Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
COCCIANTE-GAETANO-NEW PERIGEO / Q CONCERT (1981)
Introduction (Carlo Pennisi, Maurizio Giammarco)
ANCORA INSIEME (Cocciante-Gaetano-New Perigeo)
E IO CI STO (Rino Gaetano)
A MANO A MANO (Rino Gaetano)
IMAGINE (Gaetano-Cocciante-Tomasso)
ASCHIMILERO (New Perigeo)
IN CONCERT (Q CONCERT) 1981 Original Title
IN CONCERT
(TV Program)
Japanese Title
none
Artist
RICCARDO COCCIANTE
RINO GAETANO
NEW PERIGEO
Release Year
1981
Personnel
RICCARDO COCCIANTE: voce, pianoforte
RINO GAETANO: voce, chitarra
GIOVANNI TOMASSO: voce, basso (as NEW PERIGEO)
MAURIZIO GIAMMARCO: sassofono (as NEW PERIGEO)
CARLO PENNISI: chitarre (as NEW PERIGEO)
DANILO REA: tastiere (as NEW PERIGEO)
DAVID EAGLE: batteria (as NEW PERIGEO)
Label(s)
Rai (Italy)
Teatro Tenda di ROMA, 4 e 5 maggio 1981
a cura di Raoul Franco
Regia: Sebastiano Rendina
Introduction
1981年5月4日/5日の2日間、ローマの"Teatro Tenda"で行われたジョイントコンサートのTV中継映像。70年代を一斉風靡した2人のスター、リッカルド・コッチャンテリノ・ガエターノニュー・ペリジェオがサポートする内容。LPでもEPでもない「盤」と銘打たれた新たなメディアのプロモ的なジョイントギグながらも、その雰囲気は、後年の"Do they know it's Chrisitmas?"や"USA for Africa"をミニマムにしたような感じ。その雰囲気や興奮は4曲収録のライヴ盤でも伝わるが、やはり映像版ソースでの臨場感は音源ソースとは一味違う。MCによるイントロから全メンバーが紹介されるワクワク感と興奮は映像ならでは。カメラアングルやカット編集も抜群に面白い。
マランゴーロのパフォーマンスが鑑賞出来ないのは残念だが、同年度リリースのレギュラーアルバムにも未収録の"Aschimilero"はなかんずく貴重。これはポップセンスとハイテクインストが融合する最上級の1曲。高音質のライヴ盤も楽しいが、こちらのモノラルミックスもかなりの迫力。ましてやペンニージが垂涎のプレイを披露する映像は必見の内容。とにかく面白い。
コンサートから約1ヵ月後の81年6月2日、自動車事故で他界したガエターノだが、ついてはこの映像も追悼版に匹敵する内容。ちなみに07年には、「カジノ・ロワイヤル (2006)」やアルジェントの監督作品「デス・サイト (2003)」の犯人役でもお馴染みのクラウディオ・サンタマリア主演(ガエターノ役)の"Rino Gaetano - Ma il cielo è sempre più blu"というTVドラマが登場するが、こちらの方もガエターノのファンは必見の1本。 Rino Gaetano
Track Listings
ANCORA INSIEME (R. Cocciante-R. Gaetano-G. Tommaso)
* Performed by Riccardo Cocciante, Rino Gaetano, New Perigeo


コッチャンテガエターノトマーゾの3者による共作ナンバー。TVでの紹介タイトルは"Insieme"。キャッチャーなリフレインが印象的な8ビートポップ。メッセージ性を感じる大団円的な雰囲気の内容は大トリの1曲のようにも思えるが、その実これはバリバリのオープニング。トマーゾガエターノコッチャンテの順序でテーマを交換する中、総勢によるコーラスリフやペンニージのソロを挟む内容。ちなみにこれは、ライヴ盤に収録されたテイクとは異なる収録日の演奏。ニュー・ペリジェオのメンツ以下、ガエターノコッチャンテが一人ずつ紹介されるMCイントロは映像版のみの収録。これはチョットした感動。当然、ペンニージもフルネームで紹介される。
E IO CI STO (R. Gaetano)
* Performed by Rino Gaetano, Riccardo Cocciante, New Perigeo


ガエターノ最後のアルバム"E io ci sto"のタイトル曲。ワイルドな8ビートのシャフル。ニュー・ペリジェオのメンツはもとより、コッチャンテもエレクトリックグランドでサポート。これはライヴ盤には未収録。
A MANO A MANO (M. Luberti-R. Cocciante)
* Performed by Rino Gaetano, Riccardo Cocciante, New Perigeo


周知の通り、コッチャンテの78年度作品"Riccardo Cocciante"の大ヒット曲だが、ここでの主役はディラン風の声色を披露するガエターノ。これはコッチャンテガエターノが互いのヒット曲をカヴァーしあうこのギグならではのスペシャル企画の1曲。ちなみにディスク版収録のガエターノの"Aida"は、この逆のパターンで、コッチャンテガエターノをカヴァーすると云う内容。こちらの"A mano a mano"は、ストリーミングファイルの公開サイトなどでもお馴染みの映像だが、フルサイズ版の映像はライヴ盤の音声をオーヴァーダブしたもので、絵と音のズレも甚だしい辛い内容。一方、TVのライン音声版も公開されているものの、こちらは1分数十秒程度でカットアウトする不完全なサイズ。
IMAGINE (J. Lennon)
* Performed by Riccardo Cocciante, Rino Gaetano, Giovanni Tomasso


ライヴ盤には未収録の1曲。トマーゾガエターノコッチャンテの順に各コーラスを交換する内容。ちなみにこれは、レノンの他界から僅か5ヵ月後のパフォーマンス。この1ヵ月後にはガエターノが帰らぬ人になる事を思えば、こみ上げるものが。ガエターノのファンには取り分け貴重な映像。
ASCHIMILERO (G. Tommaso-M. Giammarco-S. Sera)
* Performed by New Perigeo


当代ならではのXTCのようなポップセンスとバリバリのインストセンスが昇華する出色のヴォーカル曲。ジャンマルコペンニージの白熱するソロも完全に網羅する中、トマーゾのエレベ弾き語りやデイヴィッド・イーグルのタイコのスキルもストレートに伝わる内容。ライヴ盤でもトリを飾る1曲だが、こちらのモノラルミックスもかなりの迫力。と云うより、スリリングなパフォーマンスを出色のカメラワークで捉える映像は、永久保存の価値あり。これはメチャクチャ面白い。
MAURIZIO GIAMMARCO (New Perigeo)GIOVANNI TOMASSO (New Perigeo)CARLO PENNISI (New Perigeo)DANILO REA (New Perigeo)DAVID EAGLE (New Perigeo)
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.