Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
Various - Italy
Notturno - Italy
VHS - Germany
Notturno - Germany VHS

Notturno - Germany VHS
VHS - Greece
Notturno - Greece VHS
VHS - Japan
Notturno - Japan VHS #1-1

Notturno - Japan VHS #1-2

Notturno - Japan VHS #2-1

Notturno - Japan VHS #2-2

Notturno - Japan VHS #3-1

Notturno - Japan VHS #3-2

Notturno - Japan VHS #4-1

Notturno - Japan VHS #4-2
DVD - Bootleg
Notturno - Bootleg
NOTTURNO
also known as Release Date
スパイ・コネクション (Japan - video title)
Geheimkommando C.I.A. (West Germany - video title)
Spy Connection (International - English title)
Italy: January 14, 1983
Country Runtime
Italy 421 min. (incl. every intro & outro)
203 min. (Germany - video)
93 min. (Greece - video)
Introduction
英国政府の最高機密を握る二重スパイ米国で逮捕される中、その英国人スパイを駒に持つ米国ソ連との捕虜交換の交渉に乗り出す。一方、最高機密の流出を懸念する英政府は、米ソ両国の関係を悪化させるべくそれぞれの工作員暗殺など妨害工作に乗り出すが、やがて、米ソ両国間での捕虜交換が合意に至る中、英政府に残された唯一のチャンスは、2日後に迫った捕虜交換の現場で二重スパイ暗殺する事だった。厳戒態勢も予測される中、ポーランドを追われた狙撃の名手ルディンスキーに目を付けた英政府は、彼の愛娘を誘拐する事で暗殺任務強要するのだがーー
Various Notes
米ソVIP捕虜交換を背景に仰天のシナリオが進行する中、さまざまな思惑を抱える関係者の姿をペーソスたっぷりに描く。イタリア国営放送RAI制作のテレビドラマ。オリジナル脚本は、"L'esercito di Scipione"のルチア・ブルーニと演出も手掛ける「枯葉の街」のジョルジオ・ボンテンピ。デタントが終わりを告げる中、東西両陣営の新たな緊張関係を背景に描かれる仰天の顛末は、テレビドラマとも思えぬ予想外の面白さ。VHSテープにすれば4本分相当の長尺な作品だが、そんなテレビドラマならではの悠長なテンポが功を奏した数少ない一例。
ジャコ在籍時のWRを強烈に意識するゴブリンのスコアもなかなか。と云うより、タイコのマランゴーロが参加していれば、恐らくは最強のサウンドになっていたはず。クリシェでもお馴染みのテーマ曲は、あの"The Manhattan Transfer"の81年度作品"Mecca for Moderns"に収録された"Spies in the Night"のフォロワー。007のパロディと紹介される事も多いテーマ曲だが、その実、パロディでのワンクッションを経たフォロワーと云った辺りがその真実。グレイドンやフォスターにしてみればウィット以外の何ものでもなかった"Spies in the Night"だが、そんなパロディ曲のエッセンスを対極のシリアスな路線で再現したインストがこのテーマ曲だった。思えば、マントランの"Extensions"がリリースされた70年代終盤から80年代の中盤までと云えば、グレイドン+フォスターの和声アレンジがここ日本のアレンジャーにも影響を与えていた時代。ただここでは、グレイドン+フォスターの楽典的な影響と云うよりパロディ精神を倣ったと云ったもので、他は硬派なインストで占められるスコアだが、何れにせよ、全国区のグレイドン+フォスターは多少なりとも影響を与えていたと云う事。ちなみにWRが伊アーティストへ与えた影響力については、あのアレア(area)が78年9月のフィレンツェで"Black Market"を演った事や、キリコ率いるアルティ+メスティエリ(arti+mestieri)が80年4月トリノのステージで"Birdland"を演っていた事などでも明らかな所。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
メインキャラの顔ぶれとドラマ開始時点での素性。

ユレク・ラディンスキー (トニー・ムサンテ)
共産体制を批判した事からポーランドを追われた元貴族で狙撃の名手。欧州大戦の英雄だった父親と同様、10万人に一人の夜目を持つ人物。ローマ市街地を根城に免税酒の卸売りを生業にしながら妻+一男二女と共に暮らしていたが、やがて、日陰での暮らしに音を上げた妻との別居暮らしに突入する中、溺愛する末娘が誘拐される羽目に。娘の解放の条件として提示された仕事は、厳戒態勢の敷かれる深夜のローマ空港で重要人物を狙撃する事。

“コンタクト” (クラウディオ・カッシネリ)
英国情報部員を名乗る謎の人物。ウィーンでKGB幹部を暗殺したのもこの人物。祖国の機密保全と云う大義名分を掲げる中、CIAウェインと密通するメリー・アンをスパイに仕立て上げる。

シュワーベ (オメロ・アントヌッティ)
東側から亡命したフリーの工作員。想像を絶する苦節の過去から祖国に対する復讐を誓う人物。アテネでのCIA諜報員暗殺を皮切りに、ラディンスキーの娘の誘拐からラディンスキーの狙撃のお膳立てまで黒子のように動き回るのだが。

メリー・アン・スタンディッシュ (フィオレンツァ・マルケジャーニ)
在ローマ英国大使館秘書。CIAウェインと密通していた中、愛国心を唱える自称英国人の「コンタクト」によってスパイに仕立てられるが、その一方、「コンタクト」との会話を録音するなど万一の際に備える行動も。狙撃に至るまでの連絡役としてラディンスキーとの接触を余儀なくされる中、ラディンスキーとは恋仲に。

ピーター・ウェイン (マウリツィオ・メルリ)
メリーに首ったけのCIA幹部。ローマでは大使館員を装うが実は当地のCIA責任者メリー・アンとの関係は事件以前からものだが、やがて、「コンタクト」の息が掛かったメリー・アンに捕虜交換の情報を盗まれる事に。
VHS各巻(全4巻)のアウトラインは次の通り。

#1 (本編109分)
アテネとウィーンで米ソそれぞれの諜報員が暗殺される中、ローマの米大使館に駐在するCIA幹部のウェインが、米国に捕われた英国人二重スパイの核物理学者ボルストとソ連側に捕われた米側VIP捕虜のトレードに奔走する。ソ連に生まれながらも英政府顧問にまで上り詰めたボルストは、英国にとっては国家機密を握る危険人物。そんな英国人が「米国」の利益の為に東側に売り渡されそうになる中、英国情報部を名乗る謎の人物「コンタクト」が英国大使館秘書のメリー・アンに接近、「コンタクト」によってスパイに仕立て上げられたメリー・アンCIAウェインに差し向けられる。実はアテネとウィーンでの米ソ諜報員暗殺も、米ソの緊張関係を高めようとする「コンタクト」とその配下の工作員シュワーベの仕業だったが、やがて米ソが捕虜交換に合意する中、捕虜交換の現場でターゲットを射殺する事だけが「コンタクト」に残された唯一のチャンスに。しかもその舞台は、照明も点されぬ深夜の空港。ローマ警察特殊機動隊もスタンバイする空港での狙撃は、まさにゴルゴ13級のスーパーシューティングを要する状況だったが、そんな中、シュワーベに見切りを付けた「コンタクト」が白羽の矢を立てたのは、ポーランドを追われた凄腕の射撃手ルディンスキー。その選出の理由は2つ。1つ目は、ルディンスキー10万人に一人といわれる夜目の持ち主だった事。2つ目は、プロの殺し屋ではないルディンスキーを背後から操る事で、黒幕の存在を伏せて於ける為。やがて、ルディンスキーの娘を誘拐した「コンタクト」は、メリー・アンを連絡役にルディンスキーを事件の渦中へと引きずり込むのだがーー
#2 (本編97分)
コンタクト」とシュワーベが狙撃のお膳立てに奔走する中、素性を伏せながらルディンスキーに接近するメリー・アンだったが、やがて「コンタクト」の素性に疑惑を抱くように。実は西側ではなく東側の手先かもしれない「コンタクト」との接触に危機感を抱くようになったメリー・アンは、万一の為に「コンタクト」との会話を録音、ポラロイド写真と共に保険策を講じる。一方、「コンタクト」らの根回しで難なく狙撃位置に辿り着く中、遂に運命の瞬間を迎えたルディンスキーだったが、果たしてそのターゲットは?
#3 (本編95分)
実はその標的も東側ボルストではなく西側のVIPヘーガンと云う急転直下の状況下、指示通りの狙撃を完遂した後、CIAの拷問に曝されたルディンスキーだったが、やがて娘が解放される中、誘拐による脅迫と云う事実が判明、家族共々ウィーンへ追放される事に。これでお役ゴメンとなったはずのルディンスキーだったが、何故かその行く手には「コンタクト」の手先シュワーベの姿が。
#4 (本編102分)
シュワーベの乗り捨てた車で「コンタクト」のアジトに向ったルディンスキーは、共犯者に仕立て上げられたメリー・アンを救出するが、そんな中、驚愕の真実が明るみに。その内容は、ルディンスキーこそが事件の黒幕で、一連の誘拐劇も、西側のVIPヘーガンを暗殺する為に仕組まれた狂言だったと云うもの。ルディンスキーと「コンタクト」、ロシアに恨みを持つシュワーベと云う3人のポーランド人愛国者による東西両陣営をも欺く独断のシナリオが明らかになる中、メリー・アンを筆頭にCIAウェインKGBの責任者も葬られるが、やがて3名がバラバラになる中、その結末では更なるどんでん返しが。ルディンスキーと「コンタクト」と云う祖国の将来を憂慮する2名のポーランド共産党有志が、シュワーベと云う手先を率いて実行したと思われた事件だったが、実は、「コンタクト」も使い捨ての人物で、ポーランド共産党の幹部ルディンスキーシュワーベ国家の意に従って計画実行した事件だったと云う真実が明るみに。
Various Memo

ポーランドの一人勝ちとなるこのシナリオ、恐らくは、アメリカポーランドへの制裁措置を布いた当時を背景にしたものだが、それにしても、デタントが終わりを告げた冷戦当時米ソの2強英国ダシにする内容はかなり大胆。と云うより、ここまで大風呂敷を広げる内容は劇場長編でも類を見ないものだったが、それにしても、フィオレンツァ・マルケジャーニ演じる気丈なヒロインがあまりに哀れ。この手の路線にヒロインの犠牲はつきものだが、稀代の曲者キャラたちが一人勝ちする構図の中、無関係英国人ヒロインが虫けらのように葬られると云うのもかなり微妙。と云うよりシャレにすらならず。
ただ、二転三転する内容は素直に楽しめた事も事実。約403分の本編合計に約4分のイントロ+エンドクレジット(毎回同じ)を1度だけ加えれば実に407分にもなる長尺の作品だが、これは目の肥えたファンであればフツー以上に楽しめる内容だったはず。約90分にまで短縮した一発勝負版から200分程度の編集版までさまざまなヴァージョンも存在するようだが、これは数日に分けてでもフルサイズで鑑賞すべき一遍。脚色の段階で纏め上げるという話ならともかく、そもそもがスローペースを想定するスクリプトや演出だったので。この内容にして早回しの編集ではかなり陳腐な仕上がりにもなってしまうはず。迎えた終盤で真しやかに驚かされたと云うのも、中盤までの勿体つけた展開があったからこそ。
「歓びの毒牙」の頃と比較すれば、すっかりオヤジっぽくなったトニー・ムサンテをはじめ、フィオレンツァ・マルケジャーニマウリツィオ・メルリら脇役陣のパフォーマンスも印象的。何れにせよ、昨今ではネタにもならないこの手の話、今では懐かしい限り。オリジナル以外では「パトリック」収録の"Bagliori di Luce"も度々登場するスコアだが、ちなみに主人公とキャビンアテンダントがアクセスする2巻目の飛行機内のシーンでは、"Squadra Antigangsters"の収録ナンバー"Scilian Samba"も登場。
製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ジョルジオ・ボンテンピ
Giorgio Bontempi
枯葉の街 Summit (1968)
Contratto carnale (1974)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
ドラマ制作
Production: R.T.A. Registi tecnici Associati
イタリア国営ラジオ・テレビ放送局
Rai Italian Radio Television
 
脚本
Teleplay by
ジョルジオ・ボンテンピ
Giorgio Bontempi
* 監督も兼任
ルチア・ブルーニ
Lucia Bruni
L'esercito di Scipione (1977) (tv)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
撮影
Cinematography by
ファウスト・ズッコーリ
Fausto Zuccoli
奴等は俺がやる(未) El hijo de Jesse James (1965)
ああ新婚 La moglie vergine (1975)
特攻警察(未) Italia a mano armata (1976)
ナポリ犯罪ルート(未) Napoli violenta (1976)
人間解剖島 ドクター・ブッチャー Zombi Holocaust (1980)
マッド・ファイター(未) I nuovi barbari (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
エイリアン・フロム・ディープ(未) Alien degli abissi (1989)
編集
Film Editing by
アメデオ・ジョミーニ
Amedeo Giomini
Milano calibro 9 (1972)
皆殺しハンター La mala ordina (1972)
サイコ・ファイル Il Tram (1973) (tv)
ザ・ボス 暗黒街の標的(未) Il Boss (1973)
ア・クロイスタード・ナン(未) Storia di una monaca di clausura (1973)
虹をわたる風船 Il venditore di palloncini (1974)
Solamente nero (1978)
大人になる前に(未) Avere vent'anni (1978)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
トスカニーニ Il Giovane Toscanini (1988)
美術
Production Design by
アントニオ・ヴィゾーネ
Antonio Visone
ガンマン牧師(未) Reverendo Colt (1971)
特攻警察(未) Italia a mano armata (1976)
ピューマ・マン(未) L'uomo puma (1980)
マッド・ファイター(未) I nuovi barbari (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
衣装デザイン
Costume Design by
ジョルジョ・デジデーリ
Giorgio Desideri
潜水艦ベターソン Beta Som (1963)
真昼の一匹狼 Uccidi o muori (1967)
荒野のお尋ね者 Sette winchester per un massacro (1968)
バラキ The Valachi Papers (1972)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
音楽
Music by
ゴブリン
Goblin
フィルムのページはこちら
Here's the filmography
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
トニー・ムサンテ
Tony Musante
Jurek Rudinski ヒッチコック劇場
 The Alfred Hitchcock Hour - Memo from Purgatory (1964) (tv)
泥棒を消せ Once a Thief (1965)
ある戦慄 The Incident (1967)
刑事 The Detective (1968)
豹 ジャガー Il mercenario (1968)
歓びの毒牙 L'uccello dalle piume di cristallo (1970)
ベニスの愛 Anonimo veneziano (1970)
傷だらけの挽歌 The Grissom Gang (1971)
ラスト・ラン 殺しの一匹狼 The Last Run (1971)
シシリアン・コネクション Toma (1973) (tv)
刑事トマ Toma (1973) (tv)
狼の日曜日・狂暴ジャック(未) Goodbye e amen (1977)
死の氷壁 High Ice (1980) (tv)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
悪の華 パッショネイト The Pope of Greenwich Village (1984)
バック・ミラー 悪夢のカー・ジャック Rearview Mirror (1984) (tv)
スキャンダル・愛の罠 La gabbia (1985)
OZ オズ Oz (1997)
ロー・アンド・オーダー 切り裂かれた死体 Exiled (1998) (tv)
ディープエンド・オブ・オーシャン
 The Deep End of the Ocean (1999)
裏切り者 The Yards (2000)
トラフィック 新たなる連鎖 Traffic (2004) (tv)
クラウディオ・カッシネリ
Claudio Cassinelli
The Contacter アロンサンファン 気高い兄弟 Allonsanfan (1973)
楡の木陰の愛 La prima volta sull'erba (1974)
黒い霧の警察(未) La polizia ha le mani legate (1974)
ホウリー・マウンテンの秘宝 密林美女の謝肉祭(未)
 La montagna del dio cannibale (1978)
ドクター・モリスの島 フィッシュマン L'isola degli uomini pesce (1979)
アバランチエクスプレス Avalanche Express (1979)
パニック・アリゲーター 悪魔の棲む沼(未)
 Il fiume del grande caimano (1979)
砂漠のライオン Lion of the Desert (1981)
死霊の暗殺 エトルスカン(未) Assassinio al cimitero etrusco (1982)
窓からローマが見える Roma dalla finestra (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
超人ヘラクレス(未) Hercules (1983)
未来帝国ローマ(未) I guerrieri dell'anno 2072 (1984)
ルチオ・フルチのマーダロック(未) Murderock - uccide a passo di danza (1984)
超人ヘラクレス2(未) Le avventure dell'incredibile Ercole (1985)
片腕サイボーグ(未) Vendetta dal futuro (1986)
オメロ・アントヌッティ
Omero Antonutti
Schwabe 父 パードレ・パドローネ Padre padrone (1977)
アレクサンダー大王 O Megalexandros (1980)
サン★ロレンツォの夜 La notte di San Lorenzo (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
エル・スール El Sur (1983)
カオス・シチリア物語 Kaos (1984)
グッドモーニング・バビロン! Good Morning, Babylon (1987)
サバス La visione del Sabba (1988)
エル・ドラド El Dorado (1988)
バンコマット(未) Bankomatt (1989)
キング・フォー・バーニング König der letzten Tage (1993) (tv)
カストラート Farinelli (1994)
法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件 I banchieri di Dio (2002)
フィオレンツァ・マルケジャーニ
Fiorenza Marchegiani
Mary Ann Standish Ricomincio da tre (1981)
Scusa se è poco (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
D'Annunzio (1985)
Il cuore di mamma (1988)
Caldo soffocante (1991)
Voglio stare sotto al letto (1999)
Natale a New York (2006)
マウリツィオ・メルリ
Maurizio Merli
Peter Wayne 特攻警察(未) Italia a mano armata (1976)
ナポリ犯罪ルート(未) Napoli violenta (1976)
ハチェット無頼(未) Mannaja (1977)
フェラーリの鷹 Poliziotto sprint (1977)
アウトロー・コップ Poliziotto senza paura (1977)
黒の標的(未) Sono stato un agente C.I.A. (1978)
シシリアン・ボス(未) Da Corleone a Brooklyn (1979)
イタリアンマフィア 仁義なき抗争(未)
 Sbirro, la tua legge è lenta... la mia... no! (1979)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
ウエスト・ブキャナン
West Buchanan
Hackett 赤ちゃんは紳士がお好き?(未) Le grand escogriffe (1976)
リアクター(未) La guerra dei robot (1978)
ロング・ライダーズ The Long Riders (1980)
ヌードの女(未) Nudo di donna (1981)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
マッド・キラー 鮮血のしぶき Party Line (1988)
スザンナ・マルティンコヴァ
Susanna Martinková
Magdalena Rudinski チェ・ゲバラ 密林のゲリラ戦(未) El 'Che' Guevara (1968)
夜の刑事 Un Detective (1969)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
背徳令嬢 II(未) Monella (1998)
ピノ・コリッツィ
Pino Colizzi
(as Giuseppe Colizzi)
Captain Corti * クレジット名はジュゼッペ・コリッツィ
人食いシャーク・バミューダ魔の三角地帯の謎(未)
 Bermude: la fossa maledetta (1978)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
ムッソリーニとお茶を Tea with Mussolini (1999)
チンツィア・デ・ポンティ
Cinzia de Ponti
Carol Dexter ザ・リッパー(未) Lo squartatore di New York (1982)
マンハッタン・ベイビー(未) Manhattan Baby (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
死神ジョーズ・戦慄の血しぶき(未) Shark: Rosso nell'oceano (1984)
トンチキ・ポリス・アカデミー(未) Carabinieri si nasce (1985)
ダニエーレ・ドゥブリーノ
Daniele Dublino
Colonel Tancredi 蠍座の星の下で(未) Sotto il segno dello scorpione (1969)
特攻大戦線 Corbari (1970)
タランチュラ La Tarantola dal ventre nero (1971)
白い牙(未) Zanna Bianca (1973)
ビッグ・バイオレンス(未) Il grande racket (1976)
ゲシュタポ 背徳の嵐(未) Le lunghe notti della Gestapo (1977)
野獣死すべし(未) Luca il contrabbandiere (1980)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
Interdit アンテルディ 禁じられた愛(未)Un amour interdit (1984) 
首相暗殺(未) Il caso Moro (1986)
マイク・モリス
Mike Morris
(undefined) 地獄のバスターズ(未) Quel maledetto treno blindato (1977)
ナチ(秘)女収容所 ゲシュタポ・ハーレム(未)
 La svastica nel ventre (1977)
ゲシュタポ 背徳の嵐(未) Le lunghe notti della Gestapo (1977)
警告(未) L'avvertimento (1980)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
キアラ・フェッラーリ
Chiara Ferrari
Sonia Rudinski 美女誕生 ソフィア・ローレン
 Sophia Loren: Her Own Story (1980) (tv)
ザ・リッパー(未) Lo squartatore di New York (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
ジャコモ・アッサンドリ
Giacomo Assandri
(undefined) Telefoni bianchi (1976)
La ragazza dal pigiama giallo (1977)
La raison d'état (1978)
Hay un fantasma en mi cama (1980)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
アル・クライヴァー
Al Cliver
(uncredited)
Boris,
the torturer
* カメオ出演
卒業生 Laure (1976)
愛の妖精アニーベル La fine dell'innocenza (1976)
ザ・シシリアン 復讐の挽歌(未) I padroni della città (1976)
サンゲリア Zombi 2 (1979)
ルチオ・フルチの恐怖!黒猫(未) Black Cat (Gatto nero) (1981)
ビヨンド(未) E tu vivrai nel terrore - L'aldilà (1981)
近未来戦士テキサス2020年(未)
 Anno 2020 - I gladiatori del futuro (1982)
スパイ・コネクション Notturno (1983) (tv)
核戦士シャノン(未) Endgame - Bronx lotta finale (1983)
欲望の小部屋(未) L'alcova (1984)
未来帝国ローマ(未) I guerrieri dell'anno 2072 (1984)
ルチオ・フルチのマーダロック(未) Murderock - uccide a passo di danza (1984)
アレで頭がいっぱい(未) Lussuria (1986)
青い体験 誘われて Laura oggetto sessuale (1987)
ルチオ・フルチの新デモンズ(未) Demonia (1990)
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.