Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
ANTONELLO VENDITTI - CENTOCITTA' Original Title
CENTOCITTA'
Japanese Title
none
Artist
ANTONELLO VENDITTI
Release Year
1985
Personnel
ANTONELLO VENDITTI: pianoforte (2-14) e canto (all tracks), testiere (1)
DEREK WILSON: batteria e percussioni (1-7)
FABIO PIGNATELLI: basso (1-7), percussioni (1)
MARCO VANNOZZI: basso (2-7)
RENATO BARTOLINI: chitarra elettrica e acustica (2-7)
CLAUDIO BAZZARI: chitarra elettrica e acustica (2-7)
RODOLFO LAMORGESE: chitarra elettrica e acustica, percussioni (2-7)
CLAUDIO PROSPERINI: chitarra elettrica e acustica (2-7)
MARCO RINALDUZZI: chitarra elettrica (1-7) e acustica (2-7)
MARIO SCHILIRO: chitarra elettrica e acustica (2-7)
MAURIZIO BORIOLO: tastiere (2-7)
ALLESANDRO CENTOFANTI: tastiere (1-7)
MARCO COLUCCI: tastiere (1-7)
GAETANO LEANDRO: tastiere (1)
CARL POTTER: percussioni (1)
MASSIMO SPINOSA: percussioni (1)
NATALE MASSARA: sax (2-7)
MARCO VALENTINI: sax (i musicisti sono elencati in ordine alfabetico)
Label(s)
Heinz (Italy)
Testi e musiche di Antonello Venditti
Prodotto da Alessandro Colombini
la canzone 'Centocitta' registrazioni di Gaetano Ria al Trafalgar Studio - Roma
i brani contenuti nel track 2-7: registrazioni di Jurghen Kramer e gaetano Ria
effettuate al "Circo Massimo"
i brani contrassegnati col track 8-14: registrazioni di Ezio de Rosa e Roberto Villicich
Ringraziamo: Fabio Pignatelli e Marco Rinalduzzi per la programmazione su computer e la ditta Cherubini
per il pianoforte Bösendorfer
Introduction
84年"CUORE"に続く85年のダブルアルバム。チルコ・マッシモ(ローマの遺跡)でのライヴソースにスタジオ録音のタイトル新曲を加えた内容。ドラマティックなナンバーばかりが並ぶセットリストは、いわゆるベスト盤のような選曲。バンドアンサンブルによる6曲(2-7)+ヴェンディッティのピアノ弾き語りによる7曲(8-14)にバッサリ分けられるライヴソースだが、特徴的だったのはヴォーカル中心のミキシング。主役のヴェンディッティをプッシュするのも当たり前の話だが、通常のライヴ録音と比較すれば、ヴォーカルトラックの収録レベルはかなりデカイ。ただ、ピアノ弾き語りのトラックでも明らかな通り、ヴェンディッティの叙情的なヴォーカルはアカペラでもいけるような絶大なインパクト。ついては、アンサンブルトラックでのヴォーカル中心のミキシングにも文句は言わせないと云う感じ。オーディエンスの集音トラックも効果的にミキシングされる中、スタジアムの異様な興奮が伝わる辺りも嬉しい。
ちなみに1in2に編集されたCDでは、"Stukas", "Campo Dei Fiori", "Lo Stambecco Ferito"を割愛(以下は、CDに即したセット内容)。ピニャテッリリナルドゥッチデレク・ウィルソンと云うゴブリン筋の顔ぶれは、前作"CUORE"に同じ。整然としたバランスのスタジオ録音と比較すれば、何れのメンツのパフォーマンスもここではより一層楽しめるはず。

(以下、タイトル別のレヴューは、ゴブリンファミリーの参加トラックに限定。)
Track Listings
01. CENTOCITTA' 5:19

アルバム唯一のスタジオ録音。新曲。同年度にリリースされたフィル・コリンズの"Take Me Home (1985)"を劇的にしたような1曲。スポットでのダイナミズムがとにかく凄い。シーケンサーはピニャテッリリナルドゥッチによるプログラム。
02. SOTTO IL SEGNO DEI PESCI 7:42

"SOTTO IL SEGNO DEI PESCI (1978)"のアルバムタイトル曲。ミドルテンポの8ビート。シモネッティも参加していたスタジオ録音と比較すれば、ここではややテンポを落としての余裕を感じさせるパフォーマンス。ヒートアップするクライマックスもライヴならでは。
03. GIULIA 4:55

"SOTTO IL SEGNO DEI PESCI (1978)"収録曲。ヴェンディッティの弾き語りはスタジオ録音を凌ぐ緊張感。アンサンブルのダイナミクスもスタジオ録音を凌駕。これはかなりのインパクト。
04. PIERO E CINZIA 6:21

前作"CUORE (1984)"収録曲。イントゥー感覚の軽快な8ビートシャフル。シモンズだったスタジオ録音のタイコだが、やはりここでのレギュラーセットのタイトなリズムの方が全然イイ。終盤でのギターソロも出色。
05. IL TRENO DELLE SETTE 6:31

"LE COSE DELLA VITA (1973)"収録曲。軽快なシャフル。キャッチャーなメロは絶大なインパクト。これは感動的な1曲。尻上がりにヒートアップする辺りもライヴならでは。スタジアムも熱狂の坩堝と云う感じ。
06. LE TUE MANI SU DI ME 6:20

"LE COSE DELLA VITA (1973)"収録曲。メロウかつドラマティックな1曲。スローな8ビート。各種鍵盤によるスポットでのリフレインも印象的。クライマックスではエレベの見せ場も登場。
07. LE REGAZZE DI MONACO 4:16

バンドアンサンブルで聴かせる最後の1曲。モランテが参加した"Sotto la pioggia (1982)"収録曲。軽快な8ビート。これもキャッチャーな名曲。「赤いスイートピー」のようにも聴こえるツインギターのリフレインが日本人には印象的かも。
ここから以下は、ヴェンディッティのピアノ弾き語りによる珠玉のソロパフォーマンス。

08. ATTILA E LA STELLA
4:18 (from "Lilly" 1975)

09. SORA ROSA
4:46 (from "Theorius Campus" 1972)

10. MARTA
4:51 (from "Quando verrà Natale" 1974)

11. COMPAGNO DI SCUOLA
5:50 (from "Lilly" 1975)

12. LE COSE DELLA VITA
3:24 (from "Le cose della vita" 1973)

13. PENNA A SFERA
5:16 (from "Lilly" 1975)

14. CI VORREBBE UN AMICO
3:44 (from "Cuore" 1984)
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.