Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
CLAUDIO SIMONETTI - I Love The Piano / Jamaican Style (7 " single) Original Title
I LOVE THE PIANO
JAMAICAN STYLE

(7" single)
Japanese Title
none
Artist
CLAUDIO SIMONETTI
Release Year
1984
Personnel
CLAUDIO SIMONETTI: Keyboards, Instruments
DUILIO SORRENTI: Simmons drums on "Jamaican Style"
VAN PATTERSON: Guitar on "Jamaican Style"
ERIC DANIELS: Saxophone "Jamaican Style"
Label(s)
Emergent (Italy)
composed, arranged and produced by CLAUDIO SIMONETTI
recorded at "TRAFALGAR STUDIOS"
Roma-Italy - December 1983
engineer: Eliano Negri
Introduction
同年度リリースのアルバム"KASSO 2"にも収録されたナンバー。アルバム未収録ナンバー"Jamaican Style"とのカップリング。ちなみに、同時期にリリースされた12インチ盤とは内容が異なる。
Track Listings
Side A
I LOVE THE PIANO 4:00

アルバム"KASSO 2"収録のオリジナルミックス。(以下は、"KASSO 2"のレヴューページの内容とほぼ同じ)
ヴォコーダーのリフレインが特異な1曲だが、これも基本的には81年の"KASSO"やオリジナルミックス収録の"KASSO 2"の流れを汲むバリバリのインスト路線。Aメロ8小節+Bメロ6小節+ブリッジ4小節と云う1コーラスの構成が特徴的。そんな1コーラスにAメロ8小節のリピートを加えたソロの構成だが、シモネッティのソロで1コーラス目を占めた後、Aメロのリピート8小節のパートでは出色のギターも登場。この辺りのサビの効いた構成力もポップチャートを狙うインスト楽曲ならでは。これも偏にシモネッティの垢抜けたセンスに他ならない。切れのあるブラスセクションも効果的。
Side B
JAMAICAN STYLE 3:51

ソプラノ木管をフィーチャーするドラマティックな16ビートインスト。"Jamaican Style"と云うより、ソフィスティケイトされた冒険活劇のテーマ曲のようなイメージ。具体的には、ロバート・ゼメキス監督作品"Romancing The Stone"のエンディングテーマのような感じ。エキゾチックなギターに彩られる劇的なイントロ+コーラス間、サンボーンのような木管ソロが飛び出す終盤の展開も出色。翌年リリースの"SKYWALKER"EP盤のクレジットによれば、サポートの布陣は、ドゥリオ・ソレンティ(シモンズ)+ヴァン・パターソン(ギター)+エリック・ダニエルズ(ソプラノ)の面々。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.