Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
PINO DANIELE - LIVE SCIÒ Original Title
LIVE SCIÒ
Japanese Title
none
Artist
PINO DANIELE
Release Year
1984
Personnel
PINO DANIELE: guitars, vocals / mandoloncello (ii1-3)
RINO ZURZOLO: bass guitar (i1-6,8/ii4-9), double bass (ii1-3)
JOE AMORUSO: keyboards (i1-6,8/ii4-9), acoustic piano (ii1-3)
AGOSTINO MARANGOLO: drums (i1-3)
LARRY NOCELLA: sax (i1-3,6/ii5-6,9)
JUAN PABLO TORRES: trombone (i1-3)
ADALBERTO LARA: trumpet (i1-3)
VITO MERCURIO: violin (ii1)
CORRADO SFOGLI: mandoloncello (ii1)
GATO BARBIERI: sax (i7)
BOB BERG: sax (i4)
NANA' VASCONCELOS: percussion (i1-3)
TULLIO DE PISCOPO: drums & percussion (i4-6,8/ii3-9)
TONY ESPOSITO: percussion (i4-6,8/ii3-9)
Label(s)
CGD (Italy)
Lyrics and Music by Pino Daniele
Produced and Arranged by Pino Daniele
Engineered in Concert by Spartero "Robespier" Di Mattei
Introduction
84年"MUSICANTE"の直後にリリースされた2枚組ライヴ。84年1月/カンヌ(仏)、6月/ミラノ(伊)、7月/モントルー(瑞)、7月/ニヨン(仏)、9月/ナポリ(伊)、10月/バリ(伊)、10月/ナンシー(仏)の同一年ソースに82年9月/ヴェローナ(伊)の1曲を加えた内容。ちなみに1枚目の"Chi tene 'o mare"の情報はインサーツでもノークレジットだが、これも恐らくは単なるクレジットミス。と云うか、ガトー・バルビエリの名前が"Special Guest"として別枠でクレジットされながらも、他のトラックにはバルビエリの名前がない事を考慮すれば、"Chi tene 'o mare"での怒涛のテナーは他ならぬバルビエリのパフォーマンス。ちなみに、ナポリ・チェントラーレジェームズ・セネーゼがプレイしていた原曲と比較するのもかなり面白いはず。鍵盤やタイコなど他のメンツについては一切不明の"Chi tene 'o mare"だが、そのロケーションについては、地名一覧に名を連ねながらもトラック別のリストでは唯一表記が見当たらない"Verona"と云う事に。
ゴブリン筋ではただ一人参加のマランゴーロは、モントルーを除く84年初夏~初秋ツアーのみでのお目見え。僅か3曲でのジョイントは寂しいような気もするが、のっけからマランゴーロのタイコで幕を開ける1曲目はもとより、続く2~3曲目もマランゴーロの参加ソースとなれば、その存在感も云わずと知れた所。実際、これまでに客演したスタジオ録音でのパフォーマンスとはアピール度やインパクトも格段に違う。ちなみにこのアルバム、他のトラックもダニエーレの名演中の名演ばかり。マランゴーロのファンはもとより、モノホンを知る音楽ファンであれば必須の1枚ではないだろうか。

(以下、タイトル別のレヴューは、マランゴーロの参加トラックに限定。)
Track Listings
i disco
1. CHILLO È NU BUONO GUAGLIONE (NAPOLI: 20/9/84, Mostra d' Oltremare) 3:47

79年"PINO DANIELE"の収録曲。スリリングなブラジリアンポップ。タイトなリズム+リフレインもアコギ1本だった原曲にブラスを加えたゴージャスなアレンジ。原曲をスローダウンしてのグルーヴ感も絶品のアレンジだが、その立役者は他ならぬマランゴーロ。イントロ+クライマックスの主役もマランゴーロ。鍵盤+ボーンのソロも出色。リード系シンセ+オルガン系バッキングのマルチな鍵盤トラックも、恐らくはオーヴァーダブ。仮にこれがアモルーゾのマルチパフォーマンスだったとすれば、超弩級のテクニック。何れにせよ、こんなアンサンブルを間近で見た日にはマジ失神するかも。
2. HAVE YOU SEEN MY SHOES (MILANO: 24/6/84, San Siro) 5:38

81年"Vai mò"の収録曲。トラッドなシャフルナンバー。インストパートが格段に幅を利かせるライヴならではのアレンジ。と云うか、ヴォーカルパートも前半のみ。後半は出色のソロを披露するボーンが主役でバリトンが準主役。一方、ペットのソロは登場しないものの、この強力ブラス部隊にジョイントする鍵盤ブラスも面白い。ちなみにイントロからジョイントするシンセブラスは、マントランの"Extensions"で80年前後の業界をアッと言わせた懐かしい音。このサウンドにはカシオペアの向谷さんも熱狂してましたね。
3. VIENTO 'E TÈRRA (NYON FOLK FESTIVAL: 19/7/84) 5:11

"Palèo Folk Festival"でのパフォーマンス。81年"Vai mò"の収録曲。1曲目に続くブラジリアンポップ。ゴージャスなブラスを加えたライヴならではのグルーヴ感はこれまでに同じ。ブラスリード系シンセ+エレピのソロを披露する鍵盤のアモルーゾがここでの主役。ブラス3本+エレベのユニゾンに絡むマランゴーロのアピール度も高い。5分超のサイズも瞬く間の1曲。
4. IO VIVO COME TE (MONTREUX JAZZ FASTIVAL: 8/7/83) 4:56

5. TARUMBO'
(NANCY: 21/10/84, Jazz Pulsation) 5:07

6. TUTTA 'NATA STORIA
(NANCY: 21/10/84, Jazz Pulsation) 5:04

7. CHI TENE 'O MARE
(VERONA: September 82, Arena) 5:51

8. MO BASTA (Parte 1)
(BARI: 24-25-26/10/84, Teatro Petruzzelli) 4:29
ii disco
1. TERRA MIA (CANNES: January 84, Palais De Festival) 3:33

*Following tracks were recorded in BARI (24-25-26/10/84, Teatro Petruzzelli)


2. LAZZARI FELICI
3:14

3. CE STA CHI CE PENZA
3:07

4. Suite: APPOCUNDRIA - PUTESSE ESSERE ALLERO - JE STO VICINO A TE
7:03

5. QUANNO CHIOVE
3:03

6. MUSICA MUSICA
6:13

7. YES Y KNOW MY WAY
5:07

8. MO BASTA (Parte 2)
5:29

9. NAPULE E'
3:46
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.