Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
Interview
Interview
Opera
Opera
Craws
Craws
Superclassifica Show Original Title
SUPERCLASSIFICA SHOW
(TV Program)
Japanese Title
none
Artist
CLAUDIO SIMONETTI
Release Year
1987
Personnel
CLAUDIO SIMONETTI
B'cast
Canale 5 (Italy)
Prodotto da: Tv Sorrisi e canzoni
Presentatore: Maurizio Seymandi
Introduction
1977年から1989年まで放送された30分枠のTVショー"Superclassifica Show"出演時の映像。お笑い系司会者とのインタヴュー、シモネッティ自身による著名曲の解説とアコピソロ、オペラ歌手ロゼンダ嬢をフィーチャーする"Opera"、"Craws"の87年ヴァージョンを織り交ぜる内容。インタヴューでの著名ナンバーのつまみ弾きも貴重だが、ドラフト版のような"Opera"は貴重。
Track Listings
interviews: including
PROFONDO ROSSO
(Simonetti-Martino-Morante-Pignatelli)
81年"CLAUDIO SIMONETTI"のアコピイントロとテーマの触り。

SUSPIRIA
(Simonetti-Marangolo-Morante-Pignatelli)
チェレスタでもお馴染みのテーマにヴォイシングを加えた8小節。

TENEBRE
(Simonetti-Morante-Pignatelli)
アコピの倍音が斬新な響きに。司会者の困惑にも頷けるような感じ。これは貴重なプレイ。

PHENOMENA
(Claudio Simonetti)
原曲のイメージそのままでのテーマの触り。
OPERA (Claudio Simonetti)

オペラシンガーをフィーチャーするステージ。乏しい伊語のリスニングによれば、パナマ人とドイツ人の両親を持つ褐色肌のロゼンダと云うシンガーだが、そのソプラノやシモネッティのアコピがアフレコかどうかについては不明ながらも、この放送テイクは貴重。シンプルなパート編成のシーケンサーだが、これは公式ヴァージョンとは全くの別モノ。と云うより、公式版の下敷きにされたようなシンプルなオケ。シモネッティのオブリガードはもとより管楽器もトラックダウンされていない。このTVショーの放送時期が「オペラ座/血の喝采」公開の87年と同一だった辺りを考慮すれば、この放送ヴァージョンは微妙に貴重だったのかも。
I CORVI (CRAWS) (Claudio Simonetti)

アコピ+シンセ1台によるステージ。これはシーケンサーのトラックも公式版に同じ。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.