Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
Introduction
Introduction
Craws
Craws
Craws
Craws
Tenebre
Tenebre
Demon
Demon
Elucubration
Elucubration
Profondo Rosso - rap
Profondo Rosso - Rap version
Suspiria
Suspiria
Ozone Free
Ozone Free
Opera
Opera
Phenomena
Phenomena
Profondo Rosso
Profondo Rosso - Rock version
Profondo Rosso
Profondo Rosso - Rock version
End Credit
End Credit
Simonetti Horror Project Original Title
SIMONETTI HORROR PROJECT
(VHS Release)
Japanese Title
none
Artist
SIMONETTI HORROR PROJECT
Release Year
1991
Personnel
CLAUDIO SIMONETTI: Keyboards
GIACOMO CASTELLANO: Guitars
MAURIZIO COLORI: Bass
GIULIO SIRCI: Drums
featuring
LUCA CUCCHETTI: "The Mad D.J.'s" Scratcher
DR. FELIX: Rapper on "Profondo Rosso"
WALTER MARTINO: Drums on "Elucubration" and "Ozone Free"
ANDREA SIMONETTI: Dancer, "baby" voice on "Profondo Rosso"
DAVID SION: Rapper on "Ozone Free"

B'cast
Disco Magic (Italy)
Claudio Simonetti plays: Acoustic & Electric Piano, Emax II, Emu Proteus 1 & 2, Emulator III, Korg M1, Hammond B3, Kurzweil 1000, Mellotron & Minimoog MIDI, Oberheim Matrix 1000 & DPX1, Orla Master Keyboard, PPG Waveterm 2.3, Roland D550, Roland D10, Roland P300, Roland R8, Roland RD1000, Roland System 100, Roland TR808 & 909, Viscount Pipe Organ, Yamaha TG77
Directed by Felix Imevbore & Claudio Simonetti
Filmed at Teatro Poliziano, Siena by B.M.T. Audio Video Service
Video edited at MEGAVIDEO, Rome by Claudio Simonetti
Recorded and Mixed at ACQUARIO STUDIO - ROME
Engineer: Giuseppe Ranieri
Produced by CLAUDIO SIMONETTI & SEVERO LOMBARDONI for Disco Magic s.r.l. Milano
Introduction
80年前後のモードな路線からさまざまな映画スコアを経て辿り着いたコンセプトアルバムが91年の"SIMONETTI HORROR PROJECT"。その姉妹編とも云えるPV集がこのVHS。オープニングの"Craws"や"Profondo Rosso - Suspiria"のラインを除けばLPやCDとは異なるラインナップでの収録だが、そんな曲順はさて置き、1発目の"Craws"でまずビックリ。LPやCDと映像の印象は全くの別モノだった。そもそもLPやCDのパッケージを手にしていた段階である程度の予測も可能だった訳だが、ロッカーズ風のコスチュームのシモネッティが指貫グローヴはめてプレイする映像と云うのも完璧に予想外。しかも、ヤマハKXSを抱えてのノリノリのスタンドプレイ。ただ、ファンクからハウス、ポップまでを網羅する欧州の裏番長的な存在だった80年代のキャリアを踏まえれば、この辺りも実は本来のポテンシャル。ヤンス・ヨハンソンのようなパフォーマンスも見たかった個人的には、この予想外の映像集にも大満足だったが、そもそもマカロニ映画を輩出した血沸き肉躍る国の鍵盤奏者にとっては、ハードなパフォーマンスも天分のようなもの。板に付かぬはずもない。
ただ、そんなハードな路線も、Craws, Suspiria, Tenebre, Profondo Rosso (Rock Live Version)の4曲だけ。1発目の"Craws"があまりに強烈なために「ホラープロジェクト=ハード路線」と云った固定概念に直結するような感もあるが、その一方、アカデミックなアレンジ曲が大方を占めるプロジェクトの真意を強調していたのもここでのヴィジュアル効果に他ならない。名曲"Elucubration"やメッセージ色の強い"Ozone Free"など、ヴィジュアルイメージでテーマを明らかにする新曲がその良い例。ハードな原曲をハウスで焼き直す"Phenomena"やバリバリラップの"Profondo Rosso"、当時はシモネッティ版のサントラも入手困難だった"Opera"なども、ヴィジュアルとリンクする事でプロジェクトの多様性を浮き彫りにしている。「オペラ座/血の喝采」をパロったイントロの編集映像もかなり楽しい。それにしてもこの映像タイトル、DVDではリリースされないのだろうか。マスタリングされたソースであれば、銀盤じゃなくても全然オッケーなんだけど。
Track Listings
01. CRAWS (Claudio Simonetti)

シモネッティ版サントラでもお馴染みの1曲。グルーヴ感を増したサウンドは、ヴィジュアルとのリンクでさらにパワーアップ。もう1発目にして最高潮の盛り上がり。「オペラ座/血の喝采」の映像ショットを織り交ぜるスリリングな編集については、シモネッティの拘りだったのかも。と云うのも、オペラのホールが騒然となる映画の終盤、実際に劇中で使用されたのは、ノーデン・ライトの"No Escape"だったので。"Craws"と云うタイトルでも明らかだった通り、これはあの終盤のシークエンスを想定して書き下ろされたナンバー。もう終わってしまった話には違いないが、このホラープロジェクトのヴァージョンは、正しくあの終盤そのままのイメージ。その辺りの実現不可能な企画も、半ば実現してしまったのがこの映像だったのかも。何れにせよ、これは嬉しい1本。ちなみに、シモネッティが抱えるヤマハKXSは、レコーディングでは使用されていない鍵盤機材。レコーディングで使用されたヤマハ系の機材はTG77だけ。
02. TENEBRE (Simonetti-Morante-Pignatelli)

DMX中心だった原曲をナマのアンサンブルで焼入れしたような1曲。LPやCDとは曲順が入れ替えられているが、ここでの同一路線の連荘もヴィジュアルソフトではある種当然。骸骨のプロップがのっけから登場する中、終盤ではバスドラを叩く骸骨のショットが挿入されるなど演出の芸も細かい。シモネッティのピット内をスクロールするカメラワークも嬉しい。怒涛のジャンピングパフォーマンスも前曲に引き続き登場する中、シモネッティのステージアクションは総じて前曲以上のインパクトかも。LPやCDではやや面食らっていたメジャートライアドのエンディングだが、このPVでは全く違和感なし。やはり映像の印象は全くの別モノ。
03. DEMON (Claudio Simonetti)

ホラープロジェクトの新作PVとは無縁の1本。これはミケーレ・ソアヴィが演出を手掛けた映画リリース当時のPV。映画本編のハイライトとシモネッティを主役に擁する別段のフィルムを編集した1本。デモンズのスコアに突如遭遇したシモネッティが、プレイし終えると同時にデモンズの世界に引きずり込まれるスクリプト仕立ての内容。編集/演出共に抜群の傑作PV。制作はシモネッティジャンカルロ・メオのコンビ。アルジェントも冒頭のワンカットで顔を出す。ちなみに後年、"Deep Red"版のサントラCDに収録されるのもこのPV。
04. ELUCUBRATION (Claudio Simonetti)

LPやCDでは"Ozone Free"の後続だった曲順だが、ここでは1発目の新曲として登場。冒頭の大自然を捉えるショットは楽曲のイメージそのままと云う感じ。1&2曲目のハードなメンツも実直にプレイする中、一人派手なアクションのジャコモ・カステラーノが全然浮いていない辺りも面白い。と云うかこの辺りも、カステラーノが劇的な楽曲を謳歌しているようにも映る映像だったため。とにかくドラマティック。これは紛れもない名曲。ちなみに、実際の音声トラックでタイコを叩いているのは、シモネッティの朋友マルティーノ
05. PROFONDO ROSSO (Simonetti-Morante-Pignatelli-Martino)

Dr. Felixをフィーチャーするハウス系アレンジのカヴァー。ついては、シモネッティやギターソロを披露するカステラーノを除く他のメンツもお役御免かと思いきや、その実これは、他のメンツのパフォーマンスが面白い1本。エレベのマウリツィオ・コローリがコルグのショルキーを抱えているのも面白いが、シーケンサーのハットワークを尻目にスネアに専念するタイコはもっと面白い。ダンサーのアンドレアもノリノリのパフォーマンスを披露。
06. SUSPIRIA (Simonetti-Marangolo-Morante-Pignatelli)

ダンサーのアンドレアが白のレオタード姿で登場する1本。黒のレオタードであれば映画の雰囲気そのままだったのかもしれないが、この辺りは薄暗いステージでの照明の都合だったのかも。何れにせよこの映像が衝撃的だった事は確か。ここ日本はもとより本国のイタリアでも、シモネッティが登場する初の「サスペリア」オフィシャル映像だったので。70年代のTVフィルムはアフレコ版非アフレコ版の2種類が存在するが、非アフレコ版のフルサイズ映像は是が非でも見たい所。
07. OZONE FREE (C. Simonetti-A. Focolari)

楽曲のメッセージを露にしていたのがこの映像。"Profondo Rosso"のフロントマンだったDJダンサーのDr. FelixをスクラチャーのLuca Cucchettiに入れ替えた編成でのパフォーマンス。地球が大爆発するエンディングはFGTHの"Two Tribes"にも似ている。中近東的なヴォイシングとラップが交差する中、シモネッティのパフォーマンスによってさまざまな音色も視覚的に楽しめる1本。ちなみにLPやCDでのDavid Sionのラップのパートは、Luca Cucchettiのパフォーマンスで代用。
08. OPERA (Claudio Simonetti)

これは映画のカットも一切登場しないバリバリのオリジナルPV。黒いドレスに身を包むアンドレアとロッカーズジャケットそのままのクラウディオが織り成すメロウな1本。ステージでのクラウディオのパフォーマンスをホール階上のアンドレアが見つめると云う状況設定。それにしても、クラウディオの指貫グローヴのままでのアコピパフォーマンスには絶句。さぞかし弾き難かったはず。と云うか、ここで着替えてしまってはホラープロジェクトのポリシーもぶち壊しと云う事だったのかも。ただそれにしても、黒の革ジャンだけならまだしも指貫グローヴはやはり凄すぎる。
09. PHENOMENA (Claudio Simonetti)

サウンドだけを聴けば斬新な印象も受けるサイバーテクノ的な16ビートアレンジだが、これが映画のショットを織り交ぜるPV映像にも絶妙にリンク。"Sleepwalking"でもお馴染みのカットが登場する中、フツーにフィットしているような感じ。この辺りの予想外の印象も、他ならぬ具現化されたヴィジュアルイメージの賜物。百聞は一見にしかずって事なのかも。骸骨のバスドラのショットも"Tenebre"に続き再び登場。
10. PROFONDO ROSSO - Rock Live Version (Simonetti-Morante-Pignatelli-Martino)

最後を締めるのはやはりこの曲。LPやCDではタイコのカウントで幕を開けているが、ここではドラをフィーチャーするけたたましいイントロが登場。と云うかこれも、マントを羽織るシモネッティの登場カットのために用意された映像ソースならではの計らい。後半のハードなパートではマントも脱ぎ捨てるシモネッティだが、何れにせよこのPVも「サスペリア」に同じ理由で衝撃の映像だった事は確か。あの男性クワイヤがかぶる鍵盤のパートに然程の違和感がなかったのも、ヴィジュアルの迫力に圧倒されていたため。ちなみに、端から無観客と云うシチュエーションのこの映像では、LPやCDヴァージョンのような拍手は挿入されず。

ちなみにドラのイントロは、エンドクレジットで挿入される未発表ナンバーのイントロ。エンドクレジットによれば、"Tenebre"や"Phenomena"でもお馴染みの骸骨の名前は"Alfred"。プロップはプロップでもキチンとした固有名詞を持つレンタル品だったらしい。
Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.