Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
CAPRICORN / MAYBE NO - POW POW POW Original Title
MAYBE NO
POW POW POW
(7" single)
Japanese Title
none
Artist
CAPRICORN
Release Year
1980
Personnel
CLAUDIO SIMONETTI
Label(s)
Banana (Italy)
Arranged and Conducted by Claudio Simonetti
Produced by Giancarlo Meo and Claudio Simonetti
Introduction
シモネッティも作曲に名を連ねる"Pow Pow Pow"は、ポップ系ファンクの名曲。共同作曲のパターソンと云う人物は、恐らくは、"Easy Going"の3枚目"Casanova"にベースで参加するヴァン・パターソン。2曲共に約6分サイズの12インチ盤も存在。12インチ盤の"Pow Pow Pow"は、終盤のシンセのソロが長い。
Track Listings
Side A
MAYBE NO (Meo-Simonetti) 4:02

8分割のシークエンスにスラッピーなエレベとタイコがナマのリズムを刻む8ビートナンバー。"Out of Time"のようなフレーズも飛び出すゴージャスなストリングスが終始活躍。ピンポイントで登場するディストーション全開のギターやクワイヤもイイ感じ。ポリシンセとオルガン系の鍵盤は、リフレインとバッキングのみでソロはなし。ヴォーカルはシモネッティかも。
Side B
POW POW POW (Patterson-Simonetti) 4:10

バリバリファンキーで骨太の8ビート。ヴォコーダーでタイトルを連呼する辺りではアースの"Let's Groove"を連想するが、他でもなくリリースはこちらの方が先。何れにせよ、ジョー・コッカーのような熱いタイプのヴォーカルやヒートアップするビートはアースのそれとは全くの別モノ。イントロやコーラス間でのシンセのリフレインも抜群にカッコいい。そんなシンセがここ一番で盛り上がる中、サクッとフェイドアウトされるのも悔しい感じ。クワイヤも一級品のこのナンバー、当時の業界でもかなりウケたのでは?
CAPRICORN / MAYBE NO - POW POW POW
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.