Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
ANTONELLO VENDITTI - BUONA DOMENICA Original Title
BUONA DOMENICA
Japanese Title
none
Artist
ANTONELLO VENDITTI
Release Year
1979
Personnel
ANTONELLO VENDITTI: piano (all tracks)
SANDORO CENTOFANTI: piano (A2)
AGOSTINO MARANGOLO: batteria (A1)
WALTER MARTINO: batteria (A2,3)
DUILIO SORRENTI: batteria (A4)
MARCO VENTO: batteria (B1)
WALTER GONINI: batteria (B2)
FABIO PIGNATELLI: basso (A1)
MARCO VANNOZZI: basso elettrico (A2,3,4,B1), contrabbasso (B2,3,4)
DOUG PARRY: chitarre elettriche (A1)
CLAUDIO PROSPERINI: chitarre elettriche (A1,2,4,B1,2)
MASSIMO MORANTE: chitarre elettriche (A1,2,3)
RENATO BARTOLINI: chitarre acustiche (A2,3,4,B2), mandolino (A4), chitarra 12 (B1), coro maschile (B2)
RODOLFO LAMORGESE: chitarre acustiche (A2,3,4,B2), armonica (B2), coro maschile (B2)
ANDREA CARPI: chitarra 6 (B1,2)
MAURIZIO GUARINI: sinthy (A1,2,3)
CARLO SILIOTTO: violini (A2,3,4,B4), coro (B4)
MARCO VALENTINI: sax (A4,B2)
GATO BARBIERI: sax (B1)
BABAJAGA: coro femminile (B1,2)
SERGIO VALENTINI: coro maschile (B2), coro (B4)
PABLO ROMERO: coro maschile (B2), tumbe (B3), coro (B4)
MICHELANGELO ROMANO: coro maschile (B2), coro (B4)
GIANNI PLAZZI: coro maschile (B2), coro (B4)
STRADAPERTA: coro (B4)
TULIO DIAMANTI: coro (B4)
MASSIMO BASSOLI: coro (B4)
Label(s)
Philips (Italy)
Testi e musiche di Antonello Venditti
Prodotto da Michelangelo Romano
Registrato al TRAFALGAR STUDIOS (Roma) da Gaetano Ria
allo SMOKE THREE (Los Angeles) da Doug Parry
al MAMMOUTH STUDIOS (Roma) da Pino Bernardini
Missagio di Alan Goldberg & Michelangelo Romano (e Antonello Venditti)
allo STONE CASTLE (Carimate)
"Modena": orchestra arrangiata da Nicola Samale e Pippo Mazzuca, diretta da Marco della Chiesa
"Donna in bottiglia": archi orchestrati da Nicola Samale e Pippo Mazzuca, diretta da Marco della Chiesa
Introduction
78年の"Sotto il segno dei pesci"に続く79年のヒットアルバム。ゴブリンが基準の話題としては、シモネッティ単独での参加だった前作から一変、シモネッティを除く「ローラー」のメンツ(Marangolo, Morante, Pignatelli, Guarini)に加えマルティーノまでが参加する嬉しい1枚だが、実はそれぞれが客演するトラックも僅か3曲(A1-3)のみ。マランゴーロマルティーノが同一アルバムに同居する辺りも何気にレアな感じがするが、"MIKE FRANCIS - Let's Not Talk About (1984)", "AMII STEWART - Try Love (1984)", "RENATO ZERO - Zero (1987)", "DONATELLA RETTORE - Rettoressa (1988)"など、同一アルバムに名を連ねる作品も実は結構多い。ちなみに、押さえの利いたシャフル1曲にとどまるマランゴーロマルティーノの2曲を比較するような楽しみもここでは無理な話。
ただ、バリバリのカンタウトーレ作品には珍しいドラマティックな1曲"Stai con me"でゴブリン筋のパフォーマンスが満喫出来る辺りは、やはり嬉しい所。と云うか、毎度のように名曲が連なる内容は、ゴブリンの話題も度外視して楽しんだ方がイイのかも。ボウイをカンタウトーレ調にしたような"Scusa devo andare via"、アシッドなテナーと生オケのアンサンブルが面白いカンツォポップの大作"Modena"、C&Wにイタリア語の歌詞が違和感なくフィットする"Mezzanotte"、叙情的なヴォーカルと生オケがドラマティックに昇華する"Donna in Bottiglia"、英詩の内容が意味深な"Kriminal"など何れの曲もメチャクチャ面白い。ちなみに目玉曲とも云える"Modena"でアシッドなテナーを披露するのは、あのガトー・バルビエリ

(以下、タイトル別のレヴューは、ゴブリンファミリーの参加トラックに限定。)
Track Listings
Side A
1. BUONA DOMENICA 5:37

陽気で軽快なシャフルのポップナンバー。シモネッティを除く「ローラー」のメンツ(Marangolo, Morante, Pignatelli, Guarini)が参加するシャフルスタイルのオケは、さながら"Zaratozom"のような感じ。終盤ではハーモナイズするギターのリフレインも登場するが、その辺りも正に"Zaratozom"。ちなみにここでは、米国人ギタリストのダグ・パリーヴェンディッティのユニットではお馴染みのクラウディオ・プロスペリーニもギター参加しているために、各種リフレインなどでのプレイヤーの区別は付かず。
2. STAI CON ME 4:37

情感豊かなメロウなパートと米プログレの旗手カンザスのようなダイナミックなパートが交差するプログレファンにも受けそうな1曲。ちなみにここからの2曲は、マランゴーロピニャテッリがアウトする中、モランテグアリニマルティーノを加えた3人のゴブリンがサポート。前曲に引き続きクラウディオ・プロスペリーニも参加するギターセクションだが、メロウ&ダイナミックの両パートで登場するヴィブラートいっぱいのリフレインも恐らくはモランテのプレイ。と云うか、この程度のアピールが出来なければ、わざわざゲスト招聘した意味もない訳なので。一方、クレジットではシンセで参加のグアリニだが、カンザス的なパートで登場するオルガンのアルペジオが恐らくはグアリニのプレイ。もしくは、クレジットではアコピで参加のリブラチェントファンティが弾いているオルガンだったような気もするが、となれば、シンセの登場も皆無のここではグアリニの居場所がなくなるので、やはりオルガンはグアリニ。一方、アコピのクレジットでボスのヴェンディッティとかぶるチェントファンティだが、ここでのピアノも実質的には、チェントファンティヴェンディッティを差し置いて一人でプレイしていたのかも。
3. ROBIN 4:39

陽気で軽快な8ビート。キャッチャーなテーマも然る事ながら、グアリニのシンセ+ヴァイオリンのユニゾンによるゴージャスなリフレインが印象的な1曲。ようやく孤高のエレキセクションを任される事になったモランテも、オブリガードでフツーにアピール。そんな中、最もアピールしていたのは、タイコのマルティーノ。終盤ではアンサンブル破壊寸前の冷や冷やモノのリフレインも炸裂するが、序盤からの手数の多さもこの手の歌バンではある種の禁じ手。そのままリリースされた事も何気に不思議な感じ。何れにせよこれは、ゴブリン筋のコアなファンには貴重な1曲。
4. SCUSA, DEVO ANDARE VIA (Un'altra canzone) 3:59
Side B
1. MODENA 7:49

2. MEZZANOTTE
3:19

3. DONNA IN BOTTIGLIA
3:51

4. KRIMINAL
3:13
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.