Return to Top トップページへ
overview
related artists
filmography
chronology
link
webmaster
Various - Italy
Virus - Italy
Various - Spain
Virus - Spain
Various - Germany
Virus - Germany

Virus - Germany

Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Virus - Germany Lobby Card
Various - France
Virus - France
Various - UK
Virus - UK

Virus - UK
Various - US
Virus - US

Virus - US

Virus - US
Various
Virus - Various
VIRUS
also known as Release Date
死霊の魔窟 (Japan - Laser Disc Title)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド (Japan - DVD title)
Zombie Creeping Flesh (UK)
Apocalipsis caníbal (Spain)
Cannibal Virus (undefined)
L'enfer des morts-vivants (France)
Die hölle der lebenden Toten (West Germany)
Hell of the Living Dead (Philippines - English title)
Inferno dei morti-viventi (undefined)
Night of the Zombies (USA)
Virus cannibale (France)
Zombi 4 (USA - pre-release title)
Zombi 5: Ultimate Nightmare (Italy)
Zombie Inferno (undefined)
Zombie of the Savanna (undefined)
Spain: November 17, 1980
Italy: August 21, 1981
West Germany: November 27, 1981
Philippines: October 7, 1982 (Davao)
France: November 10, 1982
USA: January 20, 1984
Japan: unreleased
Country Runtime
Italy
Spain
101 min
99 min. (Japan - video)
Introduction
ニューギニア。化学プラントから流出したウィルスによって大規模なバイオハザードが引き起こされる中、プラントの関係者を瞬時に汚染したその被害は、瞬く間に地域全体にも及ぼうとしていた。そんな中、スペインでの米国領事館テロリスト篭城事件を解決に導いたSWATの精鋭4名が汚染状況の調査に派遣されるが、やがて、現地の文化に造詣の深い女性リポーターらも合流する中、一同が目の当たりにしたのは人知を越えた地獄の光景の数々だったーー
Various Notes
バイオハザードの脅威を描くゾンビ映画。脚本は「サイバーロボ」「サイゴン野獣刑事」「サンゲリア2」などの作品でも顔を会わせるロッゼッラ・ドゥルーディクラウディオ・フラガッソブルーノ・マッテイの3者と共同製作も兼任するホセ・マリア・マニルスヴィンセント・ドーン名義でメガホンを取るブルーノ・マッテイのワンマン演出作品とも云われる作品だが、実際は脚本でも手を組むクラウディオ・フラガッソとの二人三脚での仕事だった模様。製作側の要請で「ヴィンセント・ドーン」名義での参加となったマッテイ監督だが、これはエロティック系などでの知名度を憂慮されてのものだったと思われる。劇中で登場するゴブリンのスコアは、"Dawn of the Dead"、"Buio Omega"、"Contamination"からの数曲。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
ストーリーは極めてシンプル。と云うより、ロメロ篇「ゾンビ」の宇宙光線や「悪魔の墓場」の害虫駆除の特殊音波をバイオハザードに置き換えたシナリオと云った方が手っ取り早い。災いの元となったニューギニアで主要キャラが惨劇に遭遇する中、その脅威は世界をも席捲していたと云う悲観的なオチは「サンゲリア」を髣髴とさせる。さながら各種ゾンビ映画のパロディとも云える内容だが、ロメロ篇「ゾンビ」に触発された事を包み隠さずカミングアウトするマッテイ監督のインタヴューによれば、ロメロの「ゾンビ」のようなシリアスな作品ではなかったとの事。ただ実際には、この手の作品の真骨頂とも云えるエグイ映像については本家を凌駕、見るに耐えられぬ悪趣味なカットがのべつ幕なしに続く。
メジャー作品のような特殊効果には予算も割けぬ中、豚の内臓を使用したと云う各種カットは「ゾンビ」と云うより屠殺の記録フィルム。子供ゾンビが親の内臓を食らうカットはもとより、ジーン・ケリーのオマージュが飛び出したかと思えば、そのキャストも次の瞬間にはゾンビの餌食になっていたりとヘコまされる演出もてんこ盛りだが、何より絶句させられたのは、強引極まりの無いシチュエーション設定。スペインでのテロ事件を鎮圧した直後、ニューギニアにスッ飛ばされる特殊部隊の面々だが、まず、テロや騒乱の類じゃあるまいし、CDCなどを差し置いて武力鎮圧のスペシャリストが現地調査に単独で送り込まれると云うのもかなりヘン。しかもあの面々、精鋭部隊にも到底見えないお気楽な連中。
やがて、人目も憚らずスタンディングでゲロを吐く男性カメラマンと現地の文化に造詣が深い女性リポーターと合流する一行だが、現地の部落に潜入する女性リポーターがボディペイントにトライするシーンがこれまた傑作。そんなミスキャストで場違いな悩殺攻撃が功を奏する中、現地部落とその周辺地域の汚染状況を物の見事に把握する一行だが、最高に笑えたのはその次。元凶たる化学プラントにタグボートでようやく辿り着く一行だが、そもそも、最初に化学プラントを訪れるのが定石ではないのか?と云う事。現地に大規模なプラントを構える法人であれば、現地人の採用も必至。となれば、現地の情報収集なども大方の所は当地の法人を突付けば済まされる。災いをもたらしたロケーションこそがクライマックスの舞台に相応しいと云うのも分かるが、ついては、ロメロ篇「ゾンビ」のショッピングモールを化学プラントに置き換えたような設定の方が自然だったはず。と云うより、そもそも、タグボートに乗った主要キャストがあの化学プラントに辿り着いた時点で仰天させられる。洗練された科学者や技術者だけを映し出す冒頭シークエンスだが、せめて「ニューギニアの化学工場」と云うテロップぐらいは出して欲しかった所。(邦版は未見。米版にはテロップがない。)
マッテイのインタヴューによれば、折々挿入される「世界残酷物語」や「野生の王国」のようなアーカイヴ映像は、日本のドキュメント映像だったとの事。そんなアーカイヴを挿入する羽目になったのも、2通りあったと云う原案のうち、自信作だった第1案にダメ出しを出された為だったらしいが、何れにせよ、そんなアーカイヴ映像はもとより、主要キャストがヘドを吐くスカトロなカットにも神経を配る演出スタンスは、そもそもがホラー路線のゾンビ映画とは一線を画した別モノの感性。センスの良し悪しと云った問題でもなく、これはそもそもの嗜好性の問題。要は、ホラー路線ではシャレになるスプラッタ描写も、ここではシャレではなく大真面目だったと云う事。となれば、シナリオに文句を垂れるのもナンセンスなのだろうが、自身の作品はあまり好きではないと語る当のマッテイ監督のコメントを前にすればリアクションにも困り果てるしかない。そんなマッテイ監督が久々に本作に目を通したと云うのも、とあるインタヴューで自身の作品(本作)をタランティーノが紹介していた為らしいが、何れにせよ、ダメな人は最初からダメな映像ながらも、数多くのB級ファンが魅了された事も確かな所。ついては、ここでの金太郎飴の如き刹那的な映像の数々も、歴然とした一つの文化として捉えた方が良いのかも。
カルロ・ビクシオ(米版DVDインタヴューのテロップでは"Carlo Bizio"と紹介されるが、正しくは"Carlo Bixio")と監督のマッテイが友人だった事から実現してしまった(笑)ゴブリンスコアの流用だが、劇中で使用されたゴブリンのスコアは、"Dawn of the Dead"から"L'alba dei morti viventi"と"Zombi"の2曲、"Buio Omega"から"Quiet Drops"の1曲、"Contamination"から"Connexion"と"Withy"と云う全5曲。プラント職員の防護スーツにねずみのゾンビが潜り込むシーンも、大マジでの体当たり演技を披露する出演キャストだが、そんな爆笑シーンのBGMになる"L'alba dei morti viventi"や、スケールダウンも甚だしい「ゾンビ」SWATのパロディとなる米領事館シーンのBGM"Zombi"などは、もはや空前のバラエティ感覚。一方、コンタミネーションの"Connexion"と"Withy"やブイオ・オメガの"Quiet Drops"が何気に効果的だったのは、本編フィルムの共通するモンド感覚ならではと云った所。
そんな話はさて置き、フィルムの開始と同時にまず気になったのが、あのストリングスアレンジもスリリングな16ビートのテーマ曲。手数の多さの一方、幾分もたついた感もあるタイコは、マランゴーロのそれではない事も明白。フィルムの中では正式にクレジットはされないが、あのテーマ曲とゾンビ神父が登場するシーンなどでの他の2つのトラックは、91年の「デモンズ4」などでもサントラ製作を手掛けるジャンニ・デッロルソ(Gianni dell'Orso)が用意したもので、ゴブリンとは無関係。ちなみにその3曲は、"Fantafestival Vol. III"(チネヴォックス盤)で聴けるとも言われているが、"Fantafestival Vol. III"に収録されたテイクは全くの別トラック。
製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ブルーノ・マッテイ
Bruno Mattei
(as Vincent Dawn)
* クレジットは「ヴィンセント・ドーン」
ナチ(秘)女体飼育館・ゲシュタポ慰安部隊(未)
 Casa privata per le SS (1977)
ゲシュタポ卍(ナチ)第5収容所 女体セックス実験
 KZ9 - Lager di Sterminio (1977)
呪われた修道院(未) L'altro inferno (1980)
尼僧の背徳 La vera storia della monaca di Monza (1980)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ネロ皇帝の聖餐(未) Nerone e Poppea (1982)
謎のプリズナー 女囚No.1369(未)
 Violenza in un carcere femminile (1982)
ラッツ(未) Rats - Notte di terrore (1984)
7人の輝ける勇士(未) I sette magnifici gladiatori (1983)
ライジング・スターの伝説(未) Bianco Apache (1986)
ダブル・ターゲット(未) Double Target (1987)
愛は憎しみを越えて(未) Scalps, venganza india (1987)
ストライク・コマンドー(未) Strike Commando (1987)
サイバーロボ Robowar - Robot da guerra (1988)
サイゴン野獣刑事 Cop Game (1988)
サンゲリア2(未) Zombi 3 (1988)
ストライク・コマンドー2(未) Trappola diabolica (1988)
マシンガン・ソルジャー 戦場の狼 Nato per combattere (1989)
エイリアンネーター Terminator II (1990)
ダーティドール 汚された純愛(未) Ljuba (1996)
食人族3 食人族VSコマンドー
 Nella terra dei cannibali (2003)(ov)
食人族2 Mondo cannibale (2003)
クラウディオ・フラガッソ
Claudio Fragasso
(uncredited)
* ノークレジット
* 以下、マッテイ監督との主なコラボ作品
呪われた修道院(未) L'altro inferno (1980)
尼僧の背徳 La vera storia della monaca di Monza (1980)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ラッツ(未) Rats - Notte di terrore (1984)
ダブル・ターゲット(未) Double Target (1987)
ストライク・コマンドー(未) Strike Commando (1987)
サイバーロボ Robowar - Robot da guerra (1988)
サイゴン野獣刑事 Cop Game (1988)
サンゲリア2(未) Zombi 3 (1988)
ストライク・コマンドー2(未) Trappola diabolica (1988)
マシンガン・ソルジャー 戦場の狼 Nato per combattere (1989)
エイリアンネーター Terminator II (1990)
製作
Produced by
イザベル・ムーラ
Isabel Mulá
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ライジング・スターの伝説(未) Bianco Apache (1986)
愛は憎しみを越えて(未) Scalps, venganza india (1987)
製作総指揮
Executive Producer
セルジオ・コルトーナ
Sergio Cortona
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
謎のプリズナー 女囚No.1369(未)
 Violenza in un carcere femminile (1982)
ラッツ(未) Rats - Notte di terrore (1984)
脚本
Written by
ホセ・マリア・マニルス
José María Cunillés
(as J.M. Cunilles)
* J.M.カニルス名義で参画
* 共同製作も兼任
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ライジング・スターの伝説(未) Bianco Apache (1986)
愛は憎しみを越えて(未) Scalps, venganza india (1987)
ロッゼッラ・ドゥルーディ
Rossella Drudi
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ダブル・ターゲット(未) Double Target (1987)
サイバーロボ Robowar - Robot da guerra (1988)
サイゴン野獣刑事 Cop Game (1988)
サンゲリア2(未) Zombi 3 (1988)
クラウディオ・フラガッソ
Claudio Fragasso
* 監督も兼任
ブルーノ・マッテイ
Bruno Mattei
(as Vincent Dawn)
撮影
Cinematography by
ジョン・カブレラ
John Cabrera
野性の叫び Call of the Wild (1972)
太陽にかける橋 ペーパー・タイガー Paper Tiger (1975)
ジャガーNO.1 Jaguar Lives! (1979)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
馬と呼ばれた男の勝利(未) Triumphs of a Man Called Horse (1982)
ハンドラ Hundra (1983)
砂漠の戦士 黒いライオン(未)
 Tuareg - Il guerriero del deserto (1984)
イエローヘアー 黄金の首(未)
 Yellow Hair and the Fortress of Gold (1984)
ホット・ブラッド(未) Hot Blood (1990)
編集
Film Editing by
クラウディオ・ボッローニ
Claudio Borroni
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
美術
Production Design by
アントニオ・ヴェラート
Antonio Velart
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
音楽
Music by
ゴブリン
Goblin
フィルムのページはこちら
Here's the filmography
音楽監督
Musical Director
ジャンニ・デッロルソ
Gianni dell'Orso
(as G.dell'Orso)
チェ・ゲバラ 密林のゲリラ戦(未)
 El 'Che' Guevara (1968) (conductor)
La esclava del paraíso (1968) (composer)
L'ultimo guappo (1978) (composer)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980) (musical director)
Caligula et Messaline (1982) (composer)
デモンズ4(未) La setta (1991) (soundtrack producer)
Vacanze di Natale '91 (1991)
(writer: "Your Name Is Love", "I Like Winter", "For Sale")
Vacanze di Natale '91 (1991) (composer)
Storia d'amore con i crampi (1995) (musical director)
Alì Babà (1996) (composer)
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
マージット・イヴリン・ニュートン
Margit Evelyn Newton
Lia Rousseau 戦場の謝肉祭(未) L'ultimo cacciatore (1980)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ザ・エクスキューター(未) L'ultimo guerriero (1984)
スコルピオン・キッス(未) La puritana (1989)
レプリコップ 未来刑事 Il giustiziere del Bronx (1989)
フランコ・ガロファーロ
Franco Garofalo
(as Frank Garfield)
Zantoro * フランク・ガーフィールド名義で出演
エクソシスト3(未) Un urlo nelle tenebre (1975)
復讐警部・白昼の凶悪爆破魔(未) Quelli della calibro 38 (1976)
呪われた修道院(未) L'altro inferno (1980)
尼僧の背徳 La vera storia della monaca di Monza (1980)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
超人ヘラクレス(未) Hercules (1983)
セラン・カレイ
Selan Karay
Max Kriminal Porno (1979)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ホセ・グラス
José Gras
(as Robert O'Neil)
Lt. Mike London * ロバート・オニール名義で出演
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
18歳・倒錯のミューズ 妖精(未) Catherine Chérie (1982)
SFコンクエスト 魔界の制圧(未) La conquista (1983)
キリング・マシーン 怒りの爆走(未) Goma-2 (1984)
ギャビー・レノム
Gaby Renom
Osborne ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ジョゼップ・ルイス・フォノル
Josep Lluís Fonoll
(as Luis Fonoll)
Vincent * ルイス・フォノル名義で出演
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
スパルタンX Wheels on Meals 快餐車 (1984)
ピエロ・フメッリ
Piero Fumelli
Mr. Farrara Donna è bello (1974)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
Morte in Vaticano (1982)
ブルーノ・ボーニ
Bruno Boni
Josie's Husband ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
パトリツィア・コスタ
Patrizia Costa
Josie Ho fatto splash (1980)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
Il cuore di mamma (1988)
チェザーレ・ディ・ヴィート
Cesare Di Vito
Technician Lawson 虹をわたる風船 Il venditore di palloncini (1974)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ザ・リッパー(未) Lo squartatore di New York (1982)
エロチック・ゲーム2(未) Malombra (1984)
ダイヤル・ヘルプ(未) Minaccia d'amore (1988)
セルジオ・ピスラー
Sergio Pislar
Technician Fowler デビルズ・ウェディングナイト(未)
 Il plenilunio delle vergini (1973)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
バーナード・セレイ
Bernard Seray
Barrett's assistant レイプ・ハンター 恥裂 Rapt in Love (1980)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
幼い魔性PART3(未) Violación inconfesable (1981)
禁断の寝室 Gamiani (1981)
ヴィクトール・イズラエル
Víctor Israel
Zombie priest サーカスの世界 Circus World (1964)
ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago (1965)
必殺の用心棒 Sugar Colt (1966)
殴り込み兄弟 Sette donne per i MacGregor (1967)
バンディドス Bandidos (1967)
Vの追走 マドリッド奪還大作戦(未) O.K. Yevtushenko (1968)
情無用のガンファイター(未) Una pistola per cento bare (1968)
ガンマン大連合 Vamos a matar, compañeros (1970)
マーベリックの黄金 Catlow (1971)
殺し Kill! (1971)
サマータイム・キラー Un verano para matar (1972)
死神の骨をしゃぶれ La polizia incrimina la legge assolve (1973)
ゾンビ特急“地獄”行(未) Horror Express (1973)
ジャガーNO.1 Jaguar Lives! (1979)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ペップ・ボーレンスター
Pep Ballenster
Reporter ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ホアキン・ブランコ
Joaquín Blanco
Professor Barrett 銃口で死ねピタリ一発(未) Un dólar de fuego (1966)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
エスター・メシーナ
Esther Mesina
Woman in Bar ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
エーロ・ナヴァーロ
Elo Navarro
(undefined) La insólita y gloriosa hazaña del cipote de Archidona (1979)
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ジェンナリーノ・パッパガッリ
Gennarino Pappagalli
(undefined) ヘル・オブ・ザ・リビングデッド(未) Virus (1980)
ネロ皇帝の聖餐(未) Nerone e Poppea (1982)
Lobby Card - Italy
Virus - Italy Lobby CardVirus - Italy Lobby CardVirus - Italy Lobby Card
Media - Germany

Virus - Germany DVD Virus - Germany DVD Virus - Germany DVD

Virus - Germany DVD Virus - Germany VHS Virus - Germany VHS

Media - UK

Virus - UK VHS Virus - UK VHS Virus - UK DVD

Media - Europe / Japan

Virus - Austria VHSVirus - East Europe VHSVirus - Russia VHSVirus - Japan VHSVirus - Japan DVD

Media - USA

Virus - US VHS Virus - US DVD Virus - US DVD

Copyright: The Fantastic Journey of Goblin - Authored by clockrestorange - All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.