Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
ANTONELLO VENDITTI - SOTTO IL SEGNO DEI PESCI Original Title
SOTTO IL SEGNO DEI PESCI
Japanese Title
none
Artist
ANTONELLO VENDITTI
Release Year
1978
Personnel
ANTONELLO VENDITTI: voce, pianoforte, testi e musica
RENATO BARTOLINI: 6 & 12 corde, mandolino, chitarra classica
RODOLFO LAMORGESE: chitarra a 12 corde, armonica, percussioni
CLAUDIO PROSPERINI: chitarra elettrica
MARCO VANNOZZI: basso elettrico, contrabbasso
MARCO VALENTINI: sax tenore e soprano
and featuring:
ANDREA CARPI: chitarra classica
PABLO ROMERO: tiple, chitarra classica, quena
CARLO SILIOTTO: violino
MARCELLO VENTO: batteria, percussioni
CLAUDIO SIMONETTI: mellotron & Roland System 100
Label(s)
Philips (Italy)
CLAUDIO SIMONETTI: per gentile concessione della Cinevox Record
Arrangementi: Antonello Venditti
tranne "Francesco" orchestra arrangiata da Gieseppe Mazzuca e Nicola Samale e diretta da Marco Della Chiesa
testi e musica di Antonello Venditti
Prodotto da Michelangelo Romano
Registrazioni: Trafalgar Studios (Roma), Marquee Studios (Londra)
Missaggi: Marquee Studios
Tecnico del suono: Gaetano Ria
Introduction
イタリアを代表するカンタウトーレ、アントネッロ・ヴェンディッティの78年度作品。76年の"Ullalà"から約2年ぶりにリリースされた1枚。ヴェンディッティの星座から引用された魚座にちなんだタイトルだが、そのタイトル曲は7インチ盤でも大ヒットを記録。録音のメンツは、ギター中心のアコースティックユニットにシモネッティ以下5人のゲストが参加する布陣。当のヴェンディッティが担当するインストはノークレジットだが、インサーツに記載されたメロトロン+システム100の音色も恐らくはシモネッティが全て担当。ついては、アナログA面全曲+B面4曲目の全5曲がシモネッティの出番。
ちなみに、マンドリンの伴奏も印象的な"Sara"、70年代のボウイのような切れ味抜群の8ビートポップ"Il Telegiornale"、ダイナミックかつドラマティックな"Giulia"など、シモネッティの参加曲以外のナンバーも一様に名曲ばかり。これはゴブリン筋のファンのみならず楽しめる1枚のはず。

(以下、タイトル別のレヴューは、シモネッティの参加トラックに限定。)
Track Listings
Side A
1. SOTTO IL SEGNO DEI PESCI 6:03

ダイナミックに愛を歌い上げるタイトル曲。ミドルテンポの8ビート。アタックの遅いオルガン系の音色が恐らくはシモネッティのメロトロン。システム100の音色もヴァイオリンのリフレインにユニゾンで被ってるかも。
2. FRANCESCO 4:26

ヴェンディッティのアコピ弾き語りによるリリカルなバラード。シモネッティはクワイヤ系音色のメロトロンで参加。弦楽生オケがジョイントする終盤は俄然ヒートアップ。
3. BOMBA O NON BOMBA 5:08

アコースティックセットによる軽快な8ビートシャフル。ソプラノのオブリガードもイイ感じ。シモネッティはクワイヤ系音色のメロトロンで参加。
4. CHEN IL CINESE 4:09

アコースティックセットによる3/4のバラード。シモネッティはストリングス音色のメロトロン+スポット的なシステム100でのシンセアンサンブルで参加。
Side B
1. SARA 4:30

2. IL TELEGIORNALE
5:15

3. GIULIA
5:09
4. L'UOMO FALCO 5:44

アコースティックセットによる軽快な8ビートシャフル。尻上がりにヒートアップする1曲。ブルースハープ+エレキもオブリガードやソロで大活躍。シモネッティのシステム100もイントロ+コーラス間2箇所の計3箇所でスポット的に登場。
ANTONELLO VENDITTI - SOTTO IL SEGNO DEI PESCI (inner photo)
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.