Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
EASY GOING (1978)
EASY GOING - Fear (1979)
EASY GOING - Casanova (1980)
VIVIEN VEE - Give Me A Break (1979)
THE BEST OF EASY GOING Original Title
THE BEST OF EASY GOING
Japanese Title
none
Artist
EASY GOING
Release Year
1983
Personnel
PAUL MICIONI:Vocals (1st)
RUSSELL SPELMAN: Lead Vocal
CLAUDIO SIMONETTI: Keyboards, Guitars, Electric Bass curlee and Dynelectron
WALTER MARTINO: Drums and Percussions (1st & 2nd)
DEREK WILSON, MARVIN JOHNSON, ROBERT BETTA: Drums (3rd)
ROGER FERGUSSON, FABIO PIGNATELLI: Bass (1st)
VAN PATTERSON, VINCE FAY, CLAUDIO SIMONETTI: Bass (3rd)
JOHN DEVIL, SDDIE SCHUNK, FERNANDO FERA: Guitars (1st)
JOHN DEVIL, CLAUDIO SIMONETTI, NICOLA DI STASO: Guitars (3rd)
EMANUEL "Pachito" ROMERO, PLUTARCO P. TOPOLINOS, CARL POTTER: Percussion
JOSE RODRIGUEZ, PLUTARCO P. TOPOLINOS, EMANUEL ROMERO: Percussion (3rd)
ROBERT SEBASTIAN, JIMMY BRECKER, CHUCK DERRINGER: Trumpets (1st & 3rd)
ROBERT FORTUNATO, JOE SHEPLEY, DAVE GALE, DANNY CAHN: Trumpets (2nd)
GEROGE FICHER, JOEL RODRIGUEZ, CORDON RUBINSTEIN: Trombones (1st & 3rd)
DEE ROBINSON, STEVE LEECH, STEPHEN BOYER: Saxophones (1st & 3rd)
ARMANDO NORIEGA, GEORGE YOUNG: saxaphone (2nd)
OCTAVIO and FRANCESCO, CAROL ROMANIN, MARILYN GATES, COCO DENVER, VIVIEN ANDREWS: Background vocals (1st)
CHRISTINE WILTESHIRE, DARLENE NEWKIRK, VIVIEN ANDREWS, COCO DENVER, AL JORDAN Jr.: Background vocals (2nd)
CAROLYN C. MITCHELL, BRENDA HILL, MELVIN, GAIL BERRY, OCTAVIO and FRANCESCO: Background vocals
BANANA STRINGS ORCHESTRA: violins (2nd & 3rd)
Label(s)
Delirium, Banana (Italy)
Recorded at Bus Recording, Rome (1st)
Recorded at Bus Recording Rome and Sound Palace Studios NY (2nd)
Recorded in Rome and Philadelphia in May and July 1980 (3rd)
All song arranged by Claudio Simonetti
Produced by GIANCARLO MEO (1st & 2nd)
Introduction
ノンストップメドレーで綴る"Easy Going"のベスト盤。メドレー盤ならではのオリジナルトラックや、アルバムミックスとは全く異なる別ミックスも随所にフィーチャーするファン垂涎の内容。ただ、明らかな不協和音も飛び出す繋ぎのパートや、アルバムミックスよりテンポの遅い"Fear"や"I Strip You"など部分的には微妙だったりもするが、アルバムミックスが名を連ねる凡庸なベスト盤などとは比較にならぬほど面白い。同時期の別ユニット"Capricorn"と"Vivien Vee"の代表ナンバーも計4曲登場。ちなみに、メドレー最後を飾るのは、2nd"FEAR"の"I Strip You"。"Fear"と紹介する情報ばかりが飛び交っているが、"Fear"の登場はA面ラストのみ。B面のメドレーでは"Fear"は一切登場しない。
Track Listings
Side A
01. A GAY TIME LATIN LOVER (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 0:00

ミドルテンポの16ビートファンク。3rd"CASANOVA"収録曲。幕開けの開戦ラッパもアルバム未収録だが、これはラッセル・スペルマンではない別人のヴォーカルをトラックダウンした別ミックス。イントロ+2コーラス+シンセソロでのアブリッジ。新たにトラックダウンされた繋ぎの12小節の後、タイコのリフレイン1小節でテンポチェンジ。
02. DO IT AGAIN (Simonetti-Meo) from 3:06

トーキングモジュレーターやクラヴィのバッキングがファンキーな1曲。1st"EASY GOING"収録曲。何気に淡白なヴォーカルも何とも云えない味。実質1コーラス分でのアブリッジ。
03. POW POW POW (Capricorn) (Patterson-Simonetti) from 5:03

バリバリファンキーで骨太の8ビート。シモネッティメオの別ユニット"Capricorn"のナンバー。ヴォコーダーのリフレイン+シンセのリフレインでのアブリッジ。
04. SHINE (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 6:00

EW&Fを踏襲するダイナミックな1曲。3rd"CASANOVA"収録曲。ヴォーカル、クワイヤ、ギターの16分割カッティングなど全てがアースにタメを張るパフォーマンス。劇的なイントロ+1コーラス+エンディングのインストパートと云うアブリッジの構成だが、最後のインストパートにかぶるギターのバッキングがおかしい(笑) と云うか、ギターのみならず、ブラスや鍵盤もそれぞれ勝手なヴォイシングを展開する9分~10分辺りは、超前衛的な世界。手っ取り早く云えば、ハチャメチャなヴォイシング。ってか、何故?(笑)
05. BABY I LOVE YOU (Simonetti-Meo) from 10:00

キャッチャーな16ビートポップの名曲。1st"EASY GOING"収録曲。イントロ+1コーラス+ヴォコーダーとブラスの間奏でのアブリッジ。ブラスセクションは、原曲とは比較にならぬほど鮮明なミキシング。次のトラックとクロスフェイドする形で終演。
06. GIVE ME A BREAK (Vivien Vee) (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 12:45

キャッチャーなアップテンポの16ビートポップ。Vivien Veeの同名アルバムタイトル曲。イントロ+リフレイン+インストパートでのアブリッジ。
07. I STRIP YOU (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 14:30

ヴォーカル/リズム共に熱い1曲。2nd"FEAR"収録曲。曲のカッコ良さは相変わらずだが、原曲のファンはやや調子狂うのかも。ピッチの問題と云うより、明らかにスローダウンさせてのミキシングなので。サラブレッドが調子を崩してるような感じ。と云うか、この辺りはメドレーミックスならではの難しさ。気にしなければ問題なし。イントロ+1コーラス+シンセソロでのアブリッジ。
08. FEAR (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 18:00

マイケル・ジャクソンにも影響を与えたように思えるアシッドな名曲。2nd"FEAR"のタイトル曲。クリシェ的なテーマ+タイトルを連呼するリフレインからいきなりスタート。ヴォーカルラインでの女性ヴォーカルユニゾンは、アルバムミックスでは登場しない初モノ。実質1コーラス分でのアブリッジだが、前曲に引き続きこのトラックもスローダウンさせてのミキシング。暴風的なSEで終演。
Side B
01. EVERY DAY, EVERY NIGHT (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 0:00

オーヴァーチュア的な冒頭1分間は、アルバムならではのオリジナルパート。続くタイトル曲は、アース系のサウンドにトロピカルなエッセンスを加味したような陽気な1曲。3rd"CASANOVA"収録曲。アルバムミックスの目玉だったシモネッティのアコピソロはフィーチャーされず。イントロ+実質1コーラス分でのアブリッジ。
02. MAYBE NO (Capricorn) (Meo-Simonetti) from 3:30

8分割のシークエンスにスラッピーなエレベとタイコがナマのリズムを刻む8ビートナンバー。シモネッティメオの別ユニット"Capricorn"のナンバー。ストリングスが登場する直前までのイントロだけでのアブリッジ。
03. CAPRICORN (Capricorn) (Meo-Simonetti) from 4:05

骨太でキャッチャーな8ビートポップ。シモネッティメオの別ユニット"Capricorn"のナンバー。ヴォコーダーをフィーチャーするイントロ+クワイヤをフィーチャーする間奏パート(7インチ盤では登場せず)でのアブリッジ。
04. SUZIE Q (E. Broadwater-J. Hawkins-S.Lewis) from 5:28

CCR(Creedence Clearwater Revival)のデビューシングルとしても知られるトラッドナンバー。1st"EASY GOING"収録曲。ブルージーな原曲を鋭角なビートでカヴァーするパロディ的な1曲。汽笛のような女性クワイヤをフィーチャーするイントロ+1コーラスでのアブリッジ。
05. BABY I LOVE YOU (Simonetti-Meo) from 6:30

1st"EASY GOING"収録曲。A面に続き2度目の登場。妖艶なクワイヤパートのみでのアブリッジ。
06. SUZIE Q (E. Broadwater-J. Hawkins-S.Lewis) from 7:00

4番目のリプライズ。テーマを端折る短いアブリッジ。
07. BABY I LOVE YOU (Simonetti-Meo) from 8:03

5番目のリプライズ。シンセソロ+クワイヤとブラスのリフレインでのアブリッジ。
08. CASANOVA (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 10:35

ラッセル・スペルマンの美声が炸裂する1曲。3rd"CASANOVA"収録曲。メロウな前半+ファンキーな後半でのおなじみのテーマ構成だが、これはアルバムミックスとは異なる別ミックス。イントロ+1コーラス+スキャットのエンディングでのサクッとしたアブリッジながらも、巧く纏められている感じ。クロスフェイドする形で終演。
09. GO AWAY LITTLE GIRL (Meo-Wesley-Simonetti) from 14:20

82年リリースのシングル曲。JBやBBキング筋の感性が軽快なビートで炸裂する1曲。イントロ+1コーラス+クワイヤ&インストパートでのアブリッジ。
10. I STRIP YOU (Composed by Simonetti / Lyrics by Meo) from 16:24

2nd"FEAR"収録曲。A面に続き2度目の登場。アルバムミックスより遅いテンポも相変わらず。ヴォーカル&クワイヤのサビのリピート+コーラス間のインストパートでのアブリッジ。続くクライマックスの1分30秒程度のインストパートは、このメドレーならではのオリジナルトラック。蚊の鳴き声のようなシンセのポルタメントが連打される中、汽車が停車するようなリタルダンドで終演。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.