Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
VINCE TEMPERA e FRANCO BIXIO - La Preda (1975) Soundtrack
Amore Libero (Free Love) Original Title
AMORE LIBERO
(FREE LOVE)
Japanese Title
none
Artist
FABIO FRIZZI
Release Year
1975
Personnel
WALTER MARTINO: Drums
MASSIMO MORANTE: Guitar
FABIO PIGNATELLI: Bass
CLAUDIO SIMONETTI: Keyboards
etc
Label(s)
Cinevox (Italy)
Musiche di FABIO FRIZZI
Dirette da VINCE TEMPERA
Introduction
"PROFONDO ROSSO"の録音前後、チネヴォックスと契約を交わしたゴブリンの面々がオケを手掛けた1枚。映画は、「生血を吸う女」や「チコと鮫」の撮影監督だったピエル・ルドヴィコ・パヴォーニ(Pier Ludovico Pavoni)がメガホンを取った"Amore Libero (aka "Free Love")"。スコアは、ファビオ・フリッツィの作曲+ヴィンチェ・テンペーラの音楽監督と云う布陣。フリッツィが作曲でテンペーラがディレクターと云う組み合わせは、同時期の仕事だった"LA PREDA"とは正反対。ゴブリンの面々がオケを務めたのであれば、IMDbでは74年度とされる製作年度も恐らくは75年。「殺意の動機」の"Kalu'"をB面トップに収録していた事からも、75年の録音だった可能性は極めて高い。
そんなクレジットの話はさて置き、このアルバム、それぞれの楽曲モチーフの良さも然る事ながら、アレンジからパフォーマンスまでの全てが鳥肌モノ。A1"Ibo Lele"、A3"Janine"、B5"Jungle Hevea"は取り分け出色。全てのアコピをシモネッティが弾いていたのであれば、B5のプレイはなかんずく貴重。B3"My Sweet Brown Sister"ではモランテ(真相は不明)のシタールも飛び出す。マリンバやパーカスを多用する録音現場は、後年のキャリアにも多大な影響を与えたようにも思える所。
Track Listings
Side A
1. IBO LELE 3:51

オルガン+男女混声のスキャット+スローな8ビートで聞かせるメロウな1曲。プロコル・ハルムの「青い影」やフォーカスのメロウな曲のようなイメージ。と云うか、この曲、誰かがカヴァーしていたはず。16分を連発するタイコのオカズは、他ならぬ当時のマルティーノ。そんなタイコはもとより、メロをサポートするシモネッティのオルガンもコーラスを重ねる毎にヒートアップ。ドラマティックなクワイヤ風スキャットとオルガンのバランスが心地良い。
2. SEYCHELLES COCONUT 2:57

頭がアクセントの2/4アイランド音楽。タイトルのイメージそのままの1曲。オブリガードはストリングス+金管、テーマのリフは各種木管、そしてスキャット+ベース+タイコ+マリンバ+ボンゴと云う編成。マルティーノが頭セミオープンでの16分をハットで刻む中、ピニャテッリのベースが大活躍。シモネッティがマリンバだったとすれば、モランテだけが出番なし。
3. JANINE 3:04

こんな名曲が3曲目にヒッソリ入っているから70年代のユーロサントラは怖い。テーマ・サビ共に超絶メロウな1曲。アコピ、ストリングス、木管、金管がメロとオブリガードを受け渡しする劇的なアレンジ。イントロのアコピ(シモネッティ?)はかなりイイ感じ。バランスは低いがピニャテッリも活躍。モランテマルティーノの出番はなし。それにしてもこの曲、マジで素晴らしい。イントロから最後までシビレっぱなし。
4. FULL MOON DANCE 2:22

各種パーカスが16分を刻むアップビートなダンスアンサンブル。音階楽器はマリンバのみ。後年、ゴブリンの録音でもマリンバを多用する事を考慮すれば、2曲目同様、プレイヤーはシモネッティだったのかも。
5. MAHEA 3:10

1曲目の変奏。超スローなボンゴ(マルティーノ?)+シモネッティ(シモネッティ)+女性クワイヤでのシンプルなアレンジ。モランテピニャテッリの出番はなし。
Side B
1. KALU' 4:43

殺意の動機」収録の同名タイトルと同一のナンバー。フィルムノワールのペーソスを謳い上げるようなファンキーな1曲。フルートを始めとする木管や生弦アンサンブルもフィーチャー。ワウワウバッキングのモランテも控えめなミキシングでさり気なくアピール。「殺意の動機」のLPA面では唯一のフリッツィ単独作。「殺意の動機」の中でも最も垢抜けたアレンジ曲。ゴブリンのメンツは全員参加。
2. COCONUT 2:51

2曲目の変奏。テーマパートのストリングスをモノシンセに、サビの管楽器アンサンブルを元気な女性スキャットにそれぞれ置き換えたアレンジ。マリンバとモノシンセの掛け合いになる2コーラス目のテーマも2曲目とは違う。
3. MY SWEET BROWN SISTER 1:49

リヴァーブ処理されたマリンバ+シタール+各種パーカスによる幽玄な1曲。2曲目のタイトルの通り、インド洋が舞台の映画だったとすれば肯けるサウンド。「可愛い茶色の妹」と云うタイトルには全然ピンと来ないけど。マリンバ(シモネッティ)+シタール(モランテ)+各種パーカス(マルティーノピニャテッリ)と云う形でバンド全員が参加した1曲だったのかも。
4. IBO LELE AT NIGHT 2:43

1曲目の変奏。弦楽とアコピのアンサンブルを中心にフルートが加わる劇的なアレンジ。そもそもが素晴らしいテーマ曲のモチーフだが、ここまでのクオリティであれば、サントラと云うより純粋な音楽作品として楽しめる。
5. JUNGLE HEVEA 3:02

2組のボンゴとアコピが織り成すスリリングな1曲。アコピがシモネッティだったとすれば、ここでのプレイはかなり貴重。この手の即興は、後年のキャリアでは披露されていないはず。強いて言えば、"PROFONDO ROSSO"の「死の滅亡」をさらにフリーでダイナミックにしたような感じ。一人勝手にシモネッティのベスト選曲をするのであれば、このナンバーは間違いなくランク上位入り。タイトルは「ゴムの木の密林」と云う意味なのかも。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.