法王のスピーチが行われたのもこの後。

赤い旅団の「人民法廷」で有罪とされた総裁だが、スクリプトによれば、実はこの段階での声明と云うのも政府に揺さぶりをかけるためのハッタリ。実行メンバーとモロ総裁のダイアローグで明確に描かれるが、一方、米国の支持を取り付けたキ民党は強硬路線の継続を決定する。ちなみに、左派との和解や新アラブ政策を推進、前線と言えるような基地を米軍に提供していなかったモロ総裁の立場を踏まえれば、米国の強硬路線支持も半ば当然のようにも思えるが、その現実の舞台裏にまではスクリプトは踏み込まず。その一方、ローマ法王が総裁の無条件解放を訴えかける中、法王までもが強硬路線を容認する展開に不信感を抱く総裁の描写については実に興味深い。「本来、主義主張もバラバラのイタリア人が何故ここまで一つの路線に纏まれるのか?」と云った総裁のダイアローグも飛び出すが、この辺りは舞台裏の真実をアピールしたかった脚色チームの精一杯の表現だったようにも思える所。
4月18日
モロ総裁の遺体をリエティ県の山脈に位置する高度1800メートルのドケッサ湖に沈めたとする声明が出される中、憲兵による大捜索が開始される。(一方、スクリプトでは、総裁を軟禁していたグラードリ街のアジトが発見されたのもこの日の出来事としている。)

実際、厚さ4メートルの氷で覆われていた湖底の捜索は、何者かによるガセネタに踊らされる茶番劇に他ならなかったが、スクリプトの方でも「赤い旅団」が使用するタイプライターとは別機種による声明文だった事や文体の僅かな違い、声明文の配布先が限定されていた事などが描かれる。また、捏造された情報を真に受けたかのような当局の応対に旅団のメンツが苛立つシーンも描かれるが、一方、強硬路線を貫く政府に対する総裁の不信感は、自身が中道左派内閣を率いていた1964年、軍部独裁を掲げるデ・ロレンツォ将軍による民主打倒のシンパが大統領府にまで巣食っていた門外不出のタブーを引き合いに赤裸々な心情が述べられる。

社会党を中心とする世間での交渉気運を強硬路線派が懸念する中、新聞各社に圧力をかけていた事も描かれるスクリプトだが、ちなみにこの際、ロッジP2の関与をほのめかす描写も寸鉄で登場。80年初頭にロッジP2のメンバーリスト(後にフリーメイスンは該当メンバーを形式的「破門」に処する)が暴露される中、85-86年度製作の本作でも当然のように描かれるP2の関与だが、そもそもP2のメンツの殆どは、CIA/MI6/バチカンによる諜報ライン(Rat Line)の形成や一連の反共活動の旗手的存在だった貴族組織マルタ騎士団(Sovrano Militare Ordine di Malta)のメンバーで、いわばP2はSMOMから派生した別働隊のような存在。ついては、貴族の大きな関与も見え隠れする事件の舞台裏だが、結論から言えば、貴族社会を起源とするNATOお抱えの秘密工作部隊「グラディオ(Gladio)」が糸を引いていたとするモロ総裁暗殺説は極めて信憑性が高い。

1990年10月24日にアンドレオッティも存在を認めた「グラディオ」だが、幼少期より有力貴族カザーティ・スタンパ(Casati Stampa)家の庇護を受けていた赤い旅団の実行工作員マリオ・モレッティ(Mario Moretti)は、アンナマリア・カザーティ・スタンパ侯爵夫人が囲っていたネオファシストの若者数人の愛人の一人だったと思われる人物(モレッティは、侯爵夫人に学資の援助を受けていた)。そのカザーティ・スタンパ家と近しい友人の自由党ジョルジオ・ベルガマスコ(Giorgio Bergamasco)は、ピエモンテの貴族エドガルド・ソーニョ・ラータ・デル・ヴァッリーノ伯爵(Edgardo Sogno Rata del Vallino)率いる民主抵抗委員会(Committee of Democratic Resistance)の創立メンバーの一人だが、スペイン市民戦争や欧州大戦を経て英国特殊作戦委員会(Special Operations Executive)に転じたヴァッリーノ主導の委員会は、グラディオの伸張的かつ核心的組織とも呼べる存在だった。セルジオ・フラミーニ(Sergio Flamigni)元伊上院議員の暴露本(数冊の著書あり)では、ネオファシストから左翼(赤い旅団)に転向していたモレッティがヴァッリーノ率いるNATO傘下の組織に支援されていた事を解き明かしているが、となれば、本作のスクリプトでもさまざまな見方を余儀なくされる。
4月20日
先の声明を捏造とする中、4月22日午後3時を期限とする獄中メンバーの釈放を要求する旅団だが、この時点では釈放の対象とする人物らの名前は明らかにされず。
4月24日
釈放の対象とする13名の獄中メンバーの名前が明らかにされる。

その水面下では「運動」を率いる社会党と旅団による1対1での人質交換が討議される中、政治的認知を絶対条件に掲げる旅団は、キ民党の公式的な交換声明なき場合の釈放を拒絶する方向性を固める。スクリプトでは、キ民党書記長の同意声明を求める実行犯リーダーと総裁夫人の電話のやり取りも描かれる中、総裁を見殺しにする政府の冷酷な応対も同時に描かれる。この際、夫人の緊急連絡もキ民党書記長のザッカニーニには伝わらなかったと云うニュアンスで纏められるスクリプトだが、実際、ザッカニーニが夫人の連絡を受けていた場合、事態がどのように変化したのかはフツーに興味深い所。また、政府のアキレス腱とも言える機密文書をネタにキ民党を揺さぶろうとする総裁の姿も描かれるスクリプトだが、その仲介役(ドン・ステファーノ神父)になだめられる中、すんなりと諦めてしまうようなオチには絶句させられる。と云うより、総裁と同様に追い詰められていたモレッティら実行犯グループが、総裁が切り札を持つ事を知りながら駄目押ししなかったというのもフツーにおかしい。と云うか、モレッティら実行犯がグラディオ主導の陰謀の単なる実行役だったとすれば話も別。後段のセンチな描写にはググッと来た事も確かだが、やはりこの辺りのスクリプトでは、ある種の矛盾も露呈されている。
5月2日
ミラノに旅団の幹部が集結する中、モロ総裁の処刑が議決される。(ちなみに、邦版ビデオソフトの「3月2日」と云う字幕テロップは誤り。正しくは「5月2日」。)
5月5日
モロ総裁の死刑執行が予告される。

この直後、旅団の武装闘争に意見を二分する「運動」のアーカイヴ映像も挿入される中、モンタルチーニ街(ローマ)の軟禁場所に足を踏み入れた捜査班が、あろう事か一味を取り逃がすシーンも登場。後に逮捕される実行犯一味の供述が何処まで正確に反映された脚色だったのかは知らないが、一連の描写が事実だったとすれば、これはあまりに辛すぎる。と云うか、仕組まれていた暗殺を捜査当局に責任転嫁する特定筋寄りの脚色のようにも思える微妙なシーンだが、何れにせよ、これは総裁のご遺族には耐えられぬ映像だったはず。
5月9日
午後1時半、ローマ市内中心部のガエターニ通り(共産党本部まで50メートルの位置)に路上駐車された車中で銃殺された総裁の遺体が発見される。

実際には両手両足を鎖で繋がれていたという総裁の遺体だが、劇中では自ら車中に乗り込んで赤い毛布を被った直後に射殺されると云う描写。誘拐に関与した実行犯については、後日、その全員が逮捕される中、無期懲役22名を含む有罪判決が下される。

社会党の主導で行われていた病気の女囚1名だけを特赦する交渉案については、強硬路線を貫くキ民党でも可決される直前だったようにも描かれるスクリプトだが(その決議中にモロ総裁の訃報が入ると云う流れ)、この辺りの真相については謎のまま。と云うより、実に疑わしい。キ民党が特赦の決議に入っていたのであれば、その動きは旅団とのパイプを持つ社会党にも伝えられていたはずだが、処刑直前に社会党が仕入れた情報は女囚の特赦も完全否定するものだったはず。二の足を踏む捜査当局が2度にも渡り逮捕を逃していた描写など、その全てが事実であれば赤裸々なスクリプトだった事に違いはないが、最終的には総裁の敵対派閥で占められていたと言っても過言ではないキ民党の内情を描く辺りについては、やはり淡白な印象も否めない。と云うか、これも全世界配信の映像では当たり前の話。ちなみにスクリプトに実名が登場するのも、党書記長のベニーニョ・ザッカニーニ、首相のジュリオ・アンドレオッティ、内務大臣のフランチェスコ・コッシーガ(後の第62代首相/第8代大統領)、交渉路線の先鋒とされたクラクシら数名だけである。

事件の黒幕とも囁かれる「グラディオ」の組織名は、ローマの短剣"Gladio"に因んだものらしいが、モロ総裁の遺体が遺棄された現場は、グラディエーターの闘技場「コロセウム」の外。この辺りの関連については、国防情報庁(Servizio Informazioni Difesa)内部のスポークスマンとしても表舞台に立っていた週刊誌Opの編集者ミーノ・ペコレッリ(Mino Pecorelli)が記事にしているが、事件当時の首相アンドレオッティが総裁の暗殺に関与していた事を暴こうとしていたペコレッリは、総裁の他界から10ヵ月後の1979年3月20日にマフィアの手で暗殺されている。ちなみに2002年11月、マフィアへのペコレッリ殺害依頼容疑で一度は有罪判決を受けたアンドレオッティだが、その翌年10月には逆転無罪の判決が出される事に。
製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ジュゼッペ・フェラーラ
Giuseppe Ferrara
Bambini nell'acquedotto (1960)
Inchiesta a Perdasdefogu (1961)
かくしカメラの眼 I misteri di Roma (1963)
Il sasso in bocca (1969) (also writer/editor)
Le castagne sono buone (1970) (actor)
Una città malata (1973)
La città del malessere (1973)
Faccia di spia (1975) (also writer)
Panagulis vive (1980) (also writer) (tv)
100日の凶弾(未)
 Cento giorni a Palermo (1984) (also story/screenplay)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) (also screenplay/actor)
La posta in gioco (1988) (writer)
Contra-diction: il caso Nicaragua (1988)
Narcos (1992) (also story/screenplay)
Giovanni Falcone (1993) (also story/screenplay)
Segreto di stato (1995)
Donne di mafia (2001) (also writer) (tv)
法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件 I banchieri di Dio (2002) (also writer)
Guido che sfidò le Brigate Rosse (2007) (also screenplay)
製作
Produced by
マウロ・ベラルディ
Mauro Berardi
ジョディ・フォスター 避暑地のラブ・ストーリー(未)
 Casotto (1977)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ホテルコロニアル(未) Hotel Colonial (1987)
原作
Based on the book "Days of Wrath" by
ロバート・カッツ
Robert Katz
* 脚色も兼任
原作
Based on the book "Il caso Moro" by
レオナルド・スチャスチャ
Leonardo Sciascia
悪い奴ほど手が白い A ciascuno il suo (1967)
マフィア(未) Il giorno della civetta (1968)
ローマに散る Cadaveri eccellenti (1976)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
宣告 Porte aperte (1990)
脚色
Screenpaly by
アルメニア・バルドゥッチ
Armenia Balducci
無常なるかな人生(未) Un giorno in pretura (1954) (cast)
死刑台のメロディ Sacco e Vanzetti (1971) (cast)
ジャクリーン・ビセット 抱いて(未) Amo non amo (1979) (also director)
Stark System (1980)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
Narcos (1992) (also story)
Giovanni Falcone (1993)
法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件 I banchieri di Dio (2002)
ロバート・カッツ
Robert Katz
裂けた鉤十字 ローマの最も長い一日(未)
 Rappresaglia (1973)
カサンドラ・クロス The Cassandra Crossing (1976)
残酷を超えた驚愕ドキュメント カランバ
 Dolce e selvaggio (1983) (English dialogue)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
シシリアン・マフィア 血と復讐の詩(未)
 Il cugino americano (1986)
ホテルコロニアル(未) Hotel Colonial (1987)
プレイグ La peste (1992) (narration)
ジュゼッペ・フェラーラ
Giuseppe Ferrara
* 監督も兼任
撮影
Cinematography by
カミーロ・バッツォーニ
Camillo Bazzoni
地獄の一匹狼 Vivo per la tua morte (1968) (director)
無頼漢戦隊 Commando suicida (1968) (director)
マフィア秘話・囮の復讐(未)
 E venne il giorno dei limoni neri (1970) (director)
美しき少年 エルネスト Ernesto (1979)
パルムの僧院 La certosa di Parma (1981) (tv)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
女たちのテーブル Speriamo che sia femmina (1986)
若妻の匂い La bonne (1986)
流されて2 Notte d'estate con profilo greco, occhi a mandorla e odore di basilico (1986)
編集
Edited by
ロベルト・ペルピニャーニ
Roberto Perpignani
革命前夜 Prima della rivoluzione (1964)
暗殺のオペラ Strategia del ragno (1970)
ラストタンゴ・イン・パリ Ultimo tango a Parigi (1972)
アロンサンファン 気高い兄弟 Allonsanfan (1973)
明日なき夕陽
 Blu gang vissero per sempre felici e ammazzati (1973)
悦楽の闇 Divina creatura (1975)
父 パードレ・パドローネ Padre padrone (1977)
監督ミケーレの黄金の夢 Sogni d'oro (1981)
サン★ロレンツォの夜 La notte di San Lorenzo (1982)
カオス・シチリア物語 Kaos (1984)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
グッドモーニング・バビロン! Good Morning, Babylon (1987)
太陽は夜も輝く Il sole anche di notte (1990)
ブルー・イグアナの夜 Dancing at the Blue Iguana (2000)
美術
Production Design by
フランチェスコ・フリジェリ
Francesco Frigeri
女テロリストの秘密 Segreti segreti (1985) 
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
仮面の愛 マスカレード La putain du roi (1990)
海の上のピアニスト
 La leggenda del pianista sull'oceano (1998)
マレーナ Malèna (2000)
リプリーズ・ゲーム(未) Ripley's Game (2002)
パッション The Passion of the Christ (2004)
赤いアモーレ Non ti muovere (2004)
衣装デザイン
Costume Design by
ラウラ・ヴィッカーリ
Laura Vaccari
100日の凶弾(未) Cento giorni a Palermo (1984)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
特殊効果
Special Effects by
ジョヴァンニ・コッリドーリ
Giovanni Corridori
荒野の用心棒 Per un pugno di dollari (1964)
夕陽のガンマン Per qualche dollaro in più (1965)
続・夕陽のガンマン 地獄の決斗 Il buono, il brutto, il cattivo (1966)
ビッグ・バイオレンス(未) Il grande racket (1976)
サンゲリア Zombi 2 (1979)
エイリアンドローム(未) Contamination (1980)
シャドー Tenebre (1982)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo cinema Paradiso (1988)
リバイアサン Leviathan (1989)
ゴッドファーザーPART III The Godfather: Part III (1990)
クリフハンガー Cliffhanger (1993)
スタンダール・シンドローム La sindrome di Stendhal (1996)
ギャング・オブ・ニューヨーク Gangs of New York (2002)
音楽
Music by
ピノ・ドナジオ
Pino Donaggio
赤い影 Don't Look Now (1973)
黒い法廷(未) Corruzione al palazzo di giustizia (1975)
暗闇のささやき(未) Un sussurro nel buio (1976)
キャリー Carrie (1976)
ピラニア Piranha (1978)
デビルズ・ゾーン Tourist Trap (1979)
悪夢のファミリー(未) Home Movies (1980)
殺しのドレス Dressed to Kill (1980)
デシデーリア=欲望 Desideria: La vita interiore (1980)
ハウリング The Howling (1981)
ルチオ・フルチの恐怖!黒猫(未)
 Black Cat (Gatto nero) (1981)
殺しのファンレター(未) The Fan (1981)
ミッドナイトクロス Blow Out (1981)
テックス Tex (1982)
愛の謝肉祭(未) Oltre la porta (1982)
Don Camillo (1983)
超人ヘラクレス(未) Hercules (1983)
黄昏のブルックリン・ブリッジ(未)
 Over the Brooklyn Bridge (1984)
ボディ・ダブル Body Double (1984)
Déjà Vu (1985)
爆走戦士ストライカー(未) Savage Dawn (1985)
Sette chili in sette giorni (1986)
卍 ベルリン・アフェア(未) The Berlin Affair (1985)
超人ヘラクレス2(未)
 Le avventure dell'incredibile Ercole (1985)
ドレスの下はからっぽ(未) Sotto il vestito niente (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
勃発!第3次世界大戦  ミサイル・パニック
 The Fifth Missile (1986) (tv)
クロールスペース Crawlspace (1986)
肉体のバイブル 禁断の賛美歌(未) La Monaca di Monza (1987)
ホテルコロニアル Hotel Colonial (1987)
グレート・バーバリアン(未) The Barbarians (1987)
アフリカン・アドベンチャー そんなバナナ!?(未)
 Going Bananas (1987)
Amantide - Scirocco (1987)
デ・ジャ・ヴュ Jenatsch (1987)
ダンサー Dancers (1987)
デッド・チャンネル Qualcuno in ascolto (1988)
ヘルバランス(未) Un delitto poco comune (1988)
ゼリーと私(未) Zelly and Me (1988)
死海殺人事件 Appointment with Death (1988)
ギャンブル 愛と復讐の賭け(未) La partita (1988)
悪霊墓地カタコーム(未) Catacombs (1988)
カンザス カンザス経由→N.Y.行き Kansas (1988)
愛のかたち Rito d'amore (1989)
インディオ(未) Indio (1989)
ナイト・ゲーム 殺意のスタジアム(未) Night Game (1989)
マスターズ・オブ・ホラー 悪夢の狂宴(未)
 Due occhi diabolici (1990)
ビースト・キッス Meridian (1990)(ov)
アフタヌーンティーはベッドで Cin cin (1991)
わが目の悪魔(未) Der Mann nebenan (1991)
デモンズ4(未) La setta (1991)
レイジング・ケイン Raising Cain (1992)
トラウマ 鮮血の叫び Trauma (1993)
スペース・リザード3001 宇宙の極道蜥蜴 Oblivion (1994)
ストレンジャー Never Talk to Strangers (1995)
オーメン黙示録(未) L'arcano incantatore (1996)
背徳令嬢 II(未) Monella (1998)
背徳令嬢(未) Trasgredire (2000)
真夜中の銃声(未) Up at the Villa (2000)
ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン The Order (2001)
法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件 I banchieri di Dio (2002)
ローマン・エンパイア Imperium: Augustus (2003) (tv)
チャイルド・プレイ チャッキーの種 Seed of Chucky (2004)
DO YOU LIKE HITCHCOOK? ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?
 Ti piace Hitchcock? (2005) (tv)
演奏/その他
Music Department
マウリツィオ・グアリニ
Maurizio Guarini
(uncredited)
フィルムのページはこちら
Here's the filmography
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジャン・マリア・ヴォロンテ
Gian Maria Volontè
Aldo Moro 祖国は誰のものぞ Le quattro giornate di Napoli (1962)
荒野の用心棒 Per un pugno di dollari (1964)
夕陽のガンマン Per qualche dollaro in più (1965)
群盗荒野を裂く El chuncho, quien sabe? (1966)
悪い奴ほど手が白い A ciascuno il suo (1967)
血斗のジャンゴ Faccia a faccia (1967)
ミラノの銀行強盗 Banditi a Milano (1968)
蠍座の星の下で(未) Sotto il segno dello scorpione (1969)
山いぬ L'Amante di Gramigna (1969)
総進撃 Uomini contro (1970)
殺人捜査
 Indagine su un cittadino al di sopra di ogni sospetto (1970)
東風 Le vent d'est (1970)
仁義 Le cercle rouge (1970)
死刑台のメロディ Sacco e Vanzetti (1971)
労働者階級は天国に入る(未)
 La classe operaia va in paradiso (1971)
黒い砂漠 Il caso Mattei (1972)
影の暗殺者 フランスの陰謀(未) L'Attentat (1972)
コーザ・ノストラ Lucky Luciano (1973)
エボリ Cristo si è fermato a Eboli (1979)
パルムの僧院 La certosa di Parma (1981) (tv)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
予告された殺人の記録
 Cronaca di una morte annunciata (1987)
黒の過程 L'oeuvre au noir (1988)
宣告 Porte aperte (1990)
マッティア・スブラジア
Mattia Sbragia
1st Brigadist 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ダイヤル・ヘルプ(未) Minaccia d'amore (1988)
オンリー・ユー Only You (1994)
イヤー・オブ・ザ・ガン Year of the Gun (1991)
ヘヴン Heaven (2002)
悪霊喰 The Order (2003)
パッション The Passion of the Christ (2004)
ブルーノ・ザニン
Bruno Zanin
2nd Brigadist フェリーニのアマルコルド Amarcord (1973)
楡の木陰の愛 La prima volta sull'erba (1974)
黒い霧の警察(未) La polizia ha le mani legate (1974)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
コンスエロ・フェラーラ
Consuelo Ferrara
3rd Brigadist トリエステから来た女 La ragazza di Trieste (1982)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
いつか見た風景 Storia di ragazzi e di ragazze (1989)
オーメン黙示録(未) L'Arcano incantatore (1996)
エンリカ・マリア・モドゥーニョ
Enrica Maria Modugno
4th Brigadist カオス・シチリア物語 Kaos (1984)
僕のビアンカ Bianca (1984)
ジュリオの当惑 La messa è finita (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
いつか見た風景 Storia di ragazzi e di ragazze (1989)
エンリカ・ロッソ
Enrica Rosso
5th Brigadist 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
Man on Fire (1987)
マウリツィオ・ドナドーニ
Maurizio Donadoni
6th Brigadist ピエラ・愛の遍歴 Storia di Piera (1983)
未来は女のものである Il futuro è donna (1984)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
デッド・チャンネル Qualcuno in ascolto (1988)
ベアーズ・キス Bear's Kiss (2002)
氷の挑発2(未) Mare nero (2006)
ステファノ・アッバーティ
Stefano Abbati
7th Brigadist 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
肉体の悪魔 Il diavolo in corpo (1986)
サバス La visione del Sabba (1988)
Segreto di stato (1995)
息子の部屋 La stanza del figlio (2001)
輝ける青春 La meglio gioventù (2003)
ダニーロ・マッテイ
Danilo Mattei
8th Brigadist 人喰族(未) Cannibal ferox (1981)
Vai alla grande (1983)
アイアン・マスター(未)
 La guerra del ferro - Ironmaster (1983)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
シシリアン The Sicilian (1987)
マッシモ・テッデ
Massimo Tedde
9th Brigadist 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
フランチェスコ・カピターノ
Francesco Capitano
10th Brigadist 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
新サスペリア(未) L'assassino è ancora tra noi (1986)
マルガリータ・ロサーノ
Margarita Lozano
Nora Moro ビリディアナ Viridiana (1961)
バルセロナ物語 Los Tarantos (1963)
荒野の用心棒 Per un pugno di dollari (1964)
ロザリオの悲しみ La Monaca di Monza (1969)
さらば恋の日 Un bellissimo novembre (1969)
豚小屋 Porcile (1969)
ローカル・サッカー・クラブのヒーロー(未)
 Il presidente del Borgorosso Football Club (1970)
サン★ロレンツォの夜 La notte di San Lorenzo (1982) 
ジュリオの当惑 La messa è finita (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) 
天国の半分 La mitad del cielo (1986)
愛と宿命の泉 PART I フロレット家のジャン
 Jean de Florette (1986)
愛と宿命の泉 PART II 泉のマノン Manon des sources (1986)
グッドモーニング・バビロン! Good Morning, Babylon (1987)
太陽は夜も輝く Il sole anche di notte (1990)
セルジオ・ルビーニ
Sergio Rubini
Giovanni Moro 背徳の情炎(未) Desiderando Giulia (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) 
青春の形見 Il grande Blek (1987)
インテルビスタ Intervista (1987)
殺意のサン・マルコ駅
 La stazione (1990) (also writer/director)
ザ・ブロンド La bionda (1992) (also writer/director)
記憶の扉 Una pura formalità (1994)
ニルヴァーナ Nirvana (1997)
リプリー The Talented Mr. Ripley (1999)
パッション The Passion of the Christ (2004)
ダニエラ・デ・シルヴァ
Daniela De Silva
Maria Fida Moro 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) 
エマヌエラ・タスキーニ
Emanuela Taschini
Anna Moro ハード・デザイアー 真夜中の貴婦人(未)
 La signora della notte (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) 
ジネーラ・ヴォッカ
Ginella Vocca
Agnese Moro 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) 
ウンベルト・ラホ
Umberto Raho
Customhouse Officer 地球最後の男(未) The Last Man on Earth (1964)
幽霊屋敷の蛇淫 Danza macabra (1964)
ロミオとジュリエット Giulietta e Romeo (1964)
殺し屋がやって来た L'Uomo dalla pistola d'oro (1966)
海底決戦隊 Cifrato speciale (1966)
続 殺しへの招待 ブレーク・アップ作戦
 Agente segreto 777 - Invito ad uccidere (1967)
歓びの毒牙 L'Uccello dalle piume di cristallo (1970)
告白 L'Aveu (1970)
処刑男爵(未) Gli orrori del castello di Norimberga (1972)
家族の肖像 Gruppo di famiglia in un interno (1974)
脱獄の報酬(未) L'Année sainte (1976)
Mr.レディMr.マダム3 ウエディングベル
 La cage aux folles 3 - 'Elles' se marient (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986) 
ザ・ブロンド La bionda (1992)
ダブルチーム Double Team (1997)
シルヴェリオ・ブラジ
Silverio Blasi
Army General コーザ・ノストラ Lucky Luciano (1973)
ローマに散る Cadaveri eccellenti (1976)
エボリ Cristo si è fermato a Eboli (1979)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
宣告 Porte aperte (1990)
フランコ・トレヴィージ
Franco Trevisi
Police Officer ある愚か者の悲劇(未) La tragedia di un uomo ridicolo (1981)
フェノミナ Phenomena (1985)
炎のレジスタンス(未) The Assisi Underground (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ジンジャーとフレッド Ginger e Fred (1986)
シシリアン The Sicilian (1987)
エネミー・ウォー(未) Tempo di uccidere (1991)
遙かなる帰郷 La tregua (1997)
ファルコーネ マフィア大捜査線(未) Excellent Cadavers (1999)
ノーラ・ジョイス 或る小説家の妻 Nora (2000)
ナイト・オブ・ゴッド(未) I cavalieri che fecero l'impresa (2001)
ジュゼッペ・フェラーラ
Giuseppe Ferrara
CC Colonel * 脚色/監督も兼任
ピーノ・フェラーラ
Pino Ferrara
CC Colonel サンタ・ビットリアの秘密 The Secret of Santa Vittoria (1969)
マフィア・コネクション(未) L'Onorata famiglia (1973)
ナポリ犯罪ルート(未) Napoli violenta (1976)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ニコラ・ディ・ピント
Nicola Di Pinto
Police Officer 僕のビアンカ Bianca (1984)
女テロリストの秘密 Segreti segreti (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
“教授”と呼ばれた男(未) Il camorrista (1986)
ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo cinema Paradiso (1988)
みんな元気 Stanno tutti bene (1990)
記憶の扉 Una pura formalità (1994)
題名のない子守唄 La sconosciuta (2006)
ダニエーレ・ドゥブリーノ
Daniele Dublino
President
of the Council
蠍座の星の下で(未) Sotto il segno dello scorpione (1969)
特攻大戦線 Corbari (1970)
タランチュラ La Tarantola dal ventre nero (1971)
白い牙(未) Zanna Bianca (1973)
ビッグ・バイオレンス(未) Il grande racket (1976)
ゲシュタポ 背徳の嵐(未) Le lunghe notti della Gestapo (1977)
野獣死すべし(未) Luca il contrabbandiere (1980)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
Interdit アンテルディ 禁じられた愛(未)Un amour interdit (1984) 
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ピエロ・ヴィーダ
Piero Vida
Secretary
of the PSI
荒野のお尋ね者 Sette winchester per un massacro (1968)
サスペリアPART2 Profondo rosso (1975)
1900年 Novecento (1976)
ノスタルジア Nostalghia (1983)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
“教授”と呼ばれた男 Il camorrista (1986)
ブルーノ・コラッツァーリ
Bruno Corazzari
Secretary
of the DC
殺しが静かにやって来る Il grande silenzio (1968)
サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼(未) Una nuvola di polvere... un grido di morte... arriva Sartana (1971)
ザ・ビッグマン Un uomo da rispettare (1972)
ブラック・シャツ 独裁者ムッソリーニを狙え!(未)
 Mussolini: Ultimo atto (1974)
荒野の処刑(未) I quattro dell'apocalisse (1975)
ルチオ・フルチのザ・サイキック(未) Sette note in nero (1977)
ルチオ・フルチの恐怖!黒猫(未) Black Cat (Gatto nero) (1981)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
アマゾン・アドベンチャー グリーン・インフェルノ(未)
 Natura contro (1988)
復讐のキリマンジャロ Mal d'Africa (1990)
ボディ・パズル(未) Body Puzzle (1991)
ガブリエーレ・ヴィッラ
Gabriele Villa
State Minister 青春のダンスミュージック(未) Dance music (1984)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
フランチェスコ・カルネルッティ
Francesco Carnelutti
Secretary
of the PCI
ロザリオの悲しみ La Monaca di Monza (1969)
狼の日曜日・狂暴ジャック(未) Goodbye e amen (1977)
コンコルド Concorde Affaire '79 (1979)
アレクサンダー大王 O Megalexandros (1980)
炎のレジスタンス(未) The Assisi Underground (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
インクアイリー 審問 L'inchiesta (1986)
建築家の腹 The Belly of an Architect (1987)
ファルコーネ マフィア大捜査線
 Excellent Cadavers (1999) (tv)
悪霊喰 The Order (2003)
ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2006)
パオロ・マリア・スカロンドロ
Paolo Maria Scalondro
(as Paolo M. Scalondro)
Assistant Secretary
of the PSI
* クレジットは「パオロ・M.スカロンドロ」
バチカンの嵐 Monsignor (1982)
サイボーグ・ハンター ニューヨーク2019年(未)
 2019 - Dopo la caduta di New York (1983)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
Grey Zone 謎の青いコート(未) Le mani forti (1997)
スリープレス Non ho sonno (2001)
ダンテ・ビアジョーニ
Dante Biagioni
President
of the Senate
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
黄昏に瞳やさしく Verso sera (1991)
M.フェラーラ・サンタマリア
M. Ferrara Santamaria
Pope Paul VI 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
アウグスト・ズッキ
Augusto Zucchi
Father Stefani 肉体のバイブル 禁断の賛美歌(未) La Monaca di Monza (1987)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ゴルバチョフへの手紙(未) Caro Gorbaciov (1988) (writer)
ポルノ・トーク(未) Guardami (1999)
理想の女 A Good Woman (2004)
マリア・カラス 最後の恋 Callas e Onassis (2005) (tv)
ルチアーノ・バルトーリ
Luciano Bartoli
(undefined) 脱獄の報酬(未) L'année sainte (1976)
砂漠のライオン Lion of the Desert (1981)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
インクアイリー 審問 L'inchiesta (1986)
レディ・ドール3 ビザール Profumo (1987)
ヘヴン Heaven (2002)
ジョン・アームステッド
John Armstead
(undefined) 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
Troppo forte (1986)
インターゾーン 狙われた秘宝(未) Interzone (1987)
情事の報酬 Errore fatale (1988)
復讐のキリマンジャロ Mal d'Africa (1990)
ブルー・トルネード(未) Blue Tornado (1991)
海の上のピアニスト La leggenda del pianista sull'oceano (1998)
ベニート・アルテージ
Benito Artesi
(undefined) 殺しのギャンブル Camorra (1972)
傷だらけの帝王(未) L'Ambizioso (1975)
トンチキ・ポリス・アカデミー(未) Carabinieri si nasce (1985)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
若妻の匂い La bonne (1986)
アンドレア・アウレーリ
Andrea Aureli
(undefined) ユリシーズ Ulisse (1955)
海賊黒鷹 Il pirata dello sparviero nero (1959)
ハンニバル Annibale (1959)
クレオパトラ Le legioni di Cleopatra (1960)
リンゴ・キッド Johnny Oro (1966)
大西部無頼列伝 Indio Black, sai che ti dico: Sei un gran figlio di... (1971)
荒野のドラゴン Il mio nome è Shangai Joe (1972)
マッキラー(未) Non si sevizia un paperino (1972)
ザ・ボス 暗黒街の標的(未) Il Boss (1973)
ブラック・シャツ 独裁者ムッソリーニを狙え!(未)
 Mussolini: Ultimo atto (1974)
ジェンマの復讐の用心棒(未) California (1977)
Squadra antigangsters (1979)
呪われた修道院(未) L'altro inferno (1980)
尼僧の背徳 La vera storia della monaca di Monza (1980)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
トスカニーニ Il Giovane Toscanini (1988)
パプリカ(未) Paprika (1991)
サルヴァトーレ・キオージ
Salvatore Chiosi
(undefined) 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
ナディア・エリャツァリアン
Nadia Eliazarian
(undefined) 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
サルヴァトーレ・ジョンカルディ
Salvatore Gioncardi
(undefined) 首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
Nuovomondo (2006) (voice)
ヨルグ・クリマー
Jorge Krimer
(undefined) 炎のレジスタンス(未) The Assisi Underground (1985)
ナショナル・ランプーンズ・ヨーロピアン・ヴァケーション(未)
 European Vacation (1985)
法王の旅(未) Saving Grace (1985)
新サロメ(未) Salome (1986)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
肉体のバイブル 禁断の賛美歌(未) La Monaca di Monza (1987)
ロザンナのために Roseanna's Grave (1997)
ジュゼッペ・モラビート
Giuseppe Morabito
(as Pino Morabito)
(undefined) * クレジットは「ピノ・モラビート」
暗黒街の紋章 マフィアに血は生きる(未) I guappi (1973)
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.